10代でAGAになる確率。若いから大丈夫とは安心できない

10代でのAGA発症の確率や、10代からできる薄毛対策について解説しています。

10代でAGAになることはある?

10代でAGAになる確率は確実な学術的なデータはありません。

ですが、20代で約10%、30代で20%、40代で30%。50代以降で40数%と年齢とともに高くなる傾向から考えると、10代でAGAになる確率は相当低く10%以下であるといえます。

10代ではAGAの治療はできない

AGAの治療としては、病院での診断を経てから医師から薬を処方されます。ただ、AGAに有効とされる薬の多くは未成年である10代では処方できません。ですので、病院に受診したとしても期待するような治療は受けられないでしょう。

10代では薬による効果よりも、副作用などから悪影響が出て、薄毛に対して逆効果になることが考えられます。

10代で薄毛が気になっているのなら、食事や睡眠、運動などの生活面の見直しと、育毛剤や頭皮ローションなどで頭皮環境の改善を測るだけでも、かなり違います。

10代で薄毛になるのは早すぎますが、早めにケアを開始すると効果もでやすいです。

特に育毛剤は、髪の抜け毛を予防し、今ある髪を丈夫に育てる効果がありますから、他の対策と合わせて使っていくべきです。

10代だからと薄毛を放置していると20代で立派なハゲが完成

そのままにしておくと・・・・

  • 10代で薄毛を放置していると20代の若いうちにかなり薄毛が進行してしまう
  • 気がついたらすっかりハゲた状態になり薄毛対策の効果も出にくい
  • ハゲた見た目では印象も悪くなり恋愛も仕事も充実しない

10代だから、まだ育毛剤の使用なんて必要ないと思って放置していると、どんどん薄毛が進行していくかもしれません。

薄毛は年齢を重ねるたびに進行するリスクがありますから、20代に入ると薄毛になるスピードもアップ。気がついたら20代で、どこからどう見ても立派なハゲになっている可能性だってあります。

ハゲた見た目からは、周りの印象も悪くなり、仕事面でも恋愛面でも不利になってしまいます。

同じように10代からハゲてきた友人とハゲ方に違いがでる

育毛剤を使うことで得られる未来・・・

  • 同じく10代から薄毛に悩んでいた友人よりもハゲ方に差がでる
  • 自分に自身がつき仕事にも精がでて社内評価が上がる
  • 女性とのもコミュニケーションも積極的にでき理想の男性としてモテる

あなたと同じように10代から薄毛の悩んでいた友人と、10代からケアを開始したあなたなら、20代に入ってからハゲかたに差が出てきます。

育毛剤で薄毛の予防をしてきたあなたを友人は羨ましく思うでしょう。

肌トラブルが起きることもあるが予め精査すれば問題も起きにくい

育毛剤にもデメリットはあります

  • 肌に合わないと頭皮のかゆみがでることもある
  • 金銭的負担が継続してかかる

どんな育毛剤であれ、肌に合わないものはあります。もし、使ってかゆみなどのトラブルが起きたら使用は中止しましょう。

肌トラブルが起きたら育毛剤を使えなくなるわけではなく、使う育毛剤を変えればOKです。

今では多くの育毛剤が市販されており、成分も商品によって違います。アルコール不使用のものや、天然成分のみ使っている育毛剤を予め選ぶと肌トラブルも起きにくいです。

10代からの薄毛対策としては最適なアイテム

あなたが育毛剤を使うメリット

  • 始めての薄毛対策としては育毛剤がスタートしやすい
  • 将来のハゲることへ予防的にケアできる
  • 頭皮環境を改善し抜け毛の予防になる

10代から始める薄毛対策としては、育毛剤はスタートしやすいアイテムです。薬局や通販から手軽に購入でき、使い方も簡単ですからケアもしやすいのも特徴です。

初めて薄毛対策を始める人にとってはハードルがかなり低い薄毛対策といえます。

10代でAGAになる確率は低いが今からケアを開始

10代でAGAになる確率は10%以下と言えます。10%以下だから自分はAGAではないと判断するのも危険です。

自分が薄毛になってきていると感じているのなら、まずは育毛剤でのケアを開始しましょう。何もせずに放置していて後から後悔するのだけは避けましょう。

\放置するのは危険/

※10代のうちから薄毛対策を開始!

 

タイトルとURLをコピーしました