コーヒーをやめたら薄毛にどんな影響が?髪には良いことばかり?!

コーヒーを飲むと、髪にどんな影響があるのかを解説しています。

コーヒーを飲んでいると「抜け毛が増えたような・・・」「ハゲてきたような気がする」と気になりだしている人は、ぜひご参考になさってください。

コーヒーをやめたら髪はどうなる?メリットとデメリット

  • コーヒーが好きだが髪に悪影響があるのではと気になっている
  • 抜け毛が増えたのはコーヒーのせいではと不安
  • ハゲることもイヤだがコーヒーも飲みたい

コーヒーが好きで飲みたいけれど、ハゲにはなりたくない、と悩みがありませんか?コーヒーが髪に与える影響は悪いものばかりではありません。

【メリット】髪へ与える良い理由

  • 血流を良くする
  • 薄毛の原因物質(DHT)を排出

頭皮への血行も促進される

コーヒーに含まれるカフェインやポリフェノールの作用により、頭皮の血行が良くなると考えられます。

血行が良くなると、髪の成長に必要な栄養素が行き渡るので、薄毛対策にも繋がります。

薄毛の原因物質(DHT)を排出

コーヒーを飲むと、薄毛を招く物質「DHT」がカフェインの利尿作用によって体外に排出されます。

薄毛の原因物質が体外に排出されることで、薄毛対策になります。

【デメリット】髪へ与える悪い理由

  • 睡眠不足を招く
  • 亜鉛の吸収を阻害

睡眠不足は薄毛の原因

カフェインには覚醒作用があるため、飲む時間によっては睡眠の妨げになります。

寝不足は、成長ホルモンの分泌の減少にもつながり、髪の成長にも影響がでます。

亜鉛の吸収が阻害される

コーヒーに含まれるカフェインやタンニンは「亜鉛」の吸収を阻害します。亜鉛は、育毛には欠かせない成分の一つです。

亜鉛は吸収しづらい栄養素でもあるので、コーヒーを飲むことでさらに吸収が少なくなってしまいます。

薄毛が気になったまま放置しておくとマズイ状況に進む

  • コーヒー断ちをしても薄毛はどんどん進行していく
  • コーヒーをやめたことがストレスとなりイライラすることが増える
  • 髪が気になり仕事にもプライベートにも集中できない

コーヒーが髪へ与える影響を心配して、コーヒー断ちをしても薄毛は進行していきます。

薄毛になる原因はコーヒーだけでなく、他の要素からもハゲになっていきますから、コーヒーをやめるだけでは、薄毛の進行を止めるのは難しいです。

それどころか、コーヒーを飲めないことでイライラしてストレスが溜まることで、ますます薄毛が加速していきます。

髪のことが気になり、仕事に集中できずに失敗ばかり、プライベートも心から楽しめずストレスが溜まっていき、ますます薄毛の進行スピードが上がってしまいます。

薄毛の状態が気になりだしたのなら、コーヒーを止めるよりも育毛剤などで薄毛対策をした方が効果はでます。

コーヒー断ちしなくても飲み方を工夫したらOK

コーヒーを飲む量を決める

1日に2~3杯程度ならば、薄毛対策のためにコーヒー断ちする必要はありません。

カフェインの1日の目安の摂取量は、健康な成人で最大400 mg/日とされています。だいたいの目安として、コップ(約200ml)で約3杯のコーヒーの分量です。

ただし、コーヒーによって含まれるカフェイン量は違いますので、きちんと確認はしておきましょう。

コーヒーの飲む時間を考える

就寝前にコーヒーを飲むと、寝付きが悪くなり睡眠不足に繋がり、質の良い睡眠でないと髪の成長も悪くなります。

髪に必要な成長ホルモンは寝ているときに分泌されますから、夜にコーヒーを飲むのは控えましょう。

カフェインの影響は体内で3~4時間は持続するとされていますので、就寝4時間前にはコーヒーを飲まないようにしてください。

コーヒーを飲みたいのならデカフェに変更

飲む量を気にせずにコーヒーを飲みたいのなら、ノンカフェインやデカフェのコーヒーに変更するのもおすすめです。

最近では、香味を損なわない超臨界二酸化炭素抽出法によりカフェイン除去しているデカフェもありますので、コーヒー好きの人でも美味しく飲むことができます。

コーヒーをやめるより薄毛対策をした方が効果的

コーヒーでの髪への影響は微々たるものです。コーヒーでの影響を気にするよりも、今確実に起きている薄毛に対して対策をしないと、ハゲの進行は止まりにくいです。

ハゲの初期段階ならセルフケア

薄毛の状態が気になりだした初期段階であれば、育毛剤などのセルフケアで対策をしていきましょう。

育毛剤であれば、今ある髪を強く育てることができます。髪が強くなれば毛の寿命も伸び、抜けにくい髪になりますので将来的なハゲ対策につながります。

ハゲ対策として育毛剤を使用するのなら、抜け毛予防や育毛促進に特化した育毛剤を選んでケアしていきましょう。

また、育毛剤などのセルフケアは早期に対策をするほど効果も発揮されやすいです。まだ守り育てる毛が残っている今の段階から育毛剤で毛を開始しましょう。

すでにハゲているのなら病院

すでにハゲの状態になり、髪の毛が生えてきていないのなら病院での治療を検討してください。

特に男性の方であれば、すでにAGAを発症している可能性もありますので、ハゲの傾向を感じているのなら早期に薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断してもらいましょう。

すでにハゲている部分から毛を生やすセルフケアでは難しく、ハゲたくないのであればクリニックで治療を開始しなくてはハゲは進行していきます。

【まとめ】コーヒー断ちするよりも確実な対策をやらないとダメ

コーヒーを1日2~3杯飲む程度なら、髪への影響は心配しなくても大丈夫です。あなたがコーヒー断ちをすることで、薄毛対策をしようとしているのなら、効果は期待するほどではないでしょう。

今あなたが、自分の髪の状態が気になっているのならコーヒーをやめる以外の違う対策をしなくてはいけません。まだ何も薄毛対策を行っていないのなら、まずは育毛剤でのケアは始めていきましょう。

育毛剤でのケアを開始しないと、どんどん薄毛は進んでいく可能性はあります。気がついたときは、すっかりハゲてしまっていたなんて状態にならないためにも、できるケアから始めないといってください。

タイトルとURLをコピーしました