急に髪が細くなったときに考えられる原因。実は前からハゲていたパターン

あきらかに異常なスピードで髪が細くなったのなら、病気が原因である可能性もありますので、すぐに病院を受診してください。

一方、

  • 頭皮が透けてハゲに見える
  • 抜け毛の状態も細くて短い毛が多い
  • ハゲにはなりたくない

という男性の方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の判断をしていきましょう。

自分では「急に細くなった」と感じていても、実は少しずつ髪が細くなっており、自分で薄毛の進行に気が付いていなかったパターンが多いです。

早期のうちからAGA対策を行うメリットとして

  • 早期に対策を開始すればするほど効果も発揮されやすい
  • 自分の症状にあった医学的根拠のある治療が受けられる
  • 髪を太くするAGA治療ができる

などがあります。

AGAが原因であれば、知らずに薄毛は進行していきますので、ハゲたくないのであれば早期に対策に動き出さなければいけません。

ですので、あなたが

  • 髪が細くなってきてハゲそうで不安
  • 髪のボリュームがなくなりぺったんこになってきた
  • 効果がある対策を行っていきたい

などと悩んでいるのなら、薄毛対策を開始しましょう。

悩んでいるだけで何も対策をしないでいると、髪は今よりも細くなり抜け毛の量も増えていき、やがてはハゲの状態になってしまいます。

髪が細くなったと気がついた時点から薄毛対策を始めていきましょう。

\急に髪が細くなり、すでにハゲかけている人へ/

※AGAが原因ならば自己改善は難しいです

 

急に髪が細くなったときに考えられる原因

  • 病気
  • 髪への栄養不足
  • 加齢
  • AGA(男性型脱毛症)の発症

髪が急に細くなると病気の可能性もある

急に髪が細くなる原因には、脱毛症や内臓系の病気である場合もあります。

あきらかに異常なスピードで髪が細くなったのであれば、早期に病院を受診してください。

髪が栄養不足だと毛も育たない

頭皮は髪の毛に栄養を運ぶ役割がありますので、頭皮にトラブルが起こると、十分な栄養を運べなくなり髪は栄養不足となり細くなっていきます。

頭皮のトラブルは、汚れや皮脂が毛穴に溜まったり、無理なダイエット、睡眠不足、ストレスなどで引き起こされます。

加齢によっても髪は細くなっていく

年齢を重ねるに連れ髪の毛は細くなります。髪の太さのピークは男性であれば20代前半、女性であれば30代後半までとされています。

男性の方が髪が細くなる年齢は早いですので、年齢が若いからと言って安心はせずに薄毛の兆候を感じたのなら早めに対策を行いましょう。

AGA(男性型脱毛症)を発症すると髪も細くなる

AGA(男性型脱毛症)には髪の成長が妨げる症状がありますので、AGAを発症すると髪の成長が阻害され髪も細くなっていきます。

ただAGAの場合は急激に症状がでることは稀で進行は比較的緩やかです。「急に細くなった」と思いがちですが、実は前々から髪が細くなっていたパターンも多いです。

抜け毛の状態が細くて短い毛が多いのであれば、AGAを発症している可能性もあります。

なお、AGAへの対策については後述する【AGAならば薬で治療開始】もご参考になさってください。

急に髪が細くなった女性の場合

  • 髪全体が薄くなってきた
  • 頭皮が透けて見える

女性の場合、上記の症状があれば「びまん性脱毛症」の可能性があります。

びまん性脱毛症は、加齢により発症することが多く、ホルモンバランスが崩れるために起こります。また、生活習慣の乱れやストレスなど多くの原因からも発症します。

男性とのハゲかたとは違い、髪全体で少しづつ薄くなるのが特徴です。ですので、自分では薄毛に気が付きにく対策が遅れ、ハゲの症状が進んでしまう女性も多いです。

生活習慣の見直しや、ヘアケア用品の使用などセルフケアでの薄毛対策に加えて、専門の医師からの治療も開始しましょう。

今では女性専用の薄毛クリニックもありますので、まずは気楽に医師に相談することから始めるのもおすすめです。

急に髪が細くなりぺったんこになったときの対策

行うべき対策は、髪が細くなった原因で変わってきます。

急激に細くなったのなら病院へ

頭皮に炎症や慢性的なかゆみなどのトラブル、異常なスピードで急に髪が細くなったのなら、何かしらの病気である可能性もあります。

病気であれば自然治癒に頼るのは危険ですので、早期に皮膚科などの病院を受診しましょう。

セルフケアで髪を育てる

  • 生活環境の見直し
  • シャンプーの変更
  • 育毛剤の使用

セルフケアでの対策方法は、主に3つあります。

生活習慣の見直し

乱れた食生活や睡眠不足、ストレスなどは、髪が栄養不足に陥らせ髪が細くなる原因となります。

生活習慣を見直し行わないと、髪が細くなる原因が残ったままになり、髪が細くなり続け、やがては抜け毛の量も増えていきます。

バランスの取れた食事、質の良い睡眠、ストレス発散などを行っていきましょう。自分のできる範囲からでも見直しをしていてください。

シャンプーの変更

使っているシャンプーを、アミノ酸系や育毛系のシャンプーに変更するだけで髪を育てることに繋がります。

一般的なシャンプーでは洗浄力の高すぎるものが多く、頭皮にも負担がかかります。さらに、必要な皮脂まで洗い落としてしまうため頭皮が乾燥してしまいます。

逆に洗浄力が弱いと、汚れを落としきれずに毛穴詰まりの原因ともなります。洗浄力が高くても弱くても抜け毛の原因となるのです。

アミノ酸系のシャンプーなら頭皮を乾燥から守りつつも、しっかりと汚れを落としてくれます。育毛シャンプーならば、育毛に必要な成分も使用されていますので、頭皮環境の改善を行いつつ髪も育ちやすくしてくれます。

シャンプーの変更で頭皮の環境を改善していき、髪を太く育てていきましょう。

育毛剤の使用

育毛剤は、文字通り髪を育てる効果がありますから、髪が細くなった人には最適な対策方法です。

育毛剤は各メーカーから多く販売されていますが、何の悩みに特化した育毛剤かの違いがあります。

例えば、育毛に特化したタイプ・頭皮の血行を良くするタイプ・フケやかゆみを抑えるタイプなど多くの種類に分かれています。

髪を太く育てていきたいのなら、育毛に特化したタイプの育毛剤を使っていきましょう。

AGAならば治療しないと改善はできない

髪が細くなった原因がAGAならば、シャンプーの変更や育毛剤などのセルフケアではハゲの症状の改善はできませんので、クリニックなどで治療を開始しましょう。

AGA治療は、専門の医師の診断の元、自分にあった治療法を開始できますので効果も高いです。

自分がAGAであるかを知ることが大事

  • 抜け毛の状態が細くて短い毛が多い
  • 髪にボリュームがなくなりぺったんこになっている
  • でも、ハゲたくない

という男性の方であれば、AGAの治療を開始して下さい。髪が細くなっていると感じている時点で、すでにAGAを発症している可能性があります。

また、AGAは進行性の脱毛症であるため、放置していると髪が細くなるだけでなく、今後は抜け毛の量も増えハゲの状態になっていきます。

AGAの対策を行うメリットとして

  • 早期に対策を開始すればするほど効果も発揮されやすい
  • 自分の症状にあった医学的根拠のある治療が受けられる
  • 髪を太くするAGA治療ができる

などがあります。

ですので、あなたが

  • 髪が細くなりボリュームが出せずにぺったんこ状態
  • 頭皮も透けてハゲにしか見えない
  • 自分に効果のあるハゲ対策を行いたい

と悩んでいるのなら、AGAクリニックで髪の状態を相談し、ハゲの進行を止める対策を行っていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックに、自分の髪の状態を医師に相談してみてください。

ハゲる心配がない人は相談する必要はありません

※24時間体制で相談を受け付けています

 

髪が細くなったのなら薄毛対策を開始しないとマズイ

急に髪が細くなる理由は、

  • 病気
  • AGAの発症
  • 生活習慣
  • 加齢

などが要因となっていると考えられます。

以前から髪が細くなっていたのに自分では気が付かず、ある時ふと薄毛になっている自分に気がつくパターンが実は多いです。

髪がぺったんこになった姿、周りからの薄毛へ指摘などから、自分の髪の細さを意識したことで「急に髪が細くなった」と勘違いしていますが、実は少しずつ薄毛が進行していたと考えるのが自然です。

自分で「髪が細くなった」と感じている時点で、薄毛になっている証拠ですので今から対策を始めていかないと、薄毛は進行していきます。

髪を太くする方法は大きく2つ

  1. 育毛剤などのセルフケア
  2. AGAクリニックでの治療

対策方法としては、大きく分けて上記の2つがあります。

まだ髪が細くなったことが気になる薄毛の初期段階であれば、セルフケアで髪を育てていきましょう。

特に育毛剤は、ケアの簡単さや購入のしやすさなどを考えても、薄毛対策をスタートさせるにはピッタリのアイテムです。

すでにハゲてしまっている人は、セルフケアでなく病院での治療を検討してください。もう髪が生えていない状態であれば、セルフケアでの改善は難しいです。

どちらの対策を選ぶべきは、自分がAGAを発症しているのか・いないのかで変わります。

AGAを発症していないのであればセルフケアを、AGAを発症しているのならクリニックでの治療を選びましょう。

適切な薄毛対策を行うためにも、まずは自分がAGAであるかの判断を正確に行ってください。

髪が細くなったと感じているのに何も対策をしないで放置していると、いずれは抜け毛へと繋がっていきます。抜け毛が増える前にできるケアから始めてください。

タイトルとURLをコピーしました