短い毛がいっぱい生えてきたら要注意!ハゲになる可能性もある

すでに薄毛対策を行っていて、短い毛がいっぱい生えてきたのなら何の問題もありません。薄毛対策の効果がでていると考えられるためです。

一方、

  • 薄毛対策をしていないのに短い毛が生えてきた
  • 短い毛ばかりあって長く伸びていない
  • 髪質も柔くなっている

という方であれば、すでにハゲの傾向があるといえます。

特に男性であればAGA(男性型脱毛症)の発症も考えられますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGAの判断を行っていきましょう。

なぜなら、AGAであるかどうかで適切な対策は違ってくるためです。

AGAは進行性の脱毛症ですので、短い毛に対する対策を行わないと症状は進行し、いずれは短い毛すら生えてこなくなってしまいます。

最悪の場合は治療効果も見込めなくなるほどハゲが進行することもありえます。

早期にうちにAGAの判断をするメリットとして

  • 早期に対策を開始するほどハゲの進行を抑えられやすい
  • 医学的根拠のある治療が受けられる
  • オンラインからでも診察できるので即対策を開始できる

などがあります。

ですので、あなたが

  • 短い毛ばかりが生えてきて長くならないのが不安
  • 髪質も柔らかくなってきてハゲそうでコワイ
  • ハゲだけにはなりたくない

と悩んでいるのなら、早期のうちに自分がAGAを発症していないのかを判断していきましょう。A

ハゲたくないのであれば、まずは自分の髪の状態を確認するところから始めていきましょう。

\短い毛が生えてきて薄毛の傾向を感じている人へ/

※まずは自分がAGAであるかの判断が大事です

 

短い毛がいっぱい生えてきた!毛の正体は?

  • 新しく生えた毛
  • 切れ毛

短い毛の正体は上記の2つであることが考えられます。

新しく生えてきた毛

太くてしっかりした新しい毛が生えておりているのであれば、何の問題もありません。

特に何かしらの薄毛対策をしていて、短い毛がいっぱい生えてきたのであれば効果が出てきた証拠であり良い傾向であると言えます。

細くて柔らかい毛ばかりが生えているのなら、髪が太く成長できていないことから薄毛の傾向があると言えます。

切れ毛になっている

短い毛の正体は、新しく生えてきた毛と思っていたら、実は髪が途中で切れてしまっている「切れ毛」である可能性があります。

本来なら髪が長く成長するはずが、途中で切れてしまっている状態になっています。切れ毛の原因を解決しないと、今はまだ切れ毛になっていない毛も、成長段階で切れてしまい短い毛がますます増えてしまいます。

切れ毛は、頭皮に何らかの問題があり髪が成長できずにいるために起こりますので、頭皮ケアや育毛ケアを行っていきましょう。

一気に短い毛が生えてきたのは薄毛が原因

髪が抜けて生える期間はヘアサイクルの「毛周期」が関係しています。ですが、薄毛の症状により毛周期のサイクルは乱れることがあります。

ヘアサイクルが乱れたことで髪の抜ける時期が重なり、髪が一気生えてきたとも考えられます。

「一気に髪が生えてきたら良い傾向」と思うかもしれませんが、本来ならまだ抜けるはずのない毛が抜け落ちた結果であるため薄毛の傾向が高いと言えます。

生えてきた毛から薄毛かをチェック

新しく生えてきた毛が、細くて柔らかいのなら十分に髪が成長できていない証拠でもあります。

髪は本来なら太く長く成長しますが、薄毛の症状があると髪が十分に成長できません。

細い髪は簡単に抜けてしまいますから、短い毛のまま抜け落ちる→生えてくる毛は短いまま→短い毛のまま抜ける、という負のループに陥り薄毛は進行していきます。

特にAGA(男性型脱毛症)ならヤバイ

髪がいっぱい生えてきた理由がAGA(男性型脱毛症)によるものならば、なお注意が必要です。

なぜならAGAは進行性の病気ですから、薄毛対策を行わないとハゲは進行していくからです。

症状が進むと短い毛すら生えてこなくなり、最悪の場合は治療をしても改善が見込めないほどハゲてしまいます。

AGAは、生え際や頭頂部にハゲの傾向が見られやすい特徴がありますので、おでこやつむじ周辺に短い毛が生えているのなら、AGAを発症している可能性もあります。

なおAGAへの対策については後述する【AGA(男性型脱毛症)なら病院で治療しないと無理】で詳しく解説しています。

また、AGAは男性だけが発症するのではなく女性も発症します。女性のAGAを「FAGA(女性型脱毛症)」と言います。

女性で短い毛での悩みがある方は以下の記事もご参考になさってください。

生え際の短い毛が伸びない原因。女性の場合で考えられること
女性で生え際に短い毛がある場合で考えられる原因や、できる対策について解説しています。

短い毛の対策は一時的なものと長期的なもの

今つんつんと出ている短い毛には、一時的な対策と長期的に根本的に対策を行う方法を取り入れましょう。

一時的にはスプレーで寝かせる

短い毛が生えていると、つんつんと目立ってしまいます。つんつんと立つ毛を抑えるために、スプレーで固める・ワックスで抑えるなどで誤魔化していきましょう。

ただし、使っている間だけ効果のある方法ですから、根本的な解決にはなりません。

長期的には大元の原因を改善していく

短い毛の正体がハゲの症状によるものなら薄毛対策を行わないと、いつまでも今の状態が続きます。頭皮の毛穴のケアを行い、髪に十分な栄養を行き渡らせる環境に改善していきましょう。

短い毛が増えたときの根本的な対処方法

  • 頭皮環境の改善
  • 育毛剤で髪を育てる
  • AGA(男性型脱毛症)なら病院で治療

頭皮環境の改善で土台作り

短い毛を長く太く育てるためにも、頭皮の環境を改善させていきましょう。生活習慣の見直し、シャンプーの変更や育毛剤を使用し、髪を育てる土台作りを行っていきます。

成果習慣の見直し

偏った食事・睡眠不足・ストレスなどは薄毛の原因にもなりますので、バランスの取れた食事・質の良い睡眠・ストレス発散などを意識して改善されていきましょう。

生活習慣を見直さないままだと薄毛の原因が残ったままとなるため、どれだけ優れた薄毛対策を行ったとしても効果は薄くなってしまいます。

シャンプーの変更

今使っているシャンプーをアミノ酸系や育毛系のシャンプーに変更していきましょう。頭皮に負担なく汚れを落とせ、育毛成分が配合されているシャンプーであれば、頭皮環境の改善が期待できます。

ただし、シャンプーだけで髪を生やし育てることできませんので、あくまでも髪のための土台作りと考え、プラスで育毛剤などのケアを取り入れていきましょう。

短い毛を育てるのなら育毛剤

育毛剤は名前の通り、髪を育てる働きをしますから、今生えている短い毛を長く育てていく効果が期待できます。

また、短い毛の正体が切れ毛の場合でも、髪を強くすることで切れ毛の予防にも繋がるため、育毛剤ならば総合的に薄毛予防が可能です。

育毛剤の効果は髪を育てることですから、今生えている短い毛を太く長く育ててくれます。髪を育てることで、髪が抜けることを防ぐことにも繋がりますから、総合的にハゲ対策ができるのもポイントです。

育毛剤には薄毛の悩みに合わせた種類があるため、髪を育てる目的で使用するのなら育毛に特化したタイプの育毛剤を使っていきましょう。

AGA(男性型脱毛症)なら病院で治療しないと無理

  • 短い毛が生えているが長く伸びないのが気になる
  • 生え際やつむじからハゲているように感じる
  • 髪が透けて見えるようになった

という方であれば、すでにAGAを発症している可能性がありますので、早期に薄毛専門のクリニックで自分の髪の状態を確認してもらい薄毛対策に動き出していきましょう。

なぜなら、AGAを発症しているのならば、セルフケアでは症状の改善はできずに放置しているとハゲの症状が進んでしまうためです。

AGAの治療を行うメリットとして

  • 早期に治療を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 自分の症状にあった医学的根拠のある治療が行える
  • 髪を太く・抜けない髪にする治療ができる

などがあります。AGAの治療では、医師の診断から薬が処方されますから、やはりハゲに対する効果は高いです。

ですので、あなたが

  • 自分の髪が短い毛ばかりになってハゲるのではないかと不安
  • 抜け毛の量も増えてきて心配
  • ハゲにはなりたくない

と悩んでいるのなら、まずは自分がAGAを発症しているのかを判断し、適切なハゲ対策を行っていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に自分の髪の状態を確認してもらってください。

短い毛の原因がAGAならばセルフケアでは改善はできません

※ハゲの心配がない人は相談する必要はありません

 

根本的に改善しないと短い毛は増えるだけ

短い毛がいっぱい生えてきたときは、

  • 新しく生えてきた毛
  • 切れ毛

の両方が考えられます。

新しく生えてきた毛が細くて柔らかい場合や切れ毛が多い場合は、薄毛の傾向があると言えます。男性であれば、すでにAGAを発症している可能性もあります。

髪に十分に栄養が行かずに栄養不足になることで、髪が成長する前に抜る・切れ毛になると考えられるためです。

根本的に薄毛対策をしないと、いつまでも短い毛は増え続け、いずれはハゲの状態になってしまいますので、頭皮ケアや育毛剤などで髪を育てる対策を開始しましょう。

AGAでなければ育毛剤などのセルフケア、AGAであればクリニックでの治療を開始してください。

自分の髪の状態にあった適切な対策を行うためにも、まずは自分がAGAを発症しているのかを正確に判断していくことが大事です。

タイトルとURLをコピーしました