ヘアトニックが原因ではげることはない。薄毛になったと勘違いしやすい理由

ヘアトニックが原因ではげることはありません。ただし使い方を間違えたり、成分が頭皮に合わなかった場合は、間接的にはげる原因にもなりますが、普通に使っているだけで薄毛になるとは考えにくいです。

ヘアトニックを使ってはげるとされている理由などについて解説していきます。

ヘアトニックが原因ではげることはない

信頼のあるヘアトニックを正しい使い方をしていれば、ヘアトニックが原因でハゲるとは考えにくいです。

ヘアトニックを使ってハゲることがあるとしたら、頭皮に成分があわなくて炎症を起こす場合です。ですが、ハゲるほどの炎症はかなりひどい状態となりますので、一般的にはヘアトニックを使ってハゲることはないと言えます。

ただ、ヘアトニックでハゲることはなくとも効果を感じにくい場合はあります。

ヘアトニックは髪に悪い?効果を感じないパターン

  • 使い方を間違えると髪に悪い
  • AGAを発症している
  • 効果や目的を勘違いしている
  • 成分があっていない

上記の場合は、ヘアトニックを使っても自分が期待したような効果を感じにくくなりやすいです。

使い方を間違えると髪に悪い

使い方さえ間違えなければ、ヘアトニックが髪に悪い影響を与えることはありません。ですが、ヘアトニックで「早くハゲを治したい!」「抜け毛を減らしたい!」からと言って、使い方を間違えると効果は発揮されません。

ヘアトニックは数多くの種類がありますので、個々で使い方も違いますが、基本の使い方としては

  • シャンプー後に使う
  • 髪ではなく頭皮に付ける
  • 髪をしっかり乾かす

となります。

清潔になった頭皮にヘアトニックを使わないと、成分も浸透しにくいです。ヘアトニックは頭皮につけていきましょう。髪に大量につくと、パサツキやベタつきの原因にもなり髪に悪い影響もでやすいです。

ヘアトニックでケアが済んだら髪をしっかりと乾かしていきましょう。半乾きのままだと髪に雑菌が繁殖しやすいです。

また、決められた容量より多く使ったりしても効果はアップしませず、髪がベタついたり、頭皮に必要以上に成分を付けることで負担となったりします。必ず使うヘアトニックの説明通りの容量を守るようにしましょう。

AGAをすでに発症している

AGAをすでに発症している人は、ヘアトニックを使っても効果は薄くなります。AGAは進行性のためヘアトニックのケアだけでは、ハゲの進行は止められません。

ヘアトニックを使っているのにハゲたと感じている場合は、ヘアトニックのせいでハゲたのではなく、AGAが原因でハゲた可能性が高いです。

効果や目的を勘違いしている

ヘアトニックには毛を生やす効果はありません。ですが、発毛できると勘違いをして「使ってもハゲる」と結論付けている人も多いです。

ヘアトニックは頭皮環境を改善することで育毛を促しつつも、リフレッシュ効果を得るものです。ヘアトニックには育毛効果も見込めますが、プラスで爽快感を得たり、不快感を取り除くのも目的です。

自分が使ってリフレッシュできるのがヘアトニックであるので、育毛剤よりは育毛効果は薄いものが多いです。育毛剤と同じ効果があるとは言えず、本気で薄毛対策をしたいのなら、ヘアトニック以外のヘアケア用品を使うのがよいでしょう。

成分が合っていない

ヘアトニックでは爽快感やリフレッシュ効果を出すために、成分にアルコールや香料が入っているものが多いです。

ヘアトニックが「髪に悪い」と言われる理由の一つは、アルコールの使用や香料に使用があるためです。なぜなら、アルコールや香料が頭皮の刺激となり、肌トラブルを起こす場合もあるからです。

頭皮にトラブルが起きると、健康的な髪が育ちにくくなるだけでなく抜け毛の増加にも繋がりますので、使うヘアトニックの成分には予めチェックしておきましょう。

ヘアトニックのデメリット。薄毛への効果は低い

ヘアトニックは育毛成分が含まれているタイプもありますが、厳密には育毛剤ではありませんので、育毛の効果としては薄くなります。

直接的な発毛の効果はない

ヘアトニックを使う目的を育毛や発毛に求めているのなら、効果は低いと言わざるを得ません。特に発毛に関しては、ヘアトニックでは効果はありません。

ヘアトニックを使って頭皮環境を改善することで、抜け毛の予防や髪を育てる効果はあります。育毛効果を期待してヘアトニックを使うのであれば、育毛剤を使用した方が期待した効果を感じやすいはずです。

肌に合わないと頭皮にかゆみがでることもある

ヘアトニックにはアルコールや香料が入っているものが多く、成分が合わないと肌トラブルを起こす場合もあります。

肌トラブルが起きた場合は、ヘアトニックの使用は中止しましょう。ですが、ヘアトニックでのケアを諦めることはありません。

ヘアトニックは多くのタイプが販売されていますので、成分を見て自分が納得できるヘアトニックを選べばヘアケアを継続できます。

育毛効果が求めつつもアルコールの使用が気になるのであれば、アルコール不使用のタイプの育毛剤でのケアに切り替える方法もあります。

爽快感と育毛の両方を得ることができる

  • 頭皮の爽快感と同時に育毛ケアができる
  • 誰にもバレずに自宅で手軽に始めることができる
  • ふけやかゆみなどの頭皮トラブルの予防

ヘアトニックの特徴の一つには「爽快感」があります。使ったときのスースーする感覚とフワッと漂ってくる香りからリフレッシュ感が味わえるのが特徴です。

爽快感だけでなく、育毛効果も得られるタイプのヘアトニックもあります。ヘアトニックで頭皮環境を改善することで、フケやかゆみなどを予防し、髪が育ちやすい環境になることで、抜け毛予防につながります。

爽快感と育毛効果の両方を得られるのがヘアトニックにメリットの一つです。

ヘアトニックではげることはないが育毛効果は薄い

ヘアトニックが原因でハゲることは考えにくいです。髪や頭皮への悪い影響と考えるのなら、成分が合わずにかゆみがでる、使い方を間違えると髪へ負担になることなどが考えられます。

また、ヘアトニックを育毛剤や発毛剤と勘違いをし、ヘアトニックを使っている間に薄毛が進行すると「ヘアトニックのせいでハゲた」と勘違いもしやすいです。

育毛効果を求めるのなら育毛剤の方が良い

ヘアトニックで、育毛や発毛の薄毛対策の効果を求めているのなら他の育毛ケアに変更した方が効果も感じやすいです。例えば、病院での治療や育毛剤の使用があります。

今では、ヘアトニックと育毛剤の違いを厳密に分けるのは難しくなっていますが、育毛剤の方がヘアトニックよりも効果が高いものが多いです。

香料やアルコールが不使用の育毛剤ならば、頭皮や髪への刺激も少なくすみます。ヘアトニックは育毛とリフレッシュ感、育毛剤はより育毛効果のみだか効果が強いと考えれば違いもわかりやすいでしょう。

ただし、育毛剤でもアルコールを使用しているタイプもありますので、チャップアップのようにアルコール不使用の育毛剤を選んでください。

ヘアトニックで自分が何の効果を一番得たいのかで、ヘアトニックか育毛剤かを選んでいきましょう。リフレッシュ感を得たいのならヘアトニックを選び、はげる予防のために使うのなら育毛剤を選んでください。

\ヘアトニックではげるのでは?と不安な人へ/

※ヘアトニックよりも育毛効果を得たいのなら育毛剤でケアしましょう

 

タイトルとURLをコピーしました