10代でAGAになる確率。若いから大丈夫とは安心できない

10代でのAGA発症の確率や、10代からできる薄毛対策について解説しています。

10代でAGA(男性型脱毛症)になる確率と他の原因

10代でAGAになる確率は確実な学術的なデータはありません。

ですが、20代で約10%、30代で20%、40代で30%。50代以降で40数%と年齢とともに高くなる傾向から考えると、10代でAGAになる確率は相当低く10%以下であるといえます。

10代でAGA発症なら遺伝の可能性が高い

10代でAGAを発症するとしたら遺伝による影響が強いと言えます。特に母方の家系で薄毛の人がいるとAGAを発症する確率も高くなります。

遺伝とハゲの関係については下記の記事もご参考になさってください。

はげの遺伝の割合は母方の家系がハゲていると確率も上がる
はげの遺伝の割合について解説しています。遺伝を受け継いでいたとしても、諦めることはなくできる対策を行っていきましょう。

夜ふかしなどの生活習慣

10代の頃は友達付き合いやバイトなどで忙しく、ついつい夜ふかしによる睡眠不足に陥りがちです。

髪の成長ホルモンは寝ているときに分泌されますので、睡眠不足が続くとハゲの原因となります。

睡眠不足により髪が細くなり頭皮が透けて見える、やがて抜け毛が増えるなど薄毛が進行していきます。

学校やバイトなどのストレス

学校での友達付き合い、バイトでの人間関係、受験や新生活など、10代後半は何かとストレスが溜まりやすい年齢です。

ストレスが溜まると自律神経が乱れ、頭皮の血行が悪くなります。頭皮の血行が悪くなると髪に栄養をうまく運べなくなり、髪の成長にも悪影響がでてきます。

また、ストレスによる不眠に陥ると、ますます薄毛の原因を作り出すことにも繋がります。

10代であっても高校生の場合の原因や対策については下記の記事も参考になさってください。

高校生のAGA診断方法。10代でハゲるのは珍しく対策も難しい
高校生でもAGAの診断はできますが、治療は難しいです。高校生でも可能な薄毛対策などをまとめています。

ヘアスタイルなどによる頭皮の負担

度重なるカラーやパーマによる髪への負担や、ヘアワックスなどのヘアケア用品の間違った使い方、汚れをきちんと落とせていないと頭皮への負担も増え、薄毛の原因となります。

特にヘアワックスなどが直接頭皮にも付いてしまっていると、毛穴詰まりの原因となり髪に栄養を運べなくなるだけでなく、雑菌の増殖にも繋がりますので注意しましょう。

10代で行えるハゲ対策

10代で薄毛が気になっているのなら、食事や睡眠、運動などの生活面の見直しと、育毛剤や頭皮ローションなどで頭皮環境の改善を測るだけでも、かなり違います。

10代で薄毛になるのは早すぎますが、早めにケアを開始すると効果もでやすいです。

10代ではAGAの治療はできない

AGAの治療は、病院で医師の診断を経てから薬を処方されます。ただ、AGAに有効とされる薬の多くは未成年である10代では処方できません。

ですので、10代であれば病院に受診したとしても期待するような治療は受けられないでしょう。

個人輸入などで薬を入手できることありますが、10代では薬による効果よりも、副作用などの悪影響から薄毛に対して逆効果になることがありますので、個人判断での薬の服用は控えて下さい。

生活習慣の見直し

食生活や睡眠時間、喫煙、ストレスなどを見直して改善していきましょう。

友だちとの付き合いなどでついつい外食が多くなることもありますが、脂っこい食事を避けるなどしていきましょう。

最低6時間は睡眠時間を確保するなど、できるできる点からでも始めていってください。

10代のうちから生活習慣を見直していかないとハゲの原因が残ったままとなるため、20代になったときに一気にハゲる可能性もあります。

将来ハゲたくないのなら今のうちから生活習慣の改善を行って下さい。

ストレスを発散する

受験や新生活のスタートなどで10代後半は特にストレスが溜まりやすい年齢です。ストレスが慢性化すると、自立神経の乱れにも繋がり、かつ不眠にも陥りやすいです。

どちらの場合も薄毛の原因となりますので、できる限りストレスを溜めないようにしていきましょう。

適度な運動をする、気分転換になる趣味を見つける、好きな動画を見るなど、軽いことでも気分がリフレシュに繋がります。

シャンプーの変更などのヘアケア

髪を育てるには、頭皮環境を改善しないといけません。生活面の改善ができても、髪が育つ土台がないと髪は十分に育たたないからです。

頭皮マッサージをして頭皮の血行を改善する、シャンプーを変更して髪が育ちやすい環境作りをする、育毛剤を使用してハゲ予防を行うなどのセルフケアを行っていきましょう。

特にシャンプーをアミノ酸系の育毛シャンプーに変更すると、頭皮に負担なく洗浄できるだけでなく、髪を育てることも期待できます。

10代であってもシャンプーの変更は、わりと簡単に行えますので、まずは使っているシャンプーから見直していきましょう。

10代でAGAになる確率は低いが今からケアを開始

10代でAGAになる確率は10%以下と言えます。10%以下だから自分はAGAではないと判断するのも危険です。

自分が薄毛になってきていると感じているのなら、10代のうちから薄毛対策を開始していきましょう。何もせずに放置していて後から後悔するのだけは避けてください。

タイトルとURLをコピーしました