生え際の産毛が伸びない理由。短い毛を伸ばすために必要なこと

生え際の産毛がいつまでも伸びない理由や対策方法について解説しています。

生え際の産毛が伸びない理由

  • 髪への栄養不足が原因
  • ヘアサイクルの乱れ

髪への栄養不足が原因

いつまでも産毛が太く長く成長しないのは髪への栄養不足が考えられます。産毛が成長できる栄養が足りていないと、産毛も成長することはできません。

髪が栄養不足になる原因としては、頭皮の血行不足にあります。頭皮の乾燥・炎症・凝りなどの原因から血行不良になり、髪の毛に栄養を十分に運べなくなります。

また、偏った食生やストレス、睡眠不足などの生活習慣の乱れも、頭皮の血行を悪くする理由の一つです。

ヘアサイクルの乱れ

ヘアサイクルの期間に乱れが生じると、産毛が成長できないことがあります。

特にヘアサイクルの成長期の期間が短くなると、産毛が育つ前に毛が抜け落ちてしまいます。新しく生えてくる産毛も成長できないままとなり、いつまで経っても産毛の状態になってしまいます。

ヘアサイクルの期間に乱れが生じる原因は、加齢によるホルモンバランスの変化、生活習慣の乱れ、AGA(男性型脱毛症)などの脱毛症の発症などがあります。

産毛が伸びない場合はハゲ予備軍

生え際の産毛があっても、いつまでも短いままで長く伸びないのはハゲの症状とも考えられます。

ヘアサイクルによって髪が生え伸びていきますが、薄毛の症状により成長段階のサイクルに異常が生じると、髪が十分に伸びる前に抜け落ちてしまいます。

以前は産毛の状態が気にならなかったのに、最近になって急に産毛が増えたと感じたのならハゲになっていないかを確認しましょう。

特にAGA(男性型脱毛症)を発症していないかの確認はしておいてください。ヘアサイクルの期間に乱れが生じるのはAGAの症状の一つです。

薄毛対策の途中なら経過観察

もしあなたが何かしらの薄毛対策をすでに行っており、その結果産毛が増えてきただとしたら問題ありません。薄毛対策によって産毛が生えてきたと考えられます。

引き続き今の薄毛対策を継続するか、産毛を太く長く成長させる対策を行っていきましょう。

産毛がない場合でもハゲ確定ではない

おでこに産毛がない場合でも、必ずしもハゲであるとは言えません。もともとおでこには産毛がない人や少ない人も多いため、産毛のあるなしだけでは、ハゲになっているのかどうかを判断できないためです。

以前は産毛があったのに今はない状態であれば、薄毛の兆候である可能性もあります。

おでこに産毛がない場合と薄毛の関係については下記の記事もご参考になさってください。

おでこの生え際に産毛がないとハゲの可能性もある、今からやるべき対策
おでこに産毛がないとハゲなのかについて解説しています。産毛がない場合はハゲないためにはどんな対策が必要なのかも合わせてまとめています。

生え際の産毛を伸ばす&生やす方法

対策方法としては、セルフケアと病院での治療の2つがあります。

産毛を伸ばす手助けをする

産毛の状態が気なりだした初期段階であれば、まだ育毛剤などのでセルフケアが有効な時期と言えます。

特に産毛が伸びないと悩んでいる人は、毛を伸ばすケアを生活に取り入れていきましょう。

食生活の見直しや、シャンプーの変更を行い髪が育ちやすい頭皮に改善していきます。頭皮が髪を育てられる環境になれば、今よりも髪を成長させることにもつながります。

さらに髪を育てる効果のある育毛剤を使うと、産毛の成長を助けてくれます。髪を丈夫に育て、抜け毛を予防するのが育毛剤の効果ですから、産毛を育てつつ抜け落ちることを防いでくれます。

シャンプーや育毛剤など髪を育てるヘアケア用品を積極的に取り入れて、産毛を育てていきましょう。

AGAの可能性があるのなら病院で治療

  • 生え際の産毛がいつまでの伸びない
  • おでこが以前より広くなった
  • 生え際の毛が細くて柔らかい

という男性の方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

AGAの症状により、生え際の産毛がいつまでも伸びずにいると考えられ、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほど生え際が後退してしまいます。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分の生え際の症状に合わせたAGA治療ができる

などがあります。

AGAを発症しているとセルフケアでは、すでにハゲてしまったおでこから毛を生やすことはできず症状の改善も難しいです。

ですので、あなたが

  • おでこからハゲてきた
  • 頭皮が目立ってハゲに見える
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、今以上に生え際を後退させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に自分の髪の状態を確認することから始めていきましょう。

AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

※生え際の後退が気にならない人は確認する必要はありません

 

産毛が伸びないのはハゲの可能性が高い

産毛が伸びない理由は、ヘアサイクルの乱れ・髪の栄養不足が考えられます。

髪の栄養不足が原因ならば、シャンプーの変更や育毛剤の使用などのセルフケアで髪を育てるケアをおこなっていきましょう。

ヘアサイクルの乱れが原因ならば、まずはAGAの発症の有無を調べてください。

AGAであるかどうかで、取るべき対策は違い、発症していればハゲの症状は進んでしまいます。

生え際にハゲの症状がでやすいのはAGAの特徴でもありますので、生え際から薄毛の傾向を感じているのならば、一度薄毛専門のクリニックで発症の有無を判断してもらいましょう。

いつまでも産毛が伸びないと感じているのならば、いずれは産毛すら生えてこなくなることもあり得ますので、早々に薄毛対策に動き出していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました