PR

髪が細くなった男の髪の毛が太くなる方法と対策

  • 昔よりも髪が細くなってきた
  • 髪がスカスカで頭皮が目立ってハゲに見える
  • 生え際やつむじの髪が特に細くなっている

という方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性があります。

髪が細くなる、つむじや生え際にハゲの症状が出やすいのはAGAの特長に該当するためです。

AGAの傾向を感じているのなら、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症を判断してもらいましょう。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 太く・抜けにくい髪にする治療ができる

などがあります。

AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

ですので、あなたが

  • 髪が細くなってハゲそうで不安
  • 髪がスカスカでどう見てもハゲ
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、ハゲを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪の状態を相談することから始めていきましょう。

\髪が細くなり実際似ハゲてきている人へ/

※まずは自分がAGAであるかの判断が大事です

 

髪が細くなった男はハゲなのかを確認すべし

人の髪の太さは生まれたときからずっと同じではなく、AGAの発症や加齢やストレスなど多くの原因から変化していきます。

髪が細くなったと感じている男であれば、ハゲであれば薄毛対策を開始しないと薄毛は進行してしまいますので、自分は実際にハゲになっているのかを確認しましょう。

髪が細くなるのは薄毛のサイン

昔と比べて髪が細くなったのなら薄毛になっている可能性があります。

大事なのは、元の髪の毛の太さから細くなったのかどうかです。以前よりもあきらかに髪が細くなったのなら、髪が太く成長できずにいるためと考えられます。

髪が細くなるのは、栄養を十分に運べずにいることで成長できていないと考えられ、ハゲの症状である可能性があります。

日本人の髪の太さの平均

日本人の髪は0.07mm~0.15mmとされています。0.07mm以下であれば髪は細いといえます。ですが、普通でも細い髪の細さを正確に測定するのは難しいです。

また生まれつき髪の細い人もいるので、髪の細さだけではハゲるのかハゲないのかは判断できません。

抜け毛の状態から判断

髪の細さだけではハゲになってきているのかは正確には判断できません。ですので、プラスで抜け毛の状態をチェックしていきましょう。

抜け毛が細く短い場合は要注意です。本来の太さまで髪の毛が成長できずに細いままで、長くなれずに短いまま抜けていると考えられます。

髪が細くなった、抜け毛の状態も細く短いのなら、薄毛になっている可能性があります。

髪が細くなった場所を確認

髪が細くなった場所が、つむじ周辺(頭頂部)・おでこ周辺(生え際)であれば、AGA(男性型脱毛症)である可能性があります。

AGAには頭頂部と生え際にハゲの症状がでやすい傾向があります。

つむじの渦が弱い、生え際が後退しているなどの傾向を感じているのなら、すでにAGA発症も考えられます。

髪が細くなる男の原因ベスト3

  1. 生活面の乱れ
  2. 歳を取ったから
  3. AGA(男性型脱毛症の)の発症

1.生活面の乱れ

生活環境が乱れていると薄毛の原因にもなります。例えば、食生活の乱れ・睡眠不足・ストレスなどは薄毛と密接に関係しています。

脂っこい食事が多と皮脂が過剰に分泌されやすく、毛穴詰まりの原因となります。

また、髪の成長ホルモンは就寝中に分泌されますので、睡眠不足が続くと髪の成長に悪影響がでます。

さらに、ストレスに晒されると自律神経が乱れることで頭皮の血行が悪くなり、髪にも栄養が十分に行き渡らなくなります。

以上のことからもわかるように、髪には直接影響はないと思われがちな生活環境ですが、実は薄毛の原因となっています。

2.歳を取ったから

人は歳を重ねるごとに髪が細くなっていきます。男性であれば20代をピークに徐々に髪が細くなり始めます。

細い髪は簡単刺激でも抜けやすくなるため、年齢が上がるにつれハゲる危険度も上がります。

男性は髪が細くなる年齢が早いため、薄毛対策も若いうちから意識しておきましょう。

3.AGA(男性型脱毛症の)の発症

思春期以降の男性であれば、年齢は関係なく発症する可能性のある脱毛症です。

特に、前髪部分・つむじ周辺に症状が出やすい特徴あり、放置していると髪は細くなり続け、抜け毛が増えハゲが進行していきます。

AGAであった場合は、セルフケアでの改善は難しく、症状の改善のためにはクリックなどで治療を行なわないといけません。

細い髪を太くする対策

髪を強く太く育てないと、どんどん髪は細くなり少しの刺激でも抜けてしまい薄毛が進んでしまいます。

「まだ大丈夫」と放置していると、気がついたときには手遅れの状態になっていることもありえます。

自分で髪が細くなったと感じるのは、すでに薄毛が進み始めている証拠です。将来ハゲたくないのなら、できるケアがらスタートさせていきましょう。

生活面を改善しないと原因は残り続ける

食生活や睡眠時間、喫煙、ストレスなどを見直して改善していきましょう。

栄養バランスの取れた食事内容、最低6時間の睡眠時間の確保、適度なストレス発散など、全ての生活面を改善させることは難しいですが、できる点からでも始めていきましょう。

育毛剤などで薄毛対策をしたとしても、生活面の改善ができていないと原因部分が残ったままとなるため、薄毛も改善されません。

シャンプーの変更で頭皮環境の改善

使っているシャンプーをアミノ酸系の育毛シャンプーに変更し、髪を育てる土台作りをしていきましょう。

洗浄力の高すぎるシャンプーだと頭皮は乾燥し、洗浄力が弱いと汚れを落としきれず、どちらの場合も薄毛の原因に繋がります。

頭皮を乾燥から守りつつも、しっかりと汚れを落とせるシャンプーに変更し頭皮環境が整えていきましょう。

シャンプーの変更で頭皮の環境を改善し、髪が育つ土台作りをすることで他の薄毛対策の効果も高まっていきます。

育毛剤の使用で髪を育てる

育毛剤には、髪を育てることで抜け毛の予防・発毛促進、さらには血行促進の効果がありますので、髪が細くなったときの対策としてはおすすめです。

育毛に特化したタイプ、血行促進に特化したタイプ、フケ・かゆみに特化したタイプなど育毛剤には種類がありますので、髪を太く育てたいのであれば、育毛に特化した育毛剤を選んでケアしていきましょう。

AGAならば治療するしか道はない

  • 髪が細くなって実際にハゲてきている
  • 髪がスカスカで頭皮が透けて見える
  • 生え際やつむじの髪が特に細くなっている

という方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 太く・抜けにくい髪にする治療ができる

などがあります。

ですので、あなたが

  • 髪が細くなってハゲそうで不安
  • 髪がスカスカでどう見てもハゲ
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、ハゲを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪の状態を相談することから始めていきましょう。

AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

※ハゲの傾向がない人は確認する必要はありません

 

髪が細くなったと感じた時点で危険

男が髪が細くなったと感じている時点で、すでに薄毛になっている可能性は高いです。

特に、あきらかに以前の髪の太さよりも細くなっているのなら、早期のうちに薄毛対策を開始しましょう。

抜け毛の状態が細くて短い毛が多いなどを確認をし、薄毛の傾向があるのならAGA発症の疑いもあります。

AGAを発症するとセルフケアでの改善は難しいため、ハゲたくないのであれば薄毛専門のクリニックで治療を開始しなければいけません。

AGA発症には明確な基準がないため、最終判断は薄毛専門のクリニックで診察を受けてください。

AGAでなければ育毛剤などのセルフケアで薄毛対策を行い、AGAであれば治療を開始しましょう。

会が細くなった感じつつ放置していると、ますます髪は細く抜けやすくなり、やがてはハゲに進行していきます。

何もケアしないで後から後悔するよりも、まだ早いかなと思っている今の時点から薄毛対策に動き出していきましょう。