はげとシャンプーは関係ないと考えていたら危険かもよ

はげとシャンプーは関係ないのかについて解説しています。

はげとシャンプーは関係ないて本当?

結論から言えば、はげとシャンプーは直的な関係はありません。

ただ、シャンプーの仕方によっては抜け毛の原因になったり、パサ付きなどの髪を傷めることはあります。ですが、使っているシャンプーによって「はげる」ことは基本的にはないと考えても問題ありません。

あなたがハゲたと感じているのなら、シャンプーが原因ではなく、他の要因があってハゲたと考えましょう。

シャンプーをしなくてもOKなわけではない

シャンプーとはげは関係は薄いとはいえ、シャンプーしなくても大丈夫というわけではありません。

シャンプーをする目的は、髪と頭皮を清潔にするためです。頭皮が清潔でないと髪にも栄養をうまく運べません。

シャンプーをするからハゲるわけではないので、髪を洗って清潔な頭皮を保っていきましょう。

就寝中に髪の成長ホルモンが分泌されますから、寝る前に髪をシャンプーで洗い頭皮を清潔な状態にするのが理想です。

シャンプーのしすぎはNG

1日に2回もシャンプーをすると、皮脂を余分に落としてしまいます。皮脂が少なくなると頭皮は乾燥し、乾燥から守るために皮脂を過剰に分泌してしまいます。

皮脂が多く頭皮にあると、髪がベタつくだけでなく毛穴の詰まりの原因ともなり、髪が十分に育ちにくくなります。

「毎日髪を洗っているのにベタベタする」と感じている人は、シャンプーのやりすぎか、洗浄力が強すぎて頭皮を乾燥させていることが考えられます。

髪を洗うことを1日1回にして、シャンプーを頭皮に優しいタイプ(アミノ酸系や育毛系)に変更していきましょう。

シャンプーでハゲたのではない

抜け毛が増えたりハゲてきたのは、シャンプーのせいではなく、加齢による薄毛であったり、ストレス性の薄毛など他に原因があると考えられます。

加齢による薄毛であれば、シャンプーを変更してもハゲの進行は止められません。シャンプー以外にも病院での治療や育毛剤を使ってのケアをする必要があります。

シャンプーが問題ではなく洗い方に問題がある

育毛シャンプーや、頭皮に優しいアミノ酸系シャンプーを使っていても、洗い方を間違えていれば効果は発揮されません。

シャンプーなんて関係ないと思いこんでいる人ほど、シャンプーの仕方は適当でしっかり洗えていない人が多いです。

洗い方を間違えていれば、抜け毛の原因ともなりますし、使っているシャンプーの効果も感じることはできません。

正しいシャンプーの仕方

  1. 髪を水で濡らす前にブラッシング
  2. ぬるま湯で予洗い
  3. シャンプーの規定量を守る
  4. 指の腹でマッサージするように洗う
  5. すすぎは丁寧かつ念入りに行う

シャンプーする前にブラッシングして、髪のほつれや汚れを落としていきましょう。ブラッシングするだけでも、髪についた埃や汚れを落とすことできます。

シャンプー液を付ける前に、ぬるま湯で髪を予洗いしましょう。髪の頭皮を水でしっかりとすすいで予洗いすることで、汚れを落としていきます。

予洗いだけで、頭皮についた汚れのほとんどを落とせますよ。

使うシャンプー液は規定の量を必ず守って使っていきましょう。使う量が多すぎると頭皮への負担となり、逆に少なすぎると汚れをしっかりと落とすことができません。

頭皮を洗うときは、決して爪を立てたりせず、指の腹でマッサージするように洗っていきます。

シャンプー液が残らないように、しっかりとすすいでいきましょう。すすぐときも頭皮をこすったりせずに丁寧に優しくすすいでいきます。

正しいシャンプーをすることが、薄毛対策にもなりますので、正しい方法でしっかりと洗っていきましょう。

シャンプーにプラスで薄毛対策をするのがポイント

はげとシャンプーは直接的な関係はありませんが、シャンプーの仕方や回数、使っているシャンプーの種類によっては、抜け毛の一因になることもあります。

正しいシャンプーの仕方でしっかりと洗い、薄毛が気になるのなら育毛系のシャンプーに変更していきましょう。

ただ、シャンプーだけでは薄毛対策を完璧にできるわけではありません。

シャンプーで頭皮を髪が育ちやすい環境にした後の薄毛対策こそが重要です。育毛剤などのケアをプラスすることで、より薄毛対策の効果を発揮できます。

育毛剤には毛を強く育てて、抜け毛を予防してくれる働きがありますから、シャンプーで頭皮環境が整ったあとのケアとしては最適です。

本気で薄毛対策をしたいのなら、シャンプーだけで満足しないで育毛剤でのケアも開始していきましょう。

\本気でハゲにはなりたくない人へ/

※シャンプーにプラスでのケアが大事です

 

タイトルとURLをコピーしました