ドライヤーで抜け毛20本以上はヤバい?抜けた毛を見て判断すべし

ドライヤーでの抜け毛が20本以上であれば薄毛になっている可能性があります。

ですが、より正確なことを言わせていただくと、ドライヤーで20本以上抜けたことだけで=ハゲになる・ならないの判断ができるとは言い切れないのが現実です。

本当にしっかりと見極めるのなら本数ではなく抜け毛の状態から判断する必要があります。

手元に見える抜け毛が細くて短い状態であれば、本数に関わらずハゲる人の傾向に当てはまるので、ハゲたくない方は早々に薄毛対策を検討し始めた方が良いでしょう。

まだ育つ毛が残っているうちに対策を開始しないと、育てる毛すらなくなってしまうこともあり得ます。早期に薄毛対策を行うメリットとしては、

  • 早期に対策を開始すればするほど効果が発揮されやすい
  • 髪を育てて抜け毛を予防することができる
  • 初期症状でケアを開始する方がハゲてから対策するよりも費用負担も少ない

最初から本気で対策をするのであればAGAクリニックでの治療も選択肢になりますが、保険適用外のため費用負担がかかり、定期的な通院などの手間もかかってしまいます。そのため

  • ドライヤーをかけるたびに抜け毛の量が気になる
  • お風呂に入ると排水口に抜け毛が溜まる
  • 症状が軽いうちにすぐにでもハゲ対策をしたい

などと悩んでいるのなら、今から薄毛対策を開始していきましょう。

いずれにせよ、抜け毛が細くて短い状態であれば今から薄毛への対策をしないと、どんどん進行していきます。普段からハゲを気にされているのであれば、早々に薄毛対策を検討してみてくださいね。

\抜け毛が細くて短いと自覚した方へ/

※今のまま放置すると薄毛が進行するので早々対策を開始しましょう

 

ドライヤー後に抜け毛が20本あれば薄毛のサイン

お風呂の排水溝に溜まる抜け毛が増えてきたと感じたり、ドライヤーを終えると床に20本以上の抜け毛が落ちているのなら、薄毛になっているサインと言えます。

抜ける本数よりも「抜け毛の状態」に注意

髪の毛は1日100本抜けるとされており、シャンプー時とドライヤー時に約80本が抜けます。ドライヤー時だけで考えると約10~20本は抜けるとされています。

ですが、20本以内ならばハゲないというわけではありません。気にしなくていけないのは、抜け毛の状態です。

寿命を終えた毛、すなわち太くて長い毛であれば抜けていても問題ありません。しかし、抜けた毛が「細くて短い」場合は要注意です。

細くて短い毛は、栄養不足のため弱って本来の寿命を迎える前に抜けている毛です。AGAの発症や、加齢による薄毛、ストレスなどが原因で頭皮トラブルを起こし、髪が十分に育ちきれていない証拠です。

よって、ドライヤーでの抜け毛が「細くて短い毛」が多ければ薄毛進行のサインとも考えられます。

髪の細さのセルフチェック方法

日本人の髪の太さの平均は、0.07~0.15㎜です。0.07mm以下であれば細い毛と言えますが、自分で髪の細さを測って判断するのは難しいです。

目安のチェック方法は、抜け毛を横に持ったときの髪の状態から判断できます。

太い毛ならばピンと横になったままですが、細い毛だと下に垂れます。自分の抜け毛からセルフチェックをしてみましょう。

抜けた毛が20本以内であっても、細くて短い毛ならば安心してはいけません。

ドライヤーやシャンプーだけではハゲ対策はできない理由

シャンプーでは育毛成分が十分に頭皮に浸透しない

育毛シャンプーは抜け毛の予防や髪を育てる働きをしてくれますが、あくまでもシャンプーは汚れを落とす役割が主体ですのでハゲ対策としての効果は薄いです。

シャンプー液に育毛成分が含まれていても

  • 頭皮の奥に浸透する前に洗い流される
  • 髪の毛の水分に浸透してしまい頭皮にまで行き渡りにくい

などの理由が懸念されます。

シャンプーによるハゲ対策は頭皮の汚れを除去し、髪が育ちやすい環境にしていくことにあります。そのため、シャンプーだけで育毛や抜け毛の予防を期待するのは過剰に期待をしすぎです。

きれいになった頭皮環境に対してどうするのか?からがハゲ対策の本番ですので。

ドライヤーだけで20本も髪が抜けるとは考えにくい

ドライヤーの熱が高すぎると、髪のキューティクルが破壊され髪が細くなります。細くなった髪は、刺激に弱くなるため簡単に抜けてしまい、抜け毛が増える原因となります。

髪のキューティクルが破壊されないよう、ドライヤーをあてるときは髪の毛から30cmほど離して、同じ箇所にあて続けないように使ってください。

ただ、ドライヤーの熱が抜け毛の原因になったとしても、髪の毛が20本も抜けるとは考えにくいです。ドライヤーのときに20本以上抜ける大元の原因は、AGAの発症や、加齢に伴う抜け毛など他の原因からと考えられます。

大元の原因に対して、薄毛対策を行っていかないと抜け毛は減りません。

正しくケアしないと抜け毛は増え続けていく

育毛シャンプーに変更したり、正しいドライヤーのあてかたをすれば、ある程度の抜け毛は予防できます。ですが、シャンプーやドライヤーだけでハゲる進行を改善することは難しいです。

生活習慣の見直しや育毛剤でのケアをしていかないと、抜け毛が増えるだけでなく、今残っている髪も細くなっていき、ますます薄毛になってしまいます。

また、抜け毛が続くとストレスにもなり自立神経の乱れに影響します。自立神経の乱れは血行不良にも影響するので、更にハゲの原因となります。

抜け毛が気になると気にするストレスで更に抜け毛が増える、という悪循環になるため、本気でハゲ対策をしたい方は早々に歯止めを掛ける必要があります。

\早々にハゲに歯止めをかけたい人へ/

※正しいケアで薄毛対策を開始しましょう

 

今やるべきは初期段階でのケア、20本ならまだ間に合う

今はハゲの初期段階となるので、本気の対策を考えるなら初期段階からのケアをしてください。このまま何もしないでいても悪化して抜け毛の量が増えることはあっても減ることにはなりません。

薄毛の原因は、暴飲暴食、偏った食事内容(ファーストフード、脂っこい食事など)、睡眠不足、ストレスなど複数あります。

薄毛の初期段階であれば、ご自身の生活習慣を見直すことから始めましょう。

また、使用しているシャンプーを育毛シャンプーや髪への刺激が少ないタイプ(ノンシリコンやアミノ酸系)に変更し、髪が育ちやすくなる頭皮環境に整えると尚好ましいと言えます。

加えて、頭皮環境を整えた状態で更にセンブリエキス配合の育毛成分を持つ育毛剤で対策すれば、さらなる薄毛対策の効果アップが期待できます。

自宅で薄毛対策を始めるのなら育毛剤が最適

育毛剤を使うメリットとしては、育毛剤の効果自体に抜け毛予防があること、自宅で簡単にケアができる点があります。

育毛剤での理想的なケア方法

育毛剤は、毛穴を清潔に保ち、毛根を刺激し活動を活発化させることで抜け毛の予防・育毛の促進をする働きがあります。

本気でハゲ対策を行う人への理想的なケアとしては、生活習慣の見直しやシャンプーの変更などの薄毛対策を行いつつ、育毛剤を併用で使う方法です。

それぞれの薄毛対策から、更なる抜け毛の予防や育毛促進の効果を高める相乗効果を狙っていきましょう。

時間がない人でも自宅でケアが完了する

育毛剤は、頭皮にサッと付けて揉み込むだけの短時間のケアで完了するため、病院やヘッドスパに通う時間がない人でも、自宅で薄毛対策が可能です。

誰にもバレる心配はなく対策ができる

誰にもバレずに薄毛対策できることもポイント。育毛剤の効果は段階的に現れるので、周りの人は変化に気が付きにくく、薄毛対策をしているとバレる心配が低いです。

育毛剤を買いに行くことも恥ずかしいと感じているのなら、通販で購入すれば買っている姿すら誰からも見られることはありません。

薄毛が初期段階への対策に最適

育毛剤は、ハゲの初期段階の今から使い始めるのと、薄毛が進行してから育毛剤を使い始めるのでは、同じ育毛剤を使ったとしても効果に差がでてしまいます。

育てる毛や守る毛すらなくなると育毛剤での効果は薄くなり、ハゲてしまってからでは有効なハゲ対策は少なくなります。結局は時間もお金も負担が増えますので、育毛剤での効果が見込める初期段階から対策を行う必要があります。

\誰にもバレることなく自宅で薄毛対策ができます/

※まだ育毛剤の効果が出る今から対策を行いましょう

 

育毛剤を正しく使う方法

どれほど優れた育毛剤であっても使い方を間違えていれば、効果も発揮されにくくなります。とはいえ、使い方に難しい点はなく、下記のポイントだけ抑えて使用すれば問題ありません。

  • 清潔な頭皮に使う
  • ドライヤーの後に使う

特に重要なのは、ドライヤーを使うタイミングです。

使い方はドライヤーの後が正しいタイミング

髪が育つ土台である頭皮に汚れが残っていては、育毛剤の成分が浸透しにくくなりますので、髪を洗った後の清潔になった頭皮に使いましょう。

大事なポイントはドライヤーを使うタイミングですが、育毛剤はドライヤーの後が正しい使い方となります。

髪が濡れたままの状態ですと、育毛剤の成分が髪の水分に吸収され頭皮に行き渡りにくくなるためです。

更に育毛剤を塗布した後は、すぐにドライヤーを使わないように注意しましょう。育毛成分が頭皮に浸透する前に、ドライヤーの熱で成分を蒸発させてしまいます。

せっかく育毛剤を使用しても成分が頭皮に行き渡らないと効果も薄くなりますので、ポイントを抑えて正しい使い方をしていきましょう。

ドライヤーでの抜け毛が気になりだした今が対策すべきとき

ドライヤーでの抜け毛が20本以上あれば薄毛になっている可能性がありますが、本数だけで判断せず抜け毛の状態から見極めないといけません。

あなたの抜け毛の状態が細くて短い状態であれば、20本の本数に関わらず薄毛の前兆と言えます。ですので、ハゲたくない場合は今から薄毛へのケアを検討しないと、このままどんどんと薄毛が進行していく可能性が高いです。

初期段階の薄毛対策として、生活習慣の見直しやシャンプーを変更して髪が育ちやすくなる頭皮環境に整えつつ、育毛剤でのケアを取り入れることから始めてみましょう。

育毛剤を選ぶポイントは育毛への有効成分

育毛剤は使用している成分によって、抜け毛の予防、発毛促進、頭皮環境の改善など、どの悩みに特化しているのかに違いがあります。育毛剤を選ぶときは、自分の悩みに適した成分が使用されているのかを確認しましょう。

3つの育毛成分は必ず確認

育毛の有効育毛成分として、多くの育毛剤で使用されているのが下記の3つになります。

  • センブリエキス
  • D-パントテニルアルコール
  • グリチルリチン酸ジカリウム

それぞれ育毛、発毛促進、頭皮環境の改善を促す働きがあり、薄毛の原因に対して全般的に対策ができますので、育毛剤を選ぶときは最低でも上記3つが使用されているのかを確認しましょう。

独自成分も合わせて確認しよう

例えばチャップアップでは、上記3つの成分に加えて、血行促進を促す働きをする成分であるトコフェロール酢酸エステル、塩酸ジフェンヒドラミンも使用され育毛有効成分が5種も配合。

更に、育毛成分「6-ジンゲロール」が、一般に流通している黄色ショウガエキスと比べ約2倍も含まれている独自成分であるジンゲルシックスも配合されています。

使用されている成分からチャップアップでは、より育毛や発毛促進に関して特化していると判断できますので、髪が細くなったり抜け毛に悩んでいる人向けの育毛剤と言えます。

育毛剤は、薄毛の初期段階から使い始める方が効果も発揮されますので、抜け毛が気になりだした今が育毛剤での対策を始めるときです。

どれほど成分が優れている育毛剤であっても、始める時期・ハゲの進行具合で効果の出方も変わり、育毛剤の効果が出ないほど薄毛が進行すれば、有効な対策は少なくなります。

本気でハゲたくないと感じているのなら、まだ育毛剤の効果が出る今から対策を始めていきましょう。

\まだ育毛剤の効果が発揮される今から対策をしていきましょう/

※このままハゲたくない人は対策を開始してください

タイトルとURLをコピーしました