枕に髪の毛がたくさん・・・抜けた本数よりも注目すべき点

朝起きると枕にたくさんの抜け毛が!と悩んでいませんか?枕につく抜け毛は10本程度なら、普通の抜け毛であると考えてOKです。

ですが、あくまでも目安として考えてください。大事なのは枕についた抜け毛の状態です。抜け毛が細く短かったり、毛根が白っぽい色でなく丸みもない形でなければ要注意!

薄毛になっている可能性が高いです。枕の抜け毛の状態に薄毛の兆候があるのなら、育毛剤でのケアを開始しましょう。

  • 抜け毛予防の効果がある
  • 髪の毛を強く育てる効果がある
  • 誰にもバレずにケアができる

などのメリットが育毛剤にはあります。ですから

  • 枕につく抜け毛の量が増えた
  • 髪全体が細くなってきた
  • ハゲだけにはなりたくない

と悩んでいるのなら育毛剤でのケアを開始しましょう。薄毛は何もケアしないでいても少なくなることはありません。

抜け毛の量が気になりだした今が、薄毛対策を始めるときです。

\育毛剤で抜け毛予防を開始/

※枕の抜け毛が増えないようにケア開始

 

朝起きると枕に髪の毛がたくさん!何本なら大丈夫?

あなたはこんな悩みはありませんか?

  • 朝起きると枕に抜け毛が付く
  • お風呂に入ると排水溝に抜け毛がたまる
  • ドライヤーをすると髪の毛が抜ける
  • 髪が細くなった

枕につく抜け毛が10本なら大丈夫。ただしあくまでも目安

1日100本抜けるとされており、そのうちシャンプー時に60~80本抜けます。さらにドライヤーの刺激時にも10本~20本抜けます。

1日の抜け毛の本数を考えると、寝て起きたときの抜け毛の量は10本程度なら心配いりません。

ただし、シャンプーをせずに寝たのなら、普段よりも就寝中の抜け毛の量は増える傾向があります。シャンプー時に抜けるはずだった髪の毛が、枕との刺激でいつもよりも抜けるためです。

ただし、抜けて大丈夫な本数は人によって違います。1日に100本の抜け毛があるのは、あくまでも平均の値です。

日本人の髪の総本数の平均が10万本として、その0.1%が毎日抜ける計算ですから、髪の毛が50万本の人が100本抜けていると抜けすぎとなります。

自分の髪が何本あるかはわからないので、抜け毛が何本だから大丈夫とは厳密には言えません。

枕の抜け毛の状態からハゲかどうかの確認

枕につく抜け毛が太さや長さ、また毛根の形で、薄毛になっているのかを確認できます。抜け毛が細いくて短いものならば要注意。髪が成長しきれずに抜けている可能性があります。

本来なら、まだまだ太くな長く育つはずだった髪が弱々しいまま抜けてしまっています。

また、毛根の形が丸みがなく細くなっていたり、いびつな形だったりしてもいけません。さらに色が白ではない場合も注意しなくてはいけません。

毛根がしっかりしていないと、髪に栄養を行き渡らすことができずに抜け毛の原因になります。

薄毛の兆候があれば早めに対策を

枕につく抜け毛から薄毛になっている兆候があれば、すぐにでも対策を始めないといけません。薄毛は放置していても改善されることはなく、むしろどんどん進行していきます。

「まだ10本程度しか抜けていないから大丈夫」と放置していては、気がついたときには手遅れの状態になっている可能性もあります。

薄毛は早めに対策をした方は効果もでやすいです。枕の抜け毛が気になりだしたのなら、生活環境飲み直し(食事や睡眠など)や育毛剤の使用などから始めていきましょう。

枕に付くだけでなく普段からどんどん髪が抜けていく

そのままにしておくと・・・・

  • 就寝中の抜け毛だけでなく普段からもどんどん抜け毛が増えてハゲていく
  • 薄毛が気になって不眠やうつ状態となりますますハゲていく
  • 周りからの視線が気になり勉強に集中できず成績が下がる

今はまだ枕に数本付く程度の抜け毛で済んでいるかもしれませんが、放置しておくと、どんどんと抜け毛が増えていきます。

手ぐししただけで抜け毛が増えたり、何気ないときでも抜け毛が気になってくるでしょう。そうなると髪全体が薄くなり、立派なハゲになってしまいます。

抜け毛が常に気になるとストレスもたまり、ますます薄毛の進行が加速してしまいます。

薄毛への心配がなくなると積極的にコミュニケーションも取れる

育毛剤を利用すると得られる未来・・・

  • 女性とのもコミュニケーションも積極的にでき理想の男性としてモテる
  • 薄毛へのストレスがなくなりジム通いを始めてモテる体にもなれる
  • 見た目を気にせず仕事に打ち込め、できる上司として後輩から尊敬される

こんな未来を想像してください。

継続しての使用は大変そうだが将来ハゲてからケアするよりは負担は少ない

育毛剤にもデメリットはあります

  • 毎日根気よく使い続けなければならない
  • 金銭的負担がかかる

育毛剤は毎日使わないと効果を発揮できません。毎日使うのは面倒だったり、金銭的負担もかかるので、不安に思うかもしれません。

ですが、歯磨きと同じで育毛剤もハゲないために毎日ケアすべきことです。虫歯になららにために歯磨きをする、ハゲないために育毛剤を使うと考えれば不安に思う必要はありません。

確かに金銭的負担はかかりますが、将来ハゲてしまってから治療を行うと、もっと高額になります。何よりもハゲるよりは、ある程度のお金はかかっても抜け毛予防をしていくほうがましです。

薄毛対策が始めての人こそ育毛剤はスタートしやすい

あなたが育毛剤を利用することのメリット

  • 始めての薄毛対策としては育毛剤がやりやすい
  • 将来のハゲることへ予防的にケアできる
  • 薬に抵抗のある人でも始めやすい

今までに何も薄毛対策をしてこなかった人こそ、購入のしやすさ、金額、使いやすさなどを見ても育毛剤はスタートしやすいアイテムです。

また、病院で処方される薬や、発毛剤とは違いますので、薬の使用に抵抗がある人でも安心して使い始められます。

枕の抜け毛が気になりだした時点で薄毛になっている可能性が大きい

枕につく髪の毛の本数が10本だから安心、20本・30本あるとハゲになるとは判断はできません。人によって髪の総本数は違うためです。

薄毛になっているのかは、抜け毛の状態が細いか短いか、毛根の形が丸くない、白色でないなどから判断していきましょう。

もしあなたの抜け毛が薄毛の兆候が見られたら、今すぐにでも抜け毛予防の対策を行わないといけません。まだ大丈夫と放置していても、抜け毛が少なくなることはありません。

以前よりも抜け毛の量が増えているからこそ、枕の抜け毛の量も気になり始めたと考えられます。

育毛剤は、抜け毛を防止し、今ある髪の毛を強くしてくれる効果があります。抜け毛を減らし、髪の毛を太くするだけでも、ボリューム感は増していきますよ。

\育毛剤で抜け毛予防を開始/

※枕の抜け毛が増えないようにケア開始

 

タイトルとURLをコピーしました