抜け毛の毛根が黒いのと白いの違いは薄毛への危険度

抜け毛の毛根の色が黒いのは、正常な状態とは言えません。健康的な毛根は白い色をしていますので、黒い色だと何かしらの異常がある状態と言えます。

毛根に栄養が足りずに色が黒くなっていると考えられ、髪に十分な栄養を運べなくっている毛根であると言えます。

毛根が黒い色であれば薄毛の兆候がありますので、毛根の異常に気がついた今から薄毛対策を開始していきましょう。

何もケアをしないでいても、自然と毛根の状態が改善されるとは考えにくいです。毛根が黒い色をしている事実があるのですから、早々に改善に努めてください。

抜け毛の毛根が黒いと薄毛のサイン

毛根の色が黒い場合は薄毛になっている可能性があります。

抜け毛の毛根が黒いのは、毛根に栄養が行き渡っていない状況と考えられるため、正常な毛根の状態とは言えず危険です。

毛根自体が栄養不足に陥っているため、髪の毛に十分な栄養を運べず薄毛の原因となります。

毛根の黒いインクのようなものの正体

髪の毛を抜いたときに、毛根に黒いインクのようなものはメラニン色素です。まだ成長している段階の毛を抜いたときに、黒いインクのような毛根が見られます。

本来であれば、まだまだ成長できる毛であった証拠です。

抜け毛の毛根が白い場合は正常

抜け毛の毛根が白いのは寿命を迎えた証拠の色です。

毛根が黒いのは、まだメラニン色素が残っている状態で成長できる余地の毛根です。

メラノン色素を吸収しきると毛根の色は白くなりますので、毛根が白いのは正常な抜け毛と言えます。

毛根の色が黒と白の違い

毛根の色が黒だと異常・白だと正常と考えても基本問題ありません。

健康的な毛根だと白い色をしています。形もマッチ棒のように膨らみがあるのが正常の毛根です。

白い毛根の抜け毛は寿命を終えた毛であると考えられますので、気にする必要はありません。

反対に色が黒い毛根だと、栄養が行き渡っていない状態であるために血行が悪くなり色が黒くなっていると考えられます。

毛根が健康ではないので、髪の毛に十分な栄養を運べなくなっている可能性が高く、薄毛の傾向があると言えます。

毛根が黒くなる原因

毛根が黒くなる原因は、生活習慣の乱れ・薄毛の発症などが考えられます。

偏った食生活・睡眠不足・ストレスなどがあると、毛根も栄養不足に陥るため薄毛の原因ともなります。

また、AGA(男性型脱毛症)などの脱毛症を発症すると、ヘアサイクルの乱れなどの症状から毛根にもトラブルが発生します。

毛根が正常でないと髪の毛に栄養をうまく運べなくなるため、髪が細く抜け落ちやすくなります。

毛根を正常にすることが薄毛対策になる

毛根が栄養不足を解消しなくては、薄毛が進行してしまう可能性があります。毛根に栄養を行き渡らせるためにも、まずは頭皮の血行を良くしていきましょう。

血行が良くなると毛根にも栄養が行き渡っていきます。

生活習慣の見直しからスタート

バランスの取れた食事内容、睡眠時間の確保、質の良い睡眠、ストレスの発散などの生活習慣を見直し改善していきましょう。

脂質の多い食事は皮脂の分泌を多くし毛穴詰まりの原因となり、ますます毛根に負担がかかってしまいます。

また、ストレスがかかると血行を悪くしてしまいますので、ストレス発散できるようにしていきましょう。

シャンプーの変更と育毛剤を使用して頭皮環境を整える

毛穴の汚れが残ったままだと毛穴詰まりの原因となりますので、毛根にも悪影響がでます。しかし、キレイに洗浄できれば良いわけでもなく、強すぎる洗浄力だと頭皮を乾燥させてしまいます。

汚れをしっかりと落としつつも、頭皮に負担のないシャンプーに変更していきましょう。

例えばアミノ酸系の育毛シャンプーだと、頭皮に負担なく汚れを落とすだけでなく髪を育てる働きも期待できます。

シャンプーで頭皮環境が整えつつ、加えて育毛剤を使用すればさらに毛根の健康改善が期待できます。毛根が健康になると、髪も育ちやすくなり抜け毛予防にも繋がります。

AGA(男性型脱毛症)の発症の確認

毛根の色が黒だけでなく、抜け毛の本数が増えている・薄毛の傾向を感じているのであれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性もあります。

AGAは進行性の脱毛症ですので対策を開始しないと薄毛は進行していくため、ハゲたくないのであれば早期の対策が重要です。

まずは自分がAGAを発症しているのかを正確に判断していきましょう。今ではオンラインからでも無料相談できるクリニックもありますので、薄毛専門の医師に自分の髪の状態を相談してみてください。

\毛根の色が黒い人へ/

※自分がAGAを発症しているのかを知ることが大事です

 

黒い毛根を正常にしないと抜け毛が増えていく

正常な毛根の色は白い色であり、黒い色だと異常だと言えます。AGAなど脱毛症の発症・ヘアサイクルの乱れなどが原因で、毛根が栄養不足になっているために黒く変色していると考えられます。

毛根が健康でないと髪の毛に十分に栄養を運べず、髪が細くなることで抜け毛の原因になります。

毛根が黒い色をしている事実があるのなら、現時点から薄毛対策を開始しましょう。

生活習慣の見直しや、シャンプーの変更、育毛剤の使用で頭皮の環境を改善することで毛根も健康になっていきます。

ハゲの症状により毛根が黒くなっているのであれば、放置しているとハゲが進行していきます。特にAGAを発症しているのであれば、症状の改善を行うには治療を開始しないといけません。

気がついたときには、守り育てる毛もなくなる最悪の状態にならないためにも、早期に薄毛対策を開始してください。

タイトルとURLをコピーしました