一度細くなった髪が太くなるのかは対策の方法で決まる

  • 髪が細くなったので太くしたい
  • どんどん髪が細くなってきている
  • 頭皮が目立ってハゲに見えるときがある

という男性の方が髪を太くしたいのであれば、まずは自分がAGAを発症していないのかを薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

なぜなら、髪が細くなり薄毛の傾向を感じている時点で、すでにAGAを発症しているの可能性が高いためです。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 髪を太くする医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分の症状に合わせたAGA治療ができる

などがあります。

AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策だけでは髪を太くすることはできず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

ですので、あなたが

  • 髪が細くなってきたと感じている
  • 抜け毛の本数が昔よりも増えた
  • このままハゲるのでないかと不安

と悩んでいるのなら、早々に薄毛対策を開始してください。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に自分の髪の状態を相談することから始めていきましょう。

\髪が細くなり、すでにハゲの傾向も感じている人へ/

※AGAならばセルフケアでは髪を太くはできません

 

髪が一度細くなった原因を知ることがポイント

髪が細くなる原因は一つではないので、自分がどの原因で髪が細くなっているのかを知って適切な対策を取っていきましょう。

食生活の乱れ

食事が脂質に偏っていたりバランスの悪い食生活をしていると薄毛の原因になります。

特に脂質の多い食事は、皮脂を過剰に分泌させてしまいます。皮脂が多くなると毛穴の汚れや毛穴詰まりの原因にも繋がってしまいます。

毛穴が汚れた状態や詰まった状態であると髪にまで栄養が行き渡らなくなるため、髪が細くなっていきます。

睡眠不足だと髪が育たない

髪の成長ホルモンは、寝ているときに分泌されます。

睡眠不足や質の悪い睡眠を繰り返していると、成長ホルモンの分泌も減少し髪が育ちにくくなり髪が細くなっていきます。

慢性的なストレス

ストレスを感じると自立神経が乱れ血行が悪くなってしまいます。当然、頭皮の血行も悪くなり髪へ栄養をうまく運べなくなります。

また、髪の細胞の分裂にも影響を及ぼすため、髪が伸びづらくもなります。髪が細いまま長く伸びずに成長できないまま抜け毛となってしまいます。

加齢によるもの

歳を重ねるにつれ髪は細くなっていきます。男性であれば20代から、女性であれば30代以降から髪が細くなる傾向があります。

年齢のせいだからと放置すると、髪はどんどん細くなっていきますので髪の太さをキープする対策が必要です。

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)には髪が細くなる症状があります。AGAにより髪のヘアサイクルが乱れ、髪の成長期が短くなり髪が太く育たないまま抜けて落ちてしまいます。

AGAは進行性の脱毛症ですので、治療を行なわないと症状は進んでいきます。

AGAの対策方法については後述する『AGAならば早期から治療を開始』もご参考になさってください。

細くなった髪は太くなるのか?5つの方法から対策

  1. 生活面の改善で血行を良くする
  2. ストレスを溜め込まない
  3. シャンプーを変更し頭皮環境を改善
  4. 育毛剤を使用して髪を太くする
  5. AGAならば早期から治療を開始

生まれつきのもともとの太さ以上に髪を太くするのは難しいですが、一度細くなった髪は適切な対策を取れば、元の太さまでには戻すことは可能です。

一度細くなった髪を太く戻す対策を行っていきましょう。

1.生活面の改善で血行を良くする

一度細くなった髪を太くするには、まずは生活面の見直しを行っていきましょう。食生活の改善や、睡眠不足の解消、ストレス発散を行って、頭皮の血行を良くし環境を整えていきます。

生活面の改善を行なわないと、いつまでも髪が細くなる原因が残ってしまいますから、どれほど優れた薄毛対策を行っても効果が薄れてしまいます。

食生活の見直し

揚げ物やファーストフードなどの食事を控え、髪の成長に必要な「たんぱく質」「亜鉛」「ビタミン」などバランス良く栄養を取っていきましょう。

睡眠時間の確保

成長ホルモンは、睡眠開始から6時間は分泌されますので、最低でも6時間は睡眠を取るようにしましょう。

2.ストレスを溜め込まない

ストレスを全てなくすのは難しいですが、気分をリフレッシュできる方法をうまく見つけていきましょう。髪が細くなっていること事態がストレスとなっているのなら、薄毛対策をしていきましょう。

3.シャンプーを変更し頭皮環境を改善

シャンプーをアミノ酸系の育毛シャンプーに変更するのもおすすめです。

シャンプーは、洗浄力の高すぎると、過剰に皮脂の分泌を促すことになり、逆に洗浄力が弱いと毛穴詰まりの原因ともなります。

髪に優しい成分できちんと洗えるアミノ酸系のシャンプーに変更し、頭皮環境を整えて、髪が育ちやすい土台作りを行っていきましょう。

4.育毛剤を使用して髪を太くする

シャンプーの変更などで頭皮環境が改善しつつ、加えて育毛剤を使用すると、それぞれの薄毛対策との相乗効果が生まれ効果も発揮されやすいです。

そもそも育毛剤は、髪を育てる効果がありますから、細くなった髪への対策には最適のアイテムです。

髪を太くするために育毛剤を使用するのであれは、育毛に特化した育毛剤を使用してください。

5.AGAならば早期から治療を開始

  • 髪が細くなってハゲに見える
  • 髪質も細くて柔らかくなってきた
  • 頭皮が目立ってハゲに見える

という男性の方であれば、すでにAGAを発症している可能性がありますので、早々に薄毛専門のクリニックでAGA発症の判断してもらってください。

AGAは進行性の脱毛症ですので、セルフケアではハゲの症状を改善させることはできずに放置していると、最悪の場合、治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

早期のうちにAGAの対策を行うメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 髪を太くする医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分の症状に合わせたAGA治療ができる

などがあります。

ですので、あなたが

  • 髪が細くなってハゲてきている
  • ボリュームもなくなりハゲそうで不安
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのなら、早々に薄毛対策を開始しましょう。

髪が細くなっているのに放置していても、自然と元の太さに戻ったりはしません。

むしろ、どんどん髪は細くなり抜け毛の量も増えていく可能性もありますので、早期のうちに薄毛対策に動き出してください。

※AGAならばセルフケアではハゲは改善できません

まずは自分がAGAであるかの判断が大事です

 

細くなった髪を太くしたいのならすぐに対策を開始

一度細くなった髪を太くする方法としては、AGAを発症しているのか・してないのかで対策も変わります。

AGAでなければ、生活面の見直しやシャンプーの変更に加えて育毛剤などのセルフケアで対策を行っていきましょう。

AGAを発症しているのであれば、薄毛専門のクリニックで治療を開始しないと症状の進行は止まりません。

髪が細いと、スカスカになりやすく普通の人よりもハゲに見られやすいデメリットがあります。

また、細い髪は刺激に弱く抜けやすくなりますので、髪が細くなってきたのなら早々に対策をしないとハゲになりやすいです。

細くなった髪を太くしたいのなら、今から対策を行っていきましょう。自分にあった適切な対策を選ぶためにも、まずは自分がAGAを発症しているのかを専門の医師から判断してもらってください。
 

タイトルとURLをコピーしました