「髪の毛が細いとはげる」は半分は嘘。大事なのはいつから細くなったか

髪が生まれつき細くて、薄毛の傾向も感じていないのであればハゲの心配をする必要はありません。

一方、

  • 以前と比べて髪が細くなっている
  • 頭皮が透けてハゲに見えるときがある
  • 生え際やつむじの髪が細くなっている

という男性の方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性があります。

特に以前の髪の太さよりも細くなり、映え秘話やつむじ周辺でハゲの傾向を感じているのなら、早々に薄毛専門のクリニックでAGA発症の判断を行ってもらいましょう。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 太く抜けにくい髪にする治療がある

などがあります。

AGAは進行性の脱毛症ですので放置しているとハゲの症状は進み、最悪の場合、治療効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

ですので、あなたが

  • 髪が細くなってきてハゲそうで不安
  • 周りからハゲだと思われたくない
  • ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、ハゲを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

髪が細くなった悩んでいるだけでは自然と髪が太くなったりはしません。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪の状態を相談することから始めていきましょう。

\髪が細くなりハゲの傾向まで感じている人へ/

※まずは自分がAGAであるかの判断が大事です

 

髪の毛が細いとはげるとは限らない

髪の毛が細いからといって必ずしもハゲるわけではありません。

生まれつき髪が細い人は、毛が細いことが正常であるわけで、細いからといって抜け毛が多くなるとは言えないためです。

日本人の抜け毛の平均は1日約100本とされており、髪質が細い・太いに関係なく一定数は毎日抜け毛があります。

また、日本人の髪の太さの平均は0.07~0.15㎜とされています。ですが、自分の髪の毛を測定するのは難しいですよね。

大事なのは、以前と比べて髪の太さが細くなったのかどうかです。

細い髪でハゲるのかの確認方法

  • 昔は見えていなかった頭皮が透けるようになった
  • 抜け毛が細くて短い毛が多い
  • 抜け毛を横にして持つと下に垂れ下がる

など感じていれば薄毛の傾向があると言えます。

抜け毛の中から、細い毛を選び横に持ってみましょう。丈夫な毛であれば細くてもピンと横になったままキープされます。

しかし、弱って細くなっている毛であれば下に垂れていき、薄毛になっている可能性が高いです。

薄毛の兆候で髪が細くなっているのなら、薄毛対策を行わないと、どんどん髪は細くなり抜けやすくなってしまいます。

髪が細い人はハゲに見られやすい

もともと髪が細いと頭皮が透けやすく、ハゲていないのにハゲてるように見えてしまいます。

普通の髪の太さの人と同じ本数抜けていても、髪が細い分、髪と髪の間に隙間ができやすく頭皮がさらに透けてしまいます。

また、髪が細いと髪が立ちにくくボリュームも出にくいです。今以上に髪が細くなると、髪もペタッとなりボリューム感が出せず、ますますハゲているように見えてしまいます。

髪が細い人は少し抜け毛が増えるだけでも、ハゲに見られやすい傾向があるので、早めに対策を開始しないといけません。

以前よりも髪が細くなった人は要注意

以前よりも髪が細く変化した人は、髪が抜けやすい状態に変化しているとも言える状況です。

細い髪の毛は刺激に弱く、太い髪よりも簡単に抜けやすいため、髪が細いままだと抜け毛の量が増えていく危険性が高いです。

今以上に髪を細くしないためにも、生活習慣の見直しや、シャンプーの変更、育毛剤の使用などの対策を行って髪を太くしていきましょう。

髪が細くなる原因

  • 生活面の乱れ
  • 無理なダイエット
  • 加齢によるもの
  • AGA(男性型脱毛症)の発症

生活面の乱れ

食生活の乱れ・睡眠不足・ストレスなど生活面の乱れがあると、髪が細くなってしまいます。

脂っこい食事が多い・外食が多いと皮脂が過剰に分泌されやすく、毛穴詰まりの原因となります。

髪の成長ホルモンは就寝中に分泌されますので、睡眠不足が続くと髪の成長に悪影響がでます。

ストレスに晒されると自律神経が乱れ頭皮の血行が悪くなり、髪にも栄養が十分に行き渡らなくなります。

どの原因であっても、髪が栄養不足に陥るため、髪が細くなってしまうのです。

無理なダイエット

極端な食事制限のあるダイエット行うと、体だけでなく髪も栄養不足に陥ってしまいます。

髪が栄養不足になると十分に毛が成長できずに細くなっていき、やがては抜け毛へとつながってしまいます。

ダイエットを止めると元に戻ることがほとんどですが、中には髪の細いままとなるパターンもあります。

ダイエットをやめて3ヶ月経っても髪の細さが改善されないのなら、他の原因も考えて対処していきましょう。

ダイエットと薄
毛の関係については下記の記事で詳しく解説していますので、ぜひご参考になさってください。

ダイエットで抜け毛が止まらない男性は必見!いつまでも回復しない場合
ダイエットを終えても抜け毛が止まらない男性の場合で考えられる原因や対策方法について解説しています。

加齢によるもの

歳を重ねるごとに髪は細くなっていき、男性であれば20代をピークに徐々に髪が細くなり、女性であれば30代後半から髪が細くなります。

細い髪は簡単刺激でも抜けやすくなるため、年齢が上がるにつれハゲる危険性も上がっていきます。

また、男性の方が髪が細くなる年齢が早いため、薄毛対策も若いうちから開始しなければいけません。

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、ヘアサイクルの期間に乱れが生じることで髪は細くなり、抜け毛が増えハゲが進行していきます。

AGAの場合、前髪部分・つむじ周辺に症状が出やすい特徴ありますので、前髪やつむじ周辺の髪が細くなってきたと感じているのならAGAの発症も疑われます。

また、AGAは進行性の脱毛症ですので、対策を行わないとハゲは進行してしまいます。

しかし、セルフケアでの改善は難しく、症状の改善のためにはクリックなどで治療を行なわないといけません。

なお、AGA対策については後述する【AGAならば治療しないと改善できない】をご参考になさってください。

髪の毛を太くする方法

まずは生活面を改善しよう

生活習慣を見直し改善させないと、いつまでも髪が細くなる原因が残ったままとなるため、いつまでも髪が太くなることはありません。

食生活の改善や睡眠時間の確保、ストレス発散などをの生活面を見直して改善していきましょう。

育毛剤などで薄毛対策をしたとしても、生活面の改善ができていないと効果も発揮できません。

全ての生活面を改善させることは難しいですが、できる点からでも始めていきましょう。

セルフケアで髪を太くする

髪を太く育てるためには、毛が育つ土台がないと髪は十分に育ちませんので、頭皮環境を改善しないといけません。

頭皮マッサージをして頭皮の血行を改善する、シャンプーを変更して髪が育ちやすい環境作りをする、育毛剤を使用してハゲ予防を行うなどのセルフケアを行っていきましょう。

特に一般的なシャンプーを使用しているのであれば、アミノ酸系のシャンプーに変更するだけでも頭皮環境の改善につながります。

まだAGAを発症していないのであれば、セルフケアでの対策が髪を太くするには有効です。

AGAならば治療しないと改善できない

  • 髪が細くなりハゲの傾向がある
  • 頭皮が透けてハゲに見えるときがある
  • 生え際やつむじの髪が細くなっている

という方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

AGAは生え際やつむじ周辺にハゲの症状がでやすい特徴がありますので、薄毛の傾向を感じているのであれば早期に対策を開始してください。

早いうちからにAGAの対策を行うメリットとしては

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 太く抜けにくい髪にする治療がある

などがあります。

AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

ですので、あなたが

  • 以前よりも髪が細くなってハゲそうで不安
  • 頭皮も透けてハゲに見える
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、今以上に髪を細くしないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪の状態を相談することから始めていきましょう。

AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

※ハゲの傾向がない人は確認する必要はありません

 

髪の毛が細くなったのならハゲやすくなる

髪の毛が細いからといって、必ずしもハゲるわけではありません。

髪の細さからだけでは判断できず、ハゲの兆候であるかは以前の髪の太さと比べて細くなったのかが重要だからです。

髪の毛が以前よりも細くなった、抜け毛の状態が細く短い場合は、薄毛になっている可能性があります。

髪の毛が細いと、少しの刺激でも抜け毛となりやすいため、早めに薄毛対策をしないと抜け毛が増えていきます。

育毛系のシャンプーに変更しつつ、育毛剤の使用などでセルフケアを開始しましょう。

AGAを発症しているのであれば、薄毛専門のクリニックで治療を行わないと症状の改善はできません。

髪の細さが気になりつつも放置していても、髪は自然に太くなったりはしません。今以上に髪が細くなりハゲていかないためにも、今の時点から薄毛対策を開始しましょう。

タイトルとURLをコピーしました