つむじの違和感はハゲのサイン。原因によって対策は違います

つむじに違和感を覚えたら、つむじはげになっていないかの確認をしていきましょう。

つむじに違和感からのハゲの確認方法

  • つむじ周りの髪の状態
  • つむじの頭皮の色
  • 抜けた髪の毛の状態

つむじに何らかの違和感を覚えたら、上記をチェックしましょう。

つむじ周りの髪の太さ

つむじ周辺の髪と他の部分の髪の太さを比べてみてください。他の部分よりも細くて短い毛が多いとハゲである可能性があります。

頭皮に何かしらのトラブルが起き、栄養を行き渡らせられずに髪が十分に育っていないと考えられます。

つむじの頭皮の色

つむじの頭皮の色を確認し、白ではなく赤っぽい色しているのなら頭皮に炎症などのトラブルが起きていると考えられます。

頭皮に炎症などのトラブルがあると、髪に栄養を十分に届けられず、抜け毛の原因にもなります。

抜け毛の状態

抜け毛が細くて短い毛の場合、本来まだ抜けるはずではない毛が抜けている可能性があります。

髪に栄養が行き渡らず成長しきれないまま抜けていることは、薄毛の症状にあてはまります。

つむじの大きさの平均から確認

日本人のつむじの大きさの平均はわかっていません。つむじの大きさには、もともと髪質やつむじの数などに左右されますので基準がないのが現状です。

つまり大きい=ハゲとはならず、何センチだからハゲなどの基準はありません。

大きさよりも渦の巻き方が重要

つむじが大きく頭皮が見えていても、渦が太い毛でしっかりと巻いているのなら正常なつむじと言えます。

つむじ周辺の髪が

  • 細く渦の巻き方も弱い
  • 渦を巻いていない
  • つむじが割れている

のであれば、大きさに関わらず薄毛の傾向があります。

以前の大きさとの比較

以前のつむじよりも大きく広くなっているのならば、薄毛が進行している可能性があります。

ヘアスタイルを変更した・髪をカットした直後ではない状態で、つむじが大きくなっているのであれば、薄毛の症状によりつむじが大きくなったと考えられます。

つむじハゲの原因

  • 生活面の乱れ
  • 加齢
  • AGA(男性型脱毛症)の発症

生活面の乱れ

食生活の乱れ・睡眠不足・ストレスなどの生活環境が乱れていると薄毛の原因になります。

脂っこい食事が多い・外食が多いと皮脂が過剰に分泌されやすく、毛穴詰まりの原因となるためです。

髪の成長ホルモンは就寝中に分泌されますので、睡眠不足が続くと髪の成長に悪影響がでます。

ストレスに晒されると自律神経が乱れ頭皮の血行が悪くなり、髪にも栄養が十分に行き渡らなくなります。

髪には直接影響はないと思われがちな生活環境ですが、実は薄毛の原因となっています。

加齢で髪は細くなる

人は歳を重ねるごとに髪は細くなっていきます。男性であれば20代をピークに徐々に髪が細くなり、女性であれば30代後半から髪が細くなります。

細い髪は簡単な刺激でも抜けやすくなるため、年齢が上がるにつれつむじ周辺もハゲやすくなります。

男性の方が髪が細くなる年齢が早いため、薄毛対策も若いうちから開始しなければいけません。

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、髪は細くなり抜け毛が増えハゲが進行していきます。

AGAの場合、つむじ周辺に症状が出やすい特徴ありますので、つむじに違和感があるのならAGAの発症も疑われます。

AGAはセルフケアでの改善は難しく、症状の改善のためにはクリックなどで治療を行なわないと、つむじはげも進行していきます。

なおAGAの詳しい対策については後述する【AGAならば治療を開始】をご参考になさってください。

違和感があるときの対策

つむじに違和感を覚えたら、まずは生活面の見直しからスタートしましょう。生活面を改善しつつ、つむじの髪を育てるためにもセルフケアでの対策を行いましょう。

もし、つむじの違和感の正体がAGAの発症ならばクリニックなどで治療を開始してください。

生活面の見直しからスタート

脂っこい食事を避け栄養バランスが整った食事内容に変更する・睡眠時間を確保する・ストレス発散方法を見つけておくなど、生活面の改善をしていきましょう。

育毛剤などで薄毛対策をしたとしても、生活面の改善ができていないと原因部分が残ったままとなるため、つむじの違和感も解消されません。

全ての生活面を完璧に改善させることは難しいですが、できる点からでも始めていきましょう。

セルフケアでの対策を開始

髪を育てるには、頭皮環境を改善しないといけません。生活面の改善ができても、髪が育つ土台がないと髪は十分に育たたないからです。

シャンプーの変更

使っているシャンプーをアミノ酸系の育毛シャンプーに変更し、髪を育てる土台作りをしていきましょう。

洗浄力の高すぎるシャンプーだと頭皮は乾燥し、洗浄力が弱いと汚れを落としきれず毛穴詰まりの原因ともなり、どちらの場合も薄毛の原因に繋がります。

頭皮を乾燥から守りつつも、しっかりと汚れを落とせるシャンプーに変更し頭皮環境が整えていきましょう。

育毛剤を使用する

育毛剤には、髪を育てることで抜け毛の予防・発毛促進、さらには血行促進の効果がありますので、つむじはげ対策としては最適なアイテムとなります。

薄毛対策として使うのであれば、育毛や発毛促進に特化した育毛剤を選んでケアしていきましょう。

AGAならば治療を開始

  • つむじに違和感がありハゲてきている
  • つむじの渦の巻き方が弱くなった
  • つむじ周辺の頭皮が目立ってハゲに見える

という男性の方であれば、AGAはつむじ周辺にハゲの症状が出やすい特徴があるため、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性があります。

早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分のつむじに合わせたAGA治療ができる

などがあります。

AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではつむじはげの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

ですので、あなたが

  • つむじからハゲてきている
  • 周りからハゲと思われたくない
  • ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、つむじはげを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分のつむじの状態を確認することから始めていきましょう。

AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

※つむじからハゲの傾向がない人は確認する必要はありません

 

つむじに違和感があるのならケア開始の合図

あなたがつむじに違和感を覚えたのなら、髪に何かしらの変化があったはずです。ただの気のせいかもしれませんが、薄毛のサインである可能性も捨てきれません。

以前よりもつむじが大きくなった・髪が細くなった・抜け毛が細く短い状態ならば薄毛が進行しているサインです。

つむじは普段から自分で確認できる箇所でないため、気がついたらつむじが大きくなりカッパハゲになっていることもありえます。

ハゲが進行した状態では育毛剤などのセルフケアでは改善は難しく、AGAを発症しているのであれば治療を開始しないと症状は改善できません。

まずは自分がAGAを発症していないかを薄毛専門の医師から判断してもらい、発症していないのであればセルフケアで薄毛対策を行い、AGAであれば治療を開始してください。

つむじに違和感があるのに放置していては、気づかず症状が進行することもありますので、何かしらの薄毛対策に動き出していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました