おでこの広さは男だと何cmだとセーフ?危険な面積は7cm以上

おでこの広さで、ハゲかどうかを判断する明確な基準はありませんが「7cm以上」あれば、おでこは平均よりも広いと言えます。

しかし、生まれつきおでこの広い人もいるため、広さだけでは正確には判断できません。おでこの広さに加えて、生え際の毛と抜け毛の状態からも判断していく必要があります。

生え際と抜け毛が細くて短い場合は、毛が成長しきれていないと考えられ、薄毛の傾向があると判断できます。今の時点から早期に薄毛対策を行わないと、おでこがますます広くなる可能性も高いです。

早期に薄毛対策を行うメリットとしては、

  • おでこが今以上に広くなることを防ぐ
  • 髪を丈夫に育てることで、おでこの抜け毛が減る
  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい

などがあります。ですから、

  • おでこが広すぎてハゲていくのか不安
  • 生え際が後退してきた
  • ハゲにはなりたくない

などで悩んでいるのなら、おでこが7cm以内の広さなどには関係なく薄毛対策を開始しましょう。

\7cm以内だからと安心してはいけません/

※おでこを広くしない対策を開始しましょう

 

男のおでこの広さを判断する基準

  • 7センチ以上の広さ
  • 指4本以上の広さ
  • 顔の3分の1以上の広さ

おでこの広さだけで、ハゲがどうかを確認する明確な基準は実はありませんが、目安としては上記の3つがあります。

おでこの広さが7センチ以上を基準に

日本人のおでこの広さの平均は約6センチとされていますから、おでこの広さが7センチ以上あれば、日本人の平均よりもおでこが広いです。

指4本以上入れば危険な広さ

眉毛の上から生え際まで指が4本以上入れば、人よりもおでこが広いです。指4本が基準となる理由は、小指から人差し指までの長さが約6センチであることから、簡単に判別できる方法となっています。

顔の3分の1以上の広さがあれば大きい

おでこの広さの平均は顔の3分の1程度とされていますので、実際に自分の顔の大きさを測って判断してみましょう。3分の1以上の広さがあれば、日本人の平均よりも大きいと判断できます。

おでこの広さだけではハゲと判断はできない

おでこの広さが平均よりも大きいかどうかは、ある程度は判断はできます。ですが、生まれつきおでこが広い人もいますので、基準の数値だけでは、ハゲであるのかどうかの判断はできません。

例えおでこの広さが7センチある人でもハゲであるとは言えず、逆におでこが狭い人でもハゲの人はいます。正確にハゲであるか判断するのなら、おでこの広さ以外からも判断していかないといけません。

生え際の毛の状態からハゲかどうかを判断

おでこの生え際の毛の状態が細くて短い毛が多い場合は、薄毛の傾向があるといえます。細くて短い毛は、太く長く成長できない髪と考えられ、生え際の髪に多く見られる場合は成長できない髪となっている可能性が高いです。

細い毛は軽度の刺激でも簡単に抜け落ちてしまうため生え際が後退しやすくなるため、薄毛の傾向があるのならハゲ対策を行わないといけません。

抜け毛の状態からも確認してみよう

シャンプー時などに、細くて短い抜け毛ばかりが抜け落ちているのなら要注意です。髪が太くなる前、つまり本来の寿命を迎える前に抜けてしまっています。

ハゲの症状から、髪が成長できないまま抜け落ちている可能性がありますので、放置していると薄毛は進行してしまいますので、薄毛対策を

生まれつきおでこが広い人でも要注意

もともとおでこが広い人であれば、7センチ以上の広さがあっても必要以上に心配をすることはありません。もともとおでこが広いからといって、ハゲやすいわけでないからです。

おでこが広い分ハゲたら一気にハゲる

おでこがもともと広い人は、少し生え際が後退するだけでも、よりハゲたと感じやすく「一気にハゲた」と自分でも思いやすいです。

また、一般的なおでこの広さの人と同じ程度はげたとしても、見た目の印象はおでこが広い人の方が「はげ」として印象付けられてしまいます。

元のおでこから広くなっていないかは随時確認を

もともとのおでこから広くなっていないか、生え際は後退していないかの確認は随時していきましょう。おでこか広い分、ハゲにも見られやすいですので、他の人よりも早め早めに薄毛対策を行わないといけません。

おでこを前髪でカバーするのはいつか限界がくる

おでこが広いことを、前髪や髪型で隠そうとする人も多いです。確かに、おでこが目立たなくなる髪型もあります。ですが、ハゲが進行し、おでこが今よりも広くなっていくと、いつかは前髪や髪型では隠しきれなくなります。

そうなるまえに、根本的におでこが広くなることを止めなければなりません。おでこの広さが気にならない髪型でごまかしつつ、おでこを広くしない対策を同時に行っていきましょう。

\いずれは髪型ではごまかせなくなる/

※髪型でごまかしつつ薄毛対策も開始しましょう

 

おでこをカバーする髪型は美容師さんに相談

おでこを目立たなくするヘアスタイルや、おでこの広さを利用したヘアスタイルも多くあります。自分ではなかなかセットできない場合は、美容師さんに相談してみましょう。

自分の髪質やおでこに合わせたヘアスタイルを提案してくれます。ただし、ヘアスタイルだけではおでおこの広さは変わりませんので、合わせて薄毛対策も行っていってください。

おでこの広さを気にならなくなると、おでこを隠すヘアスタイルから女性にモテるヘアスタイルにも挑戦できるようになりますよ。

今以上におでこを広くしないための対策

  • 病院での治療
  • 自宅でのセルフケア

すでにハゲているのなら病院で治療

おでこの状態が、すでにハゲてしまっている場合は病院での治療を検討してください。育毛剤などのセルフケアでは、すでにハゲてしまったところから毛を生やすことはできません。

薄毛専門の病院で医師から診断してもらい、薬による適切な処置をしていきましょう。保険適用外となり金銭的負担や、定期的な通院は必要となりますが、薄毛対策としては効果が高いです。

まだ毛が残っているのならセルフケア

おでこか広くなってきたかな?と自覚し始めたころであれば、セルフケアでの対策から行っていきましょう。薄毛になりつつある原因を改善しないと、根本的な改善はできません。

生活習慣の見直し

薄毛は、食生活、睡眠、ストレスなどの生活面の習慣が要因ともなっています。バランスの取れた食事、質の良い睡眠、ストレスのない生活を心がけるだけでも、薄毛対策となります。

例え、病院で薄毛治療を行ったとしても、生活面の習慣を改善しなければハゲの原因はなくなりません。全ての生活面を改善させることは難しいですが、できるところからでも始めていきましょう。

シャンプーと育毛剤でのケア

髪を育て抜け毛を予防するには、土台である頭皮環境を整えなければいけません。簡単に取り組める方法としては、シャンプーの変更があります。

頭皮に負担なく洗え、育毛成分などを使用しているシャンプーに変更し頭皮環境を改善していきましょう。例え育毛系のシャンプーであっても、シャンプーだけでは対策としては弱いですので、併用して育毛剤を使用して直接髪を育てていきましょう。

育毛剤には、髪を育て強くすることで抜け毛を予防する働きがありますので、おでこの毛も育てていくことができます。

結局はおでこの広さだけでハゲかは判断はできない

おでこの広さだけでは、自分がハゲているのかどうかは判断はできません。例えおでこの広さが7センチ以上あったとしても、もともとのおでこが広いのであれば、そこまで心配する必要はありません。

正確に判断したいのであれば、生え際の毛と抜け毛の状態が細くて短くないのかを確認して、ハゲの傾向があるのか判断しましょう。

ハゲの傾向を感じたのなら、おでこの広さに関わらず、薄毛対策を開始してください。ハゲの症状でおでこが広くなっているのならば、何の対策もしないでいると、どんどんとおでこは広くなっていきます。

おでこからハゲたくないと思っているのなら、早めに対策を開始してくださいね。

\おでこは広くなってきたと感じている人へ/

※薄毛対策を本気でしたい人だけが確認してください

 

タイトルとURLをコピーしました