髪が伸びるの遅くなった人は薄毛の可能性も。抜け毛も増えているのなら要注意

髪が伸びるのが遅くなったことで考えられる原因や早く伸ばす対策などについて解説しています。

髪が伸びるの遅くなったと感じる理由

  • 1日→約0.3mm
  • 1週間→約2mm
  • 1ヶ月→約1cm
  • 6ヶ月→約6cm
  • 1年→約12cm

伸びる速さには個人差がありますが、大きくは変わりません。1日で1cm伸びる人がいるとは考えにくく、基本的には上記のスピードで髪は伸びていきます。

髪が伸びるのが早い人がいるのではなく、髪が伸びるのが遅くなったため、他の人の伸びるスピードが早いと感じてしまうのです。

髪が伸びるスピードが遅くなった原因次第では、薄毛になっている可能性もあります。

伸びる人と伸びない人との違い

  • 年齢
  • 生活環境
  • 性別

性別だと女性の方が早く伸びる

髪の毛は、男性よりも女性の方が若干早く髪の毛は伸びます。女性ホルモンの関係、髪のキューティクルが女性の方が強いなどの理由からです。

生活環境の違い

食べている食事内容、睡眠の質によっても、髪が伸びることへ影響を及ぼします。

髪の成長に必要な栄養を摂取できていない、髪に悪影響のある食事を摂りすぎている人は、栄養バランスの優れた食事をしている人よりは、髪が伸びづらくなります。

また、髪の成長ホルモンは就寝中に分泌されるため、睡眠をきちんと取れている人と睡眠不足の人では髪の成長にも違いがあります。

さらに、ストレスがある人とない人でも、髪が伸びる早さに違いがあります。

どの違いにしても、髪の栄養不足が原因で髪が伸びるスピードに悪影響を及ぼしています。

年齢の違い

髪は成長期・退行期・休止期のヘアサイクルを経て、髪が生えて伸び・抜けていきます。

年齢を重ねると、ヘアサイクルの期間に乱れが生じやすく髪が伸びるのが遅くなっていきます。

また、年齢が上がるに連れ、髪質にも変化がおき、髪が細くなると簡単に抜け落ちやすくなります。

若いころよりも髪が伸びるのが遅くなったと感じているのであれば、ヘアサイクルに乱れが生じている可能性があります。

前髪やつむじの毛が伸びないなら薄毛の可能性

昔と比べて髪が伸びるのが遅くなり、髪質も細く柔らかく変化しているのであれば、薄毛になっている可能性もあります。

薄毛の症状により、髪が伸びなくなっているとも考えられます。

特に前髪やつむじ周辺の髪が伸びるのが遅くなったと感じているのであれば、AGA(男性型脱毛症)を発症している可能性もあります。

髪の毛が伸びるの遅い原因

髪の毛が伸びるのが遅くなる原因は複数ありますが、共通していることは「髪への栄養不足」です。

  • 睡眠不足・質の悪い睡眠
  • 偏った食事内容
  • ストレス
  • 過激なダイエット

などは、頭皮の血行が悪くさせ、髪に十分な栄養を運べなくなり、髪の成長を遅くさせてしまいます。

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)やFAGA(女性型脱毛症)を発症すると、ヘアサイクルの期間に乱れが生じるため髪が伸びるスピードも遅くなります。

AGAなどは進行性の脱毛症ですので、セルフケアなどでは症状の改善はできません。放置していると髪が伸びないだけでなく、髪が細くなり抜け毛が増えて、いずれはハゲの状態になっていきます。

なお、AGAの対策については後述する【AGAならば髪が伸びないだけでなくハゲていく】もご参考になさってください。

髪を早く伸ばす方法

髪を伸びる本来のスピードを超えては早く伸ばすことは基本できません。

髪を早く伸ばしたいのなら、遅くなったスピードを元に戻す方法を取っていきましょう。

生活環境の改善

  • 食生活の見直し
  • 睡眠時間の確保
  • ストレス発散

食生活の見直し

揚げ物やファーストフード、ジャンクフードなどの脂質の多い食事が多いと皮脂の分泌が増加し、頭皮の毛穴詰まりや汚れの原因となります。

頭皮が皮脂で詰まると、髪に栄養をうまく運べず髪が栄養不足となり、髪が伸びるスピードも落ちてしまいます。

脂質の多い食事を控え、タンパク質・亜鉛・ビタミンを多く含んだ食事を心がけていきましょう。

サプリの併用もあり

生活環境の見直しをしつつ、髪の成長を助けるためにサプリメントの併用もおすすめです。

髪を伸ばすために必要な栄養を毎日欠かさずに食事だけで摂取することは難しいため、サプリなどをうまく利用していきましょう。

睡眠時間の確保

髪の成長ホルモンは就寝中に分泌されますので、睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌が減少し、髪が伸びにくくなります。

成長ホルモンは就寝後、約6時間は分泌され続けますので、最低でも6時間は睡眠時間を取るようにしましょう。

ストレス発散

ストレスを感じると自律神経が乱れがちとなり頭皮の血行が悪くなることで、髪の成長にも悪影響を及ぼします。

また、ストレスから不眠に陥る・精神的な病気にもなると、さらに髪の成長に悪影響を及ぼしてしまいます。

全てのストレスをなくすのは難しいですが、気分がリフレッシュできることを見つけてストレス発散につなげていきましょう。

AGAならば髪が伸びないだけでなくハゲていく

  • 髪が伸びるのが昔より遅くなった
  • 前髪・つむじの毛が伸びなくなった
  • 髪質が細く柔らかくなってきた

という男性の方であれば、すでにAGAを発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックで自分の髪の状態を確認してもらいましょう。

AGAは進行性の脱毛症ですので、セルフケアなどでは症状は改善できす、放置していると、髪が伸びないだけで留まらず、抜け毛が増加しいずれはハゲの状態になってしまいます。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとして

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • AGAであっても医学的根拠のある治療ができる
  • 症状に合わせた自分だけのAGA治療が行える

などがあります。

ですので、あなたが

  • 髪が伸びないだけじゃなく抜け毛も増えている
  • 髪が細くて頭皮が目立つ
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのなら、今以上にハゲないためにも薄毛対策に動き出していきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に自分の髪の状態を相談することから始めてくださいね。

\髪が伸びないだけでなくハゲの傾向もある人へ/

※ハゲが気にならない人は確認する必要はありません

 

髪が伸びるのが遅くなったときが対策のスタート

髪が伸びるのが遅くなった原因は複数ありますが、共通しているのは髪への栄養不足です。

生活習慣の乱れ、睡眠不足などは頭皮の血行を悪くし、髪へ上手く栄養を運べなくなります。髪が栄養不足に陥ると、髪を成長できずに伸びるスピードも遅くなるためです。

生活面の見直しや、睡眠時間の確保、ストレス発散などを心がけていきましょう。
a
もし、髪が伸びるのが遅くなった原因がAGAの発症であるのなら、放置しておくと薄毛は進行していきます。

AGAはセルフケアなどの対策で改善はできないため、ハゲたくないのであれば早期のうちに薄毛専門のクリニックで対策を開始いしなくてはいけません。

今ではオンラインからでも無料相談ができるクリニックもありますので、薄毛の傾向を感じている人であれば、まずは気楽に自分の髪の状態を相談することから始めていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました