前からはげるときに考えるべき原因。スカスカになる前に対策を開始

前からはげるときに考えられる原因と対策について解説しています。

前からはげるときのハゲの原因

  • 生活面の乱れ
  • 牽引性脱毛症
  • AGA(男性型脱毛症)の発症

生活面の乱れからもハゲる

髪には直接影響はないと思われがちな生活環境ですが、実は薄毛の原因となっています。

脂っこい食事が多い・外食が多いと皮脂が過剰に分泌されやすく、毛穴詰まりの原因となります。

髪の成長ホルモンは就寝中に分泌されますので、睡眠不足が続くと前髪の成長に悪影響がでます。

ストレスに晒されると自律神経が乱れ頭皮の血行が悪くなり、前髪にも栄養が十分に行き渡らなくなります。

牽引性脱毛症の場合

前髪の部分だけに顕著にハゲの傾向が見られる場合、牽引性脱毛症である可能性があります。

牽引性脱毛症は、同じ部分の髪を強く引っ張られることで髪が抜ける脱毛症です。

ポニーテール・お団子などの髪型を続けていると起こりやすく、男性であっても前髪を引っ張られる髪型などをしていると起こります。

短髪よりも長髪で起こることが多いです。

1番よくあるのはAGA(男性型脱毛症)の発症

前からはげるときに考えられる原因はAGA(男性型脱毛症)の発症です。

AGAには前頭部、すなわちおでこの部分から症状がでやすい特徴がありますので「前からハゲてきた」との体感があるのなら、すでにAGAを発症している可能性があります。

本当に自分がAGAを発症しているのかどうかを、早期にうちに判断していかなくてはいけません。

AGAへの対策については後述する【AGAならば治療を開始】もご参考になさってください。

本当にハゲかどうかのチェックポイント

前髪以外もハゲていないかを確認

前髪だけでなく、髪全体で薄毛になっていないかをチェックしてください。

前からはげてきたと感じていても、実は前だけでなく髪全体がはげているパターンもあります。

おでこや生え際の部分は自分で確認しやすく、かつ目立つ部分でもあるため、一度気にしだすと前だけがハゲていると勘違いしやすいです。

ですが、実は前だけがハゲているのではなく、全体的に薄毛になっていることも多いです。

前だけの髪を確認するのではなく、髪全体を確認し薄毛になっていないかを判断しましょう。

生え際の髪の状態から確認

生え際の髪の状態が、細くて柔からかい場合は薄毛になっている可能性があります。

ですので、生え際の毛の状態が、太くてコシもあるのであればハゲの心配は少ないです。

また、生え際に産毛がない・産毛があっても長く伸びない場合も薄毛の可能性があります。

おでこの広さから確認

おでこの広さが6センチ以内、もしくは眉毛の上から指が4本以内であれば、標準のおでこの広さと言っていいでしょう。

おでこの広さからハゲかどうかを確認する方法は、下記の記事もご参考になさってください。

おでこが広い。指4本も入るのはさすがにハゲの証拠?!
おでこに指4本入るとハゲなのかについて解説しています。おでこが広くてハゲの兆候があったときの対策も知っておきましょう。

前からはげたときの対策

  • 髪型などでハゲの部分を隠す
  • セルフケアを開始する
  • AGAならば治療を開始

髪型などでハゲの部分を隠す

前髪がスカスカ状態になっているのが気になるのであれば、髪型を変えてハゲ部分をカバーしていきましょう。

前髪を下ろす髪型にすると逆に頭皮が透けて目立ってしまうこともあり、かき上げショートやブラックショートなど髪に流れを作って、薄い前髪をカバーするヘアスタイルがおすすめです。

どんな髪型をしたら前髪のスカスカが目立たなくなるかは、自分の薄毛具合や髪質によりますので、美容師さんに相談してみてください。

髪のプロですから、あなたに薄毛にあった髪型を提案してくれます。

セルフケアを開始する

前からはげるのを予防するためにはセルフケアの対策がおすすめです。ただし、セルフケアでの対策はあくまでも予防や、進行速度を抑える程度と考えてください。

すでにハゲてしまったところから毛を生やしたり、症状を改善させることは難しいのが現状です。

頭皮マッサージで血行を良くする

髪の抜け毛を予防するには、頭皮の血行が深く関わってきます。ですので、頭皮マッサージをして頭皮のコリをほぐし血行を改善させていきましょう。

シャンプー時や育毛剤を使用したときに、頭皮マッサージを同時に行うのがおすすめです。

注意点としては、力を込めてゴシゴシとやりすぎないこと!逆に頭皮を傷つけてしまいますで、指の腹で優しく揉み込む程度のちから加減で行いましょう。

シャンプーを変更する

使っているシャンプーをアミノ酸系や育毛系のシャンプーに変更し、髪を育てる土台作りをしていきましょう。

洗浄力の高すぎるシャンプーだと頭皮は乾燥し、洗浄力が弱いと汚れを落としきれず、どちらの場合も薄毛の原因に繋がります。

頭皮を乾燥から守りつつも、しっかりと汚れを落とせるシャンプーに変更し頭皮環境が整えていきましょう。

シャンプーの変更で頭皮の環境を改善し、髪が育つ土台作りをすることで他の薄毛対策の効果も高まっていきます。

育毛剤で髪を育てる

育毛剤には、髪を育てることで抜け毛の予防・発毛促進、さらには血行促進の効果がありますので、薄毛対策としては最適なアイテムとなります。

薄毛対策として使うのであれば、育毛や発毛促進に特化した育毛剤を選んでください。

  • 生え際が後退してきた
  • 前髪がスカスカで頭皮が透けて見える
  • 前髪の毛が細くて柔らかくなってきた

という方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほど生え際が後退してしまいます。

早期のうちにAGAの対策をするメリットとしては

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 生え際の後退を抑えるAGA治療ができる

などがあります。

AGAは生え際でハゲの症状が出やすい特徴がありますので、あなたが

  • 前髪からハゲてきて心配<
  • 頭皮が見えてハゲに見える
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、生え際を今以上に後退させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に自分の前髪の状態を相談することから始めていきましょう。

\前からハゲるのはAGAの特徴の1つです/

※AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

 

前からはげるときはAGAの発症を疑おう

前からはげると感じたときは、AGAの発症を疑いましょう。AGAには前髪部分からハゲが進行しやすい特徴があります。

まずは自分がAGAを発症しているのかを正確に判断していましょう。AGAであるかどうかで、行うべき薄毛対策も違います。

AGAでなければ、今はセルフケアでの対策を行い、今以上に薄毛が進行しないようにケアをしていきましょう。AGAを発症しているのであれば、治療を開始しなけらば症状は進行していきます。

自分の薄毛にあった対策を行うためにも、まずは薄毛専門のクリニックからAGAの判断をしてもらってください。

「前からはげてきた」と実感があるのに、何も対策をしていないと薄毛はどんどん進行していきます。自分で気がついた今から薄毛対策に動き出してくださいね。

タイトルとURLをコピーしました