AGAは発症したら終わり?一生完治することはないって本当?!

AGAは発症すると進行は止まりませんが「もう終わりだ」と絶望する必要はありません。

治療によって症状の進行を抑えることができますし、自分が設定したゴール(完治)も目指すことが可能です。

AGAを発症してるのなら病院で治療を開始し、まだ発症していない人は育毛剤などでセルフケアを行っていきましょう。

自分にあった適切な対策を取るためにも、まずは自分がAGAを発症しているのかを知ることが重要ですので、一度、専門の医師から診断を受けることがおすすめです。なぜなら

  • 医師から適切な対策を提案してもらえる
  • AGAの進行スピードを抑えられる
  • 自分の設定したゴール(完治)を目指せる

のメリットがあるためです。ですので、

  • AGAを発症したら「もう終わりだ」と絶望している
  • このままどんどんハゲていくのかと思うと不安
  • 終わりだと思いつつもまだ諦めたくない

などと悩んでいるのなら、将来後悔しないためにも今から薄毛対策を開始してください。

「もう終わりだ」と絶望して何もしないでいると、どんどん薄毛が進行していくだけです。本心で「まだ諦めたくない」と思っているのなら、まずは自分から動きだしてください。

\自分がAGAであるか気になっている人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知ることが大事です

 

AGAは発症したら終わり?完治をどこに設定するかで変わる

進行性だが薄毛の改善は見込める

AGA(男性型脱毛症)は進行性の脱毛症であり、進行は抑えることはできても止めることはできません。ですが、治療により抜け毛の減少・発毛などの症状の改善はできます。

AGAの対策で重要なことは、できるだけ早期に治療を開始して薄毛の進行を抑えることです。

AGAを発症したから絶対にハゲるのではなく、うまく対策していけば良いのです。

治療の終わりは「完治」をどこに設定するのかで変わる

AGAは進行性なので、治療を止めると再び症状は進行してしまいますので、ハゲたくなければ継続して治療をしないといけません。

いつまで治療を続けるのかは、今よりも自分の髪が増えたら完治とするのか、今の髪の状態をキープできれば完治とするのかなど、自分がどの段階で「完治」とするのかで変わります。

ずっと治療をしなくてはいけないのかと不安にもなりますが、治療効果が出てくれば、

  • 薬の量を減らす
  • 治療方法を変更する
  • 治療を中断する

など治療の軽減につながる方法を選択できます。

自分がAGAであるかの確認から始める

AGAになったら終わりだと諦める前に、まずは自分がAGAを発症しているのかどうかを確認しなくてはいけません。

AGAの進行は放置していても止まることはなく、どんどん薄毛は進んでいきます。いざ対策を始めようとしたときは、薄毛が進んでしまい治療の効果も感じにくくなったり、治療期間も長くなってしまいます。

AGAを発症しているのであれば、育毛剤などのセルフケアではなくクリニックでの治療を開始しなければいけません。

ですが、まず大事なことは治療ではなく自分がAGAを発症しているのかの判断です。

セルフチェックでAGAの可能性を確認

AGAの発症には明確な医学的な基準はありません。ですので、最終的には薄毛専門の医師からの判断を受けてください。

医師からの診断を受けるのかの判断として、自分の抜け毛の状態と薄くなっている部分の髪の状態が細くて短くないかを確認てください。

抜け毛が細くて短い毛が多い場合、髪が薄くなっている部分の毛が細い場合は、薄毛になっている可能性が高いです。

自分の髪の状態から薄毛の傾向を感じたのなら、薄毛専門の医師の診断を受けAGAを発症しているのかの判断をしてもらいましょう。

今ではオンラインからでも診察が可能なクリニックがありますので、気楽に自分の髪の状態を相談していきましょう。

\自分がAGAであるか気になっている人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知ることが大事です

 

AGAの治療にもデメリットはある

AGAの治療にもデメリットはあります

  • 治療を止めると症状は進行する
  • 保険適用外となるため費用負担が発生する
  • 近くに通えるAGA専門のクリニックがない

治療を止めると症状は進むが治療の軽減は可能

AGAの治療を中断すると、症状は再び進行していきます。髪が健康に育っていたのなら元の髪の状態に戻り、抜け毛が少なくなっていたのなら、また増加していきます。

ですが、治療に効果がでてきたのなら、薬の種類の変更や使用量を少なくするなどの軽減は可能です。ハゲたくないのなら、継続的なケアは仕方ありません。

保険適用外となるため費用負担が発生するがハゲるよりはまし

AGAの治療は保険適用外となりますので、少なからず金銭的負担が発生します。治療方法やクリニックによってかかる金額は違いますが、平均で1万5千円~3万円ほどです。

かかる金額はクリニックにより違いますので、治療費をホームページなどで明確に提示しているクリニックを選んでください。後から高額な治療を請求されないように注意しましょう。

クリニックでの治療には金銭的負担もありますが、早期に治療を開始すれば費用も抑えることができます。また、治療に効果を感じてきたのなら、薬の使用量を減らすことで負担も減ることもあります。

完全にハゲになることを思えば、治療による金銭的負担は大きいとは言えません。

近くにクリニックがなくてもオンラインならば問題なし

治療を行うには、やはりAGA専門のクリニックであり、かつ実績もあるクリニックがおすすめです。

ですが、住んでいる地域によっては、条件にあうクリニックがない場合も多く、地域格差によって受けられる治療に差がでてしまうのも事実です。

しかし今では、オンラインからでも診察が可能なクリニックがあります。

医師による診察から薬の処方まで、全てオンラインで完結します。忙しくて病院に通う時間がない人でも、自分の隙間時間で治療が行えます。

AGAは発症したら終わりではない

AGAは発症したら終わりではありません。確かに症状を止めるのは不可能ですが、医師による診断から自分の症状にあった適切な治療を受けることで、進行を抑えることができます。

AGAの対策で重要なことは、毛を生やすだけでなく症状の進行をいかに早期のうちに抑えことができるのかです。

AGAを発症しているのに放置していると薄毛は進行していきますので、早期のうちから治療を開始しましょう。

そのためにも、まずは自分がAGAを発症しているのかどうかを専門の医師から診断してもらってください。正確に判断するには、やはり専門の医師からの診断が確実です。

AGAであれば治療を開始し、AGAでなければセルフケアでの薄毛対策を行っていきましょう。GAになったら終わりだと諦める前に、できる対策から行っていってください。

\AGAになったら終わりだと思っている人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知ることが大事です

 

タイトルとURLをコピーしました