M字はげに20代でもなる原因。若いうちに対策しておかないと将来に違いがでる

M字はげに20代でもなる原因と、取るべき対策について解説しています。

M字はげは20代でも発症する可能性のある原因

20代の若者であってもM字はげになる可能性はあり、原因は複数考えられます。

AGA(男性型脱毛症)の発症

20代という若さでM字はげになる原因で、最も考えられるはAGA(男性型脱毛症)の発症です。AGAの特徴の一つとして、M字部分に症状がでやすい点があります。

AGAは進行性の脱毛症で、薄毛になやむ男性の約9割が発症しているとも言われています。日本人男性で言えば、約3割がAGAを発症しているともされています。

年代別の発症頻度は、20代では日本人男性の約10%と低いですが、思春期以降の男性であれば誰も発症する可能性はあります。

また、遺伝や生活環境、ストレスなど多くの要因から発症しますので、20代であってもM字はげになる可能性は低くありません。

牽引性脱毛症

M字はげになりやすい原因として牽引性脱毛症があります。

牽引性脱毛症は、同じ部分の髪を強く引っ張られることで髪が抜ける脱毛症を言います。ポニーテール・お団子などの髪型を続けていると起こりやすく、女性に多く見られる脱毛症です。

毎日長時間同じ髪型でいることを止めれば、再び毛が生えてくるようになる人がほとんどです。

AGAであるかどうかで対策は違う

M字はげの対策としては、AGAであるかどうかで取るべき方法が違います。

AGAでなければ、セルフケアでM字部分をケアし、AGAであればクリニックなどで治療を開始しましょう。

というのも、AGAは進行性の脱毛症ですのでセルフケアでの対策は難しく症状の改善までは期待できません。

ですので、まずは自分がAGAを発症しているのかどうかを判断していきましょう。

AGAの判断方法

AGA 発症には明確な基準はなく、自己判断することが難しいのが現状ですが、目安となる確認方法をいくつかご紹介します。

髪の毛の状態からチェック

生え際、特にM字部分の髪の状態が細くなっていないかを確認しましょう。

剃り込み部分の毛が、他の部分よりも細い状態であれば、AGAの症状により髪が成長できていないと考えられます。

さらに、抜け毛の髪も同じ確認してみましょう。細くて短い毛が多く抜けているのであれば、AGAを発症している可能性があります。

おでこの広さからチェック

目を大きく見開いておでこにシワを作ります。できた一番上のシワからM字になっている剃り込み部分まで指が2本以上入れば、M字はげになっている可能性があります。

おでこの広さからM字ハゲかを確認する方法については下記の記事もご参考になさってください。

正確に判断する方法

M字はげ発症には明確な基準がないため正確に判断するには、薄毛専門の医師から診断を受けることが最も確実です。

セルフチェックでM字はげの傾向があるのなら、早々に薄毛専門の医師の診断を受けてください。

20代と若いからこそ、今のうちに対策をしていかなければ年々M字はげの症状は進んでしまいます。

早期のうちに対策を行うほど、治療の効果も発揮されやすいですので、若いうちにAGAの判断は行っておきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に自分の髪の状態を相談してみてください。

20代だからこその対策

20代はまだまだ若いですから、まずは生活環境の見直しを行っていきましょう。

食生活や睡眠不足は薄毛の原因の一つです。20代のうちに薄毛になる生活環境を改善しておかないと、歳を重ねるごとに薄毛の危険性は高まってしまいます。

脂っこい食事や外食などを控え、睡眠時間を最低でも6時間は確保するようにしましょう。慢性的なストレスがあれば、適度に気持ちをリフレッシュできる方法も見つけておきましょう。

セルフケアでM字はげを予防する

AGAを発症していないのであれば、セルフケアでの対策がM字はげ対策としても有効です。

頭皮に負担なく洗浄できるアミノ酸系の育毛シャンプーに変更し頭皮環境の改善をしていきましょう。

一般的なシャンプーでは、洗浄力が高すぎるものが多く頭皮に負担をかけてしまいがちです。

頭皮は髪を育てる土台部分ですから、シャンプーを変更して頭皮を髪を育てられる環境に改善していきましょう。

さらに育毛剤を使うと、M字部分の髪を強く育て抜け毛予防に繋がります。シャンプーや育毛剤を使うときに、同時に頭皮マッサージを行い血行を良くすることもおすすめです。

AGAならば治療を開始する

  • 20代でM字はげになってきた
  • 以前よりおでこが広くなっている
  • 生え際の髪が細くて柔らかい

という方であれば、例え20代と若い年齢であっても、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性があります。

ですので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分の症状に合わせたAGA治療ができる

などがあります。

AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

また若い年齢ほどAGAの進行速度は早いですが、若いほど治療の効果も発揮されやすい傾向があります。

ですので、あなたが

  • まだ20代なのにM字はげになりそうで不安
  • あきらかに生え際が後退している
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、M字はげを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の生え際の状態を相談することから始めていきましょう。

\20代だと進行も早いが治療効果もでやすい!/

※AGAはセルフケアでは症状は改善できません

 

M字はげは20代からの対策が大事

M字はげは20代であっても発症することも珍しくなく、特にAGAであればM字部分に症状がでやすい特徴があります。

20代でありながらM字部分が薄くなっているのであれば、AGAを発症している可能性があります。まずは、自分がAGAであるのかを正確に判断し、行うべき対策を適切に選んでいきましょう。

AGAでなければセルフケアでM字はげ対策を開始し、AGAであれば薄毛専門のクリニックで治療を開始してください。

20代と若い年齢だからこそ早期の薄毛対策に動きださないと、歳を取るにつれ、ますます症状は進行していきます。20代の年齢だからこそ、早めに薄毛対策に動きだしていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました