前髪のてっぺんが薄いのなら対策は必須。髪型ではごまかせなくなる

前髪のてっぺんが薄い原因と対策について解説しています。

前髪のてっぺんが薄い原因と対策方法

  • 生まれつき
  • 牽引性脱毛症
  • ホルモンの関係(産後・更年期)

前髪が薄くなったり、ペタンコ状態になる原因は複数あります。

生まれつきなら心配はしなくてもいい

生まれつき髪が細く柔らかい人は、前髪のてっぺんも薄く見えやすいです。ハゲになったとかではなく、ペタンコになりやすくボリュームが出しにくいだけです。

ただし、昔よりも髪が細くなっていくと、ますます薄くなっていきますので、髪を太くするケアは行っていきましょう。

普通の人よりも薄く見えやすいので、早めにケアをしないといけません。

ケア方法としては、頭皮マッサージや育毛シャンプー、育毛剤の使用などがあります。

牽引性脱毛症の場合は髪型を変えよう

髪を引っ張ったり負担がかかることで起こる脱毛症です。ポニーテールやお団子ヘア、ツインテールなど髪を引っ張るヘアスタイルをしていると牽引性脱毛症になりやすいです。

また、分け目が同じだとずっと髪の重さが同じ箇所にかかるので同じです。髪に負担のかかる髪型や、結ぶ場所を変えたり、分け目を変えたりしましょう。

ホルモンの関係(産後・更年期・加齢など)なら育毛剤

ホルモンの変化でも脱毛が起きます。女性では妊娠・出産・更年期で脱毛が起こりやすいです。

産後脱毛はいずれ治まりますが「薄毛になった部分は薄毛のままだった」という人もいます。抜け毛具合がヒドイ場合は、産後脱毛に特化した育毛剤でケアしていく方法もあります。

また、加齢によっても髪は細くなっていきます。前髪だけでなく全体的にボリュームがなくなってきたのなら、育毛剤で髪を育てるケアをしていきましょう。

ヘアスタイルでは隠しきれずに見た目もすっかりハゲ状態になる

そのままにしておくと・・・・

  • ヘアスタイルでは隠しきれなくなり見た目がハゲの状態に
  • 前髪の薄さを隠すヘアスタイルにするのに時間が取られ準備にイライラする
  • 髪にボリューム感がないので実年齢よりも老けて見られる

前髪の薄さを隠すヘアスタイルにするのに時間がかかり、出かける前からイライラしてしまいます。

根本的な解決にはならないので、いずれはヘアスタイルでは前髪の薄さを隠しきれなくなり、周りからも「ハゲてる」と思われてしまいます。

鏡を見てガッカリすることがなくなる毎日を過ごせる

育毛ケアをすると得られる未来・・・

  • 鏡を見てガッカリすることがなくなり毎日に自信が持てる
  • ヘアスタイルも決まってママ友から憧れられる
  • ヘアセットに時間がかからなくなる分、メイクやファッションが楽しめる
  • 帽子でごまかすことなくヘアスタイルを楽しめる
  • 人と会うのが楽しみなりプライベートも充実する

こんな未来があなたを待っています。

すぐには効果は感じないが継続すると結果も違う

育毛ケアにもデメリットはあります

  • すぐには効果がでない
  • 継続してケアをしないといけない
  • 金銭的負担がかかる

育毛シャンプーや育毛剤、頭皮マッサージをしても、すぐに「前髪の薄さが解消された!」とは実感できません。髪を育てるのには、時間もかかります。

ですが、継続することで少しずつ変化が起きていきます。自分ではなかなか気が付きにくいだけです。

また、育毛シャンプーや育毛剤を使うと金銭的負担もかかります。ずっと買い続けるのはイヤと思うかもしれませんが、メイクを落とすのにクレンジングを使ったり、キレイになるためにメイクを買うのと何ら変わりません。

誰にもバレずに薄毛対策ができる

あなたが育毛ケアすることのメリット

  • 誰にもバレずに自宅で手軽に始めることができる
  • 早くケアを開始すればするほど予防効果も出る
  • 抜け毛を予防し髪を育てることでボリューム感が増す

育毛ケアの多くは、自宅で簡単にできるもが多いです。シャンプーを育毛シャンプーに変えたり、育毛剤を自宅で使うのですから、誰にもバレる心配はありません。

また、育毛ケアは早く対策をすればするほど、効果も出やすいです。前髪が薄くなってきたと感じた時からケアを開始することで、将来的にハゲ予防につながります。

いずれは髪型ではごまかせなくなる。今からケアするのが大事

前髪のてっぺんが薄いのはヘアスタイルである程度はごまかせます。ですが、薄毛が進むといずれはヘアスタイルではごまかしきれなくなります。

髪はペタンコでボリュームもでず、ベタベタした状態になると見た目からもハゲて見られます。髪型でごまかせるのに安心せず、今から髪を育てるケアをしていきましょう。

頭皮マッサージをしたり、育毛シャンプーに変更したり、育毛剤を使っていくのがおすすめです。

タイトルとURLをコピーしました