生え際が薄いのが生まれつきならハゲない!のは間違っている

生え際の毛が薄いのが生まれつきだからといって、ハゲやすいわけではありません。ただ、普通の人と同じ本数の抜け毛があったとしても、髪がもともと薄い分ハゲには見られやすいです。

生え際の髪が生まれつき薄い人ほど、ハゲの兆候があれば早々に対策を開始しないといけません。

すぐにできる対策方法としては、育毛剤でのケアがおすすめです。なぜなら、

  • 髪を丈夫に強く育ててくれる
  • 抜け毛を予防してくれる
  • 誰にもバレずに薄毛対策ができる

などのメリットが育毛剤にはあります。ですから、あなたが

  • 生まれつき髪が薄いのでハゲにならないか不安
  • 生え際がどんどん後退してきた
  • 髪のボリュームがなくなってきた
  • と悩んでいるのなら、育毛剤でのケアを開始しましょう。生まれつく生え際の髪が薄い分、早めに対策を開始しないと、気がついたときは本当のハゲになっていることも考えられます。

    ほんの少しの変化を感じたのなら、薄毛対策を開始していきましょう。

    \生まれつき薄いからこそ早期に対策が必要です/

    ※放置していると本当のハゲになる可能性もあります

     

    生え際が薄いのが生まれつきならハゲない?

    日本人の髪の太さの平均は0.07~0.15㎜とされています。生え際が生まれつき薄いと感じている人は、生まれつき髪の毛が細い人に多いです。

    もともとの髪が細いため、生え際の毛も少なく見えることから「薄い」と感じやすいです。生まれつき髪が細くて生え際も薄いと感じているのなら、そこまで薄毛の心配する必要はありません。

    以前よりも生え際が薄くなってきたときが要注意

    生まれつき生え際が薄い人は、少し薄毛が進行するだけで他の人よりもハゲに見られやすい傾向があります。

    毛がもともと細く薄い分、髪が太い人と同じ抜け毛の本数が抜けても、頭皮が目立ちスケスケの状態に見えてしまいます。生え際が薄いのが生まれつきの人ほど、薄毛の兆候を見逃してはいけません。

    薄毛の兆候を見逃すとヤバイ

    生まれつき生え際の髪が薄い人は、自分のおでこの広さを把握しておきましょう。生え際が以前よりも後退してきた、生え際の髪の毛が更に細くなってきたと感じるのなら要注意です。

    薄毛が進行している可能性があります。また、抜け毛の状態からも薄毛の確認をしましょう。

    抜け毛の状態が細くて短いのであれば要注意。毛が十分に育つ前に抜けている毛である可能性が高く、薄毛のサインと言えます。

    薄毛の兆候を感じたのなら、頭皮環境の改善や育毛剤での対策などを早々に取り入れていきましょう。

    生まれつき生え際が薄い人のハゲ対策

    生まれつきの髪の細さを太く変えることは困難です。髪の細さは遺伝によって決まる点が大きく、それを今から変えることはできません。

    ですが、細い髪であっても丈夫にすることは可能です。細い髪は、刺激に弱く簡単に抜けてしまいます。細い髪は髪で、強く育てていくのが大事です。

    まずは生活習慣を見直してみましょう。脂質の多い食事を控えたり、睡眠の質を高めたり、さらにはシャンプーを育毛系に変更するなどして、髪が育ちやすい頭皮環境に整えていきましょう。

    どんな薄毛対策をしたとしても、髪が育つ環境がないと意味がありませんし、効果の出方にも差がでてしまいます。

    まずはご自身の生活面を見直す薄毛対策から始めましょう。

    育毛剤を使用すると相乗効果が狙える

    生活面やシャンプーの変更での薄毛対策に加えて、育毛剤でのケアをプラスすと、それぞれの薄毛対策の相乗効果が狙えます。

    育毛剤には、毛を強く育てることで髪の寿命を延ばし、抜け毛を予防してくれます。生え際の細い毛も丈夫に育ててくれますから、抜けにくい髪に育ててくれます。

    \生まれつき薄いからこそ早期に対策が必要です/

    ※放置していると本当のハゲになる可能性もあります

     

    放置していると本当のハゲになる可能性もある

    そのままにしておくと・・・・

    • 生え際がどんどん後退し抜け毛の量が増加する
    • 薄毛の進行が加速し気がついたらハゲの状態になっている
    • 周りからの視線が気になり仕事に集中できず評価が下がる

    生え際が薄いのは生まれつきだからと何も対策をしないでいると、気がついたときは立派なハゲになっている可能性もあります。

    生え際の心配がなくなるだけで自信がつく

    育毛剤を利用すると得られる未来・・・

    • 生え際の心配をする必要がなくなり毎日が楽しく過ごせる
    • 女性に好まれるヘアスタイルができファッションも楽しめる
    • 自分に自身がつき仕事にも精がでて社内評価が上がる

    生え際からのハゲの心配がなくなると、自分に自信を取り戻し積極的に行動ができるようにあり、毎日が充実していきます。

    即効性はないが髪を育て抜け毛の予防になる

    育毛剤にもデメリットはあります

    • 途中で使うのを中断すると元の状態に戻ってしまう
    • 即効性がないので効果がわかりにくい

    途中で使うのを止めてもいい?

    育毛剤は使うのを中断すると、元の生え際の状態に戻ったり、髪がますます細くなることもあります。ずっと使い続けないといけないのかと不安にもなりますが、頭皮にサッと付けるだけの簡単ケアですから面倒なことはありません。

    ハゲたくないのなら育毛剤でケアを続けていきましょう。

    髪は太くなる?

    育毛剤を使ったらからといって、すぐに髪が太くなったりはしません。効果を実感するには最低でも3~6ヶ月は継続して使用していきましょう。

    3ヶ月は長いと感じるかも知れませんが、育毛剤でのケアが習慣になれば長いとは感じないはずです。

    早期の段階で対策すると効果も発揮されやすい

    あなたが育毛剤を使うことのメリット

    • 頭皮環境が良くなり髪が育ちやすくなる
    • 今ある髪の毛を維持しキープしてくれる
    • 誰にもバレることなく薄毛対策ができる

    生え際の毛が気になりだした時点からケアを開始する方が、育毛剤の効果も発揮されやすいです。ハゲが進行してしまった人よりも、薄毛が気になり始めた人にこそ効果が出やすいのが育毛剤です。

    生え際が生まれつき薄いからこそ早めに対策が必要

    生え際が生まれつき薄い人は、他の人よりもハゲやすいのではなく、ハゲになったら目立ちやすいです。

    髪が太い人と同じ本数の抜け毛があったとしても、細い分頭皮も目立ちやすく、また髪が細いとペタンコ状態になりやすいためです。

    生え際の髪がもともと薄い人ほど、薄毛の兆候があれば、他の人よりも早めに対策を行わければいけません。

    まずは生活習慣の見直しや、シャンプーの変更を行いつつ、育毛剤でのケアを開始しましょう。育毛剤には髪を育てる働きがありますから、生え際の毛にも対策が可能です。

    育毛剤を選ぶ際は、センブリエキスなどの有効育毛成分が使用されているタイプを選んでください。

    生え際の髪が生まれつき薄いから大丈夫と安心して、何も対策をしないでいると、気がついたら本当のハゲになっていたという事態にもなりかねません。

    生まれつく薄いからこそ、ほんの少しの違和感があるうちから早々に対策を行っていきましょう。

    \生まれつき薄いからこそ早期に対策が必要です/

    ※放置していると本当のハゲになる可能性もあります

     

    タイトルとURLをコピーしました