地肌が見える男性はハゲなのかを確認!原因を知って対策しないとヤバイ

地肌が見える男性はハゲなのかを確認方法や、原因・対策などについて解説しています。

地肌が見える男性がハゲなのかの確認方法

地肌が見えるからといって、必ずしもハゲになっているとは限りません。まずは自己確認できる方法からチェックしてください。

  • 前髪(前頭部)
  • つむじ(頭頂部)
  • 分け目

特に地肌が見えやすい上記の部分を中心に確認していきましょう。

強い光・照明が当たらなくても透けているか?

太陽光や照明などんの強い光の下では、光が髪の奥まで届くため地肌が透けて見えやすいです。強い光の下だけで地肌が見えるのであれば、心配する必要はありません。

曇り空、自然の光の下でも地肌が透けて見えるのであれば、髪が細い・髪の量が少ないために、弱い光でも地肌まで光が届いていると考えられ、薄毛の傾向があります。

髪をカットした直後でないか?

美容院などで髪を短く切った直後であれば、髪に隙間ができやすくなっているため頭皮も透けやすくなります。

髪の長さが伸びてくれば、地肌も目立たくなりますので心配はいりません。髪が伸びても地肌が目立ったままであれば、薄毛になっていると考えられます。

以前は地肌は透けていなかったか?

昔は地肌が透けて見えなかったのに最近になって頭皮が目立つようになっているのであれば要注意です。

抜け毛の量が増えて髪全体のボリュームがなくなった、髪が細くなったためボリューム感が失われたためと考えられます。

もともと髪が細いために地肌が見えていたのなら問題ありませんが、以前よりも地肌の見え方が大きくなってきたのなら、薄毛が進行したためと考えられます。

抜け毛の状態が細く短くないか?

自分の抜け毛が細く短いものが多くないのかを確認してください。本来なら太く長く成長するはずの毛が成長しきれずに、細く短いまま抜けていると考えられます。

加齢やAGA(男性型脱毛症)などの原因から薄毛になっている可能性があります。

前髪・つむじ(頭頂部)・分け目が透けていないか?

地肌が透ける場所が、前髪・つむじ(頭頂部)・分け目である場合、男性であればAGA(男性型脱毛症)、女性であればFAGA(女性型脱毛症)やびまん性脱毛症などを発症している可能性があります。

AGAは、前髪(生え際)、つむじ(頭頂部)にハゲの症状が出やすい特徴があり、FAGAやびまん性脱毛症は、髪全体が薄くなるので分け目が目立っていきます。

地肌が透ける原因が脱毛症であれば、セルフケアでの対策では改善できませんので、早期に対策を行わないと症状は進行します。

地肌が見えるようになる原因

地肌が見えるようになる原因は1つだけではありません。

髪が細くなった

男性であれば20代以降、女性であれば30代後半から歳を取るごとに髪は細くなっていきます。

髪が細くなると、外部の刺激に弱くなるため、毛も簡単に抜けるようになります。髪と髪の間に隙間ができるため地肌が透けて見えやすいです。

また無理なダイエット・睡眠不足・ストレスなど生活面の影響でも、髪は細くなります。髪が細くなる原因を改善しないと、髪はどんどん細くなってしまいます。

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)には、髪が細くなる症状があります。AGAは進行性の脱毛症ですので、治療を開始しないと薄毛は進行していきます。

AGAは、前髪(生え際)やつむじ(頭頂部)に症状が出やすい特徴があります。ですので、地肌が透けて見える場所が前髪やつむじであるのなら、すでにAGAを発症している可能性もあります。

AGAは進行性の脱毛症ですので、放置していると地肌が見えるだけの状態から症状が進みハゲの状態になってしまいますので、ハゲたくないのであれば早期に治療を開始してください。

AGAへの対策については後述する【AGAならば治療しないと改善できない】もご参考になさってください。

女性の場合

女性でも男性でも地肌が透けて見える原因の多くは変わりません。

ですが、女性で多く見られる原因に「びまん性脱毛症」があります。女性ホルモンのバランスや加齢が主に発症する脱毛症の一種です。

頭皮の一部が薄くなるのではなく髪全体のボリュームが失われていくのが特徴があります。

分け目の地肌が見えるようになった女性は、髪全体が細くなったためボリュームが保てなくなったためと考えられます。

びまん性脱毛症であれば、セルフケアでの対策では症状は改善できず、放置していると症状は進行してしまいますので、ハゲたくないのであればクリニックでの治療を開始してください。

オンラインからもで診察を行っているクリニックもありますので、まずは自分の髪の状態を相談してみましょう。

男性と女性ではハゲになる原因も違いますから、クリニックを選ぶ際は女性専用のクリニックを選んで下さい。

地肌を見えなくする対策

ヘアスタイルで一時的に隠す

ヘアスタイルを工夫して地肌を目立たなくする方法があります。

前髪やつむじなど地肌が見える場所が人によって違いますから、美容師さんに相談することがおすすめです。

ただし、髪型で隠す方法はあくまでも一時的に誤魔化しているにすぎません。薄毛が進行してしまうと、いずれは髪型では誤魔化せなくなりますので、根本的な薄毛対策も同時に行っていきましょう。

セルフケアで髪を太く育てていく

髪を太く育てていかないと、いつまで経っても髪は細く地肌が見える状態が続きます。

まずは生活面の見直し

生活面(食生活・睡眠・ストレスなど)が影響して髪が細くなっているのであれば、生活面の見直しから始めましょう。

バランスの取れた食事、質の良い睡眠、適度なストレス解消などから始めてください。

シャンプーの変更

使用するシャンプーをアミノ酸系のシャンプーに変更すると、頭皮への負担を少なくしつつ汚れをしっかりと洗浄できます。

一般的なシャンプーだと洗浄力の高いものが多く、頭皮を乾燥させるなどの負担がかかってしまいます。逆に洗浄力が弱すぎても、毛穴に汚れが詰まることもあり、薄毛の原因となります。

シャンプーの変更だけで髪が生えてくることはありませんが、頭皮環境をシャンプーで改善することで髪が育つ環境になります。

アミノ酸系のシャンプーや、スカルプDなどに代表される育毛シャンプーを使用して、頭皮環境を改善させていきましょう。

育毛剤の使用

髪を強く育て抜け毛を予防する効果がある育毛剤を使用することも、おすすめのセルフケアの1つです。

今以上に髪を細くしないために、育毛剤を使って髪を太く育てていきましょう。

育毛剤には、頭皮環境を整えるタイプ・血行促進タイプなどの種類がありますので、薄毛対策として使うのであれば育毛に特化したタイプの育毛剤を選んでください。

AGAならば治療しないと改善できない

  • 前髪の地肌が透けてスカスカになっている
  • つむじが薄くなってハゲに見える
  • でも、ハゲたくない

という方であれば、ハゲを進行させないためにも薄毛専門のクリニックで治療を開始しましょう。AGAであれば、セルフケアでは改善はできなず放置していると症状は進むだけです。

早期にうちからAGAの治療を開始するメリットとして

  • 早期に対策をするほど効果も発揮されやすい
  • 自分の症状にあわせたAGA治療を受けられる
  • 医学的に根拠のある治療が行える

などがあります。

AGAは生え際や頭頂部に症状がでやすい特徴がありますので、前髪やつむじにハゲの傾向を感じている時点で、すでにAGAを発症している可能性があります。

ですので、あなたが

  • 前髪が後退してきてハゲそうで不安
  • つむじからハゲてきた
  • 自分に効果のあるハゲ対策を行いたい

と悩んでいるのであれば、まずはAGAを発症していないかを自分がAGAを発症していないのかを薄毛専門のクリニックで判断してもらいましょう。

放置していると症状が進むだけですので、ハゲがすっかり進行する前に薄毛対策に動き出してください。

AGAが原因ならばセルフケアでは症状は改善できません

※まずは自分がAGAであるかの判断が大事です

 

地肌が見える男性は原因を特定することが大事

地肌が見える=ハゲではありません。もともと髪が細い人は地肌も見えやすく、髪をカットした直後であれば誰でも地肌が目立ちやすいです。

危険なのは、前は見えていなかったのに最近になり地肌が見えるようになったときです。薄毛が進行し髪が細くなった・抜け毛が増えたためと考えられます。

ほとんどは髪が細くなったことが原因で地肌が透けて見えるようになっていますので、髪を太く育てていかなければいけません。

髪を太くするには、生活面の見直しやシャンプーの変更などのセルフケアと、薄毛専門のクリニックでの治療があります。

どちらの対策を選ぶのかは、自分がAGAを発症しているのかどうかで変わってきますので、まずは自分がAGAを発症しているのかを専門の医師から判断してもらいましょう。

AGAでなければシャンプーの変更などのセルフケアで対策を行い、AGAであれば治療を開始してください。自分の地肌が見える原因を知ることで、適切な薄毛対策を選ぶことができます。

タイトルとURLをコピーしました