将来禿げる人の髪質はある?どんな毛質だって禿げるときは禿げる

将来禿げる人の髪質は厳密にはありません。太い髪質、細い髪質など関係なく禿げるときは禿げますし、禿げないときは禿げません。

一方、

  • 以前より髪が細く変化した
  • 髪にコシがなくなってボリュームがない
  • 髪がスカスカになってきた

と、元々の髪質から変化してきたのなら、すでに禿げになっている可能性があります。

特に男性であれば、AGA(男性型脱毛症)の発症も疑われますので、早期にうちにAGAの発症の有無を薄毛専門のクリニックで確認していきましょう。

なぜなら、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • AGAであれば医学的根拠のある治療を受けられる
  • 太く抜けない髪にする治療がある

などのメリットがあるからです。

AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

ですので、あなたが、

  • 自分の髪質では将来禿げるのではと不安
  • 昔と髪質が変わってきた
  • ハゲにはなりたくない

と悩んでいるのなら、髪質の変化を感じた今の時点から薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪質を相談することから始めていきましょう。

\髪質が変わり、すでにハゲてきている人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知ることが大事です

 

将来禿げる人の髪質について

将来、絶対に禿げる髪質はありません。

元々の髪質が細い人や太い人であっても関係なく禿げるときは禿げます。髪質が柔らかい人でも剛毛で毛が硬い人、くせ毛の人でも関係ありません。

ですが、昔は髪が太かったのに今は細くなった人、剛毛だったけど髪が柔らかくなった人など髪質が変化しているのなら要注意です。

薄毛が原因で髪質が変わってきた可能性があります。

つまり生まれつきの髪質は禿げる禿げないに関係はなく、大人になってから変化した髪質によっては「禿げる髪質」と言えます。

ハゲに見えやすい髪質。髪が太い・細いだけでも見た目は変わる

日本人の髪に太さの平均は0.07mmです。太い髪質の人で0.15mm、細い人で0.05mmあります。

髪が太い人と細い人が、髪の毛の本数が全く同じであっても、見た目からは髪が太い人の方がフサフサに見えます。

細い毛の人は、髪がスカスカで頭皮が透けやすいため禿げに見えることもあります。

髪の太さだけでも見た目から禿げ具合の印象も変わってきますので、髪質が太い方が禿げには見えにくく、細い方がハゲに見えやすいです。

髪質が細いと禿げるは半分は本当

生まれつき髪質が細い人で、髪にコシがあるのならハゲの心配はそこまでする必要はありません。

昔の髪質と較べて、髪がさらに細くなっているのなら要注意です。薄毛の症状により、毛に栄養が行き渡らず髪が太く成長できずにいるためと考えられます。

髪質が細いから禿げるのではなく、髪質がさらに細く変化したため禿げるのです。

髪が細いと見た目からもハゲと見られやすいため、ほんの少しに抜け毛でも進行が早く感じやすいのも特徴です。

剛毛だからハゲないわけではない

太い髪は、十分に栄養が行き渡りしっかりと成長できている証拠でもあり、外部から刺激にも強いため髪も抜けにくいです。

太い髪質の人は、細い人に比べても禿げにくい髪質であると言えます。しかし、髪質が太い人が絶対に禿げないということではありません。

以前は髪質が太かったのに、細くなったのなら薄毛になっている可能性があります。

太い髪質だからと安心しないで、禿げないためにも髪質が変化していないかをチェックしていきましょう。

禿げやすいひとの特徴と原因

  • 剛毛の人
  • 髪が細い人
  • 髪質が変化した人
  • 禿げの心配をしすぎの人

剛毛の人

剛毛の髪質だから禿げやすいというわけではなく、剛毛の人はヘアケアや薄毛対策に関心が薄いため禿げやすいといえます。

剛毛だから禿げるわけがないと安心して、シャンプー選びや洗い方、自分の髪質の変化を無視した結果、薄毛が進んでいる人も多いです。

禿げた人の中で「昔は剛毛だったのに」と嘆く人も多いですが、自分で変化に気が付かなかった結果であるともいえます。

髪が細い人

髪が細い人は、さらに髪が細くなると見た目からも、実際の毛の抜けやすさからも禿げる可能性が高いです。

細い髪は外部からの刺激に弱く簡単に抜け落ちやすくなります。また、見た目からも髪がスカスカに見えやすく、周りからの印象も「はげ」で定着しやすいです。

特にもともと髪が細い人は、禿げになると一気に禿げたように見えるため、普通の髪質の人よりも早期に対策をしておきましょう。

髪質が変化した人

髪質が変化する時期は、幼少期・思春期・20代後半から30代以降の3回あるとされています。

20代以降に髪質が細く柔らかく変化したのなら、禿げやすい髪質になったとも言えます。

髪質が変化する時期に関しては、下記の記事もご参考になさってください。

髪質が変わる時期は人生で3回!年齢に応じた対処方法
髪質が変わる時期について解説しています。年齢に応じた対応策などを知ってケアを始めていきましょう。

禿げの心配をしすぎの人

自分の髪質では将来禿げてしまうのでないかと心配しすぎてストレスを感じていると、ストレス自体がハゲの原因となってしまいます。

ストレスがかかると自立神経が乱れがちになる上、頭皮の血行も悪くなってしまいます。頭皮の血行が悪くなると、毛が太く成長できなくなるため薄毛へとつながっていきます。

また、ストレス性の不眠に陥ると、ますます薄毛の原因ともなりハゲが進行してしまいます。

AGA(男性型脱毛症)の発症している人

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、髪質は細く変化し抜け毛が増えハゲが進行していきます。

AGAは進行性の脱毛症ですので、セルフケアでの改善は難しく、症状の改善のためにはクリックなどで治療を行なわないといけません。

禿げやすい髪質になったときの対策

髪が太い人が細くなる、硬い髪の人が柔らかい髪になるなど、髪質が変化してきたのなら薄毛になっている可能性があります。

ハゲの症状により髪に栄養が行き渡らず、髪質が細く柔らかく変化したと考えられ、何も対策しないでいると薄毛は進行しますので、今から薄毛対策を行っていきましょう。

頭皮マッサージ、シャンプーの変更、育毛剤の使用、薄毛専門のクリニックでの治療などの対策があります。

AGAでなければセルフケアで対策

AGAを発症していない段階であれば、シャンプーの変更や育毛剤などのセルフケアでの対策が有効です。

一般的なシャンプーから、頭皮環境の改善もできるアミノ酸系のシャンプーに変更しましょう。頭皮環境を改善するだけでも、薄毛対策につながります。

また、育毛剤で、髪を太く強く丈夫にし抜けにくい髪に育てていきましょう。

同時に、生活面の改善(食事・睡眠・ストレスなど)を行い、薄毛の原因を作らないようにしていきましょう。

髪の成長ホルモンは寝ているときに分泌されるため、特に睡眠時間を確保するように努めてください。

AGAであれば治療を開始

  • 前より髪が細くなってきた
  • 頭皮が透けてハゲに見える
  • 髪のボリュームがなくなった

という方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 太く抜けない髪にする治療がある

などがあります。

ですので、あなたが

  • ハゲそうな髪質になって不安
  • すでにハゲかけてきている
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、ハゲを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪質を相談することから始めていきましょう。

\髪質からハゲそうで不安な人へ/

※AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

 

髪質が変化してきたのなら薄毛対策をスタート

生まれつきの髪質では、将来禿げる禿げないは決まりません。髪質が細い人でも太い人、柔らかい人でも硬い人でも禿げることはありますし、禿げないこともあります。

将来禿げる髪質として言えるのは、もともとの髪質から細く柔らかく変化した場合です。

太い毛の人が細く変化した、元々細い人がさらに細く変化したなど、以前の髪質から変化してきたのなら要注意。すでに薄毛になっている可能性があります。

髪質に変化を感じた時点から、薄毛対策を開始しましょう。

まだ、AGAを発症してないのであれば育毛剤などのセルフケアで対策をしてください。AGAを発症しているのであれば、薄毛専門のクリニックで治療を開始しましょう。

髪質の変化に気づきながらも放置していると、気がついたときには手遅れになる場合もあります。

後から後悔することがないように、今から禿げないための対策を行っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました