毛が細くて禿げて見えるからハゲとは限らない!確認すべきポイント

髪が細くて禿げに見えるのは、ボリュームが出しにくい、頭皮が透けて見えやすいなどの理由があります。

元から髪が細い人は、薄毛の心配をそれほどしなくても大丈夫ですが、以前よりも髪が「細くなった」と感じている人は要注意です。

また、生まれつき髪が細い人でも、昔に比べてさらに髪が細くなったのならばているのならば要注意。薄毛の症状により髪が細くなっていると考えられるため、早期に薄毛対策を開始してください。

対策方法としてはAGA(男性型脱毛症)を発症しているのかで変わってきますので、自分がAGAであるかを判断する必要があります。自分がAGAであるかを知るメリットとしては、

  • セルフケアか病院での治療かを的確に判断できる
  • 自分にあった適切な治療を行える
  • 早期に治療を開始するほど効果も発揮されやすい

などがあります。ですから、あなたが

  • 髪が細くなってハゲに見えてしまう
  • 頭皮がスケスケでハゲに見える
  • ヘアセットしても、すぐに崩れてしまう

などと悩んでいるのなら、今の段階からAGAを発症しているのかを判断していってください。AGA発症に明確な基準はないため、正確に判断するには、AGA専門の医師に判断してもらいましょう。

悩んでいるだけで、髪は太くなったりはせず、むしろ加齢により髪はますます細くなっていきます。「髪が薄く見える」と感じた今が、薄毛対策をスタートさせるときです。

\髪が薄くなったと感じている人へ/

※まずは自分がAGAであるかを判断することが大事です

 

 

毛が細くて禿げて見える理由は3つ

  1. 髪が細いと本数があっても少なく見える
  2. 光でスカスカに見えやすい
  3. 髪がペタンコになりやすい

1.髪が細いと本数があっても少なく見える

髪が細い人と普通の人とでは、同じ髪の本数があったとしても、髪が細い方が薄く見えてしまいます。髪が太い人の100本と、細い人の100本では、見た目にあきらかな差がでます。

2.光でスカスカに見えやすい

髪が細いと、太陽光や蛍光灯などの光が頭皮の奥まで入り込み、透けやすくなることもハゲに見られやすい理由の一つです。

3.髪がペタンコになりやすい

髪が細くなるとコシも失われやすくなり、ふんわりと立つことが難しくなります。髪がペタンコになりボリューム感が出しにくくなりハゲに見られやすいです。

また、髪が細くなるとヘアスタイルもキープしづらくなり、すぐに髪型が崩れていきやすいのも特徴です。

髪の細さが正常かのチェック方法

日本人の髪の太さの平均は、0.07~0.15㎜とされています。よって、0.07mm以下であれば、髪は細いと言えます。

しかし、0.07mmの太さを自分で測るのは現実的ではありません。また、髪の太さには個人差があり、生まれつきの髪が細い人も大勢いますので、髪の太さだけではハゲであるかは判断できません。

元から髪が薄い人は問題ない

髪の太さには個人差がありますので、生まれつき髪が細い人・元から髪が薄い人は問題ありません。ただ髪が細い分、ハゲに見られやすいのは事実ですが、本当にハゲであるかは別の話です。

元々の髪の細さから変わらなければ、今はハゲの心配はしなくてもよいでしょう。以前よりも髪が細くなっているのであれば要注意です。

太さではなく髪の状態から確認

髪の細さだけでなく、抜け毛の状態からもハゲであるかをチェックしてください。

抜けた毛を横に持ってみましょう。ピンと横に立ったままならば大丈夫、問題ありません。しかし、横に持ったときに下に垂れたりすると要注意です。

髪にハリやコシがなく柔くなっているためと考えられ、薄毛により髪が細くなっている可能性があります。

髪が細くなる3つの原因

  1. 生活習慣の乱れ
  2. 加齢によるもの
  3. AGA(男性型脱毛症)の発症

1.生活習慣の乱れ

偏った食事、喫煙、睡眠不足、運動不足、ストレスなども髪を細くする原因になります。生活習慣が原因の場合、改善しないと、どれほど優れた薄毛対策を行ったとしても効果は半減してしまいます。

バランスの取れた食事、質の良い睡眠など改善できるものからでも見直していきましょう。

2.加齢によるもの

歳を重ねるごとに髪は細くなる傾向があり、男性であれば20代、女性であれば30代後半から年々髪は細くなっていきます。

加齢のせいだからと何も対策をしないでいるよりも、何かしらの薄毛対策を行った方が髪が細くなるスピードを遅くすることに繋がります。

3.AGA(男性型脱毛症)の発症

AGAに症状の1つに「髪が細くなる」があります。AGAは進行性の脱毛症ですから、治療を開始しないとハゲは進行していきます。

思春期以降であればAGAを発症する可能性があり、年齢が上がるに連れ発症する割合も高くなります。

AGAの発症には明確な基準はなく自己判断は難しいのも現状です。正確に判断するには、AGA専門の医師から診断を受けるのが最も確実です。

毛が細くて薄毛に見える人の対策

髪が細くても薄毛に見えさせない方法は、一時的な対策と長期的な対策の2つがあります。

薄く見えない髪型はロングよりもショート

髪が細いとボリュームが出せずに、髪はペタンコになり薄毛に見えやすいです。ですので、髪が薄い人はロングヘアよりもショートヘアにした方がボリュームは出しやすくなります。

ドライヤーでのセット時にボリュームを出せるように、髪の根元から当てていくなどをするとヘアセットでもある程度はカバーできます。ですが、やはりロングヘアだとセットしても崩れやすいデメリットがあります。

薄く見えることだけを防ぎたいのならショートヘアが良いでしょう。美容院で相談すると、自分の髪質にあった髪型を提案してくれますよ。

ヘアスタイルではいずれ限界が来る

髪が細くなっていることに気が付きながらも、何も対策しないでいると髪の太さは、ますます細くなっていきます。

髪が今以上に細くなると、もはやヘアスタイルでは誤魔化せなくなってしまいます。誤魔化せるほどの髪の本数もなくなってしまうからです。なんとかしてセットしても、髪が細いためヘアスタイルをキープできません。

ヘアスタイルで薄毛を誤魔化せても、今後どんどんと髪が細くなるといずれは髪型ではカバーしきれなくなります。髪が細くなる原因への根本的な改善していかないといきましょう。

髪を太く育てていくセルフケア

髪が細くなる原因は、加齢や薄毛の発症、ストレスなど複数ありますが、まずは頭皮の環境を髪が育ちやすくなるよう改善しなくてはいけません。

頭皮マッサージをして頭皮の血行を良くしたり、生活習慣の見直し、ストレスへの対処などを行っていきます。さらにプラスでシャンプーの変更や、育毛剤を使っていくのもおすすめです。

特に、育毛剤の効果は毛を育てることにありますから、髪が細くなっている人には最適のヘアケア用品と言えます。

AGAを発症していたら治療しないと改善しない

AGAは進行性の脱毛症なので自然治癒は難しく、セルフケアなどで治すことはできません。脱毛症に対して治療を行わいないと、症状は進行していきます。

クリニックでの治療、発毛剤の使用など、AGAに効果がある薬での対策を行わないといけません。

髪が細くて薄く見えるときから対策を開始

髪が細くて薄く見えるのは、髪にボリューム感が出しにくいこと、頭皮が透けて見えやすいことが理由です。髪型はロングよりもショートの方が薄く見えにくいですが、いずれば髪型ではごまかしができなくなります。

特に元々髪の細い人は、ほんの少し細くなるだけでもハゲに見られやすいですので、髪が細い人は普通の人よりも早めに薄毛対策を行わないといけません。

自己判断をするのは危険

薄毛対策には、AGAを発症していなければセルフケア、AGAであればクリニックなどで治療を開始しましょう。適切な対策を行うためにも、まずは自分がAGAであるかどうかを適切に判断しなければいけません。

AGA発症には明確な基準はないため、より確実に判断するためにもAGA専門の医師の診断を受けるのがおすすめです。今ではオンラインで無料カウンセリングを受けられるクリニックもありますから、気軽に医師に相談してみてください。

何も対策をしないでいても勝手に髪が太くなることはなく、むしろ加齢に伴いどんどん髪は細くなっていきます。髪が細いと普通の人よりもハゲにみられやすいのですから、今から対策を行っていきましょう。

\自然に髪が太くなることはありません/

※まずは自分がAGAであるかを知ることが大事です

 

タイトルとURLをコピーしました