猫っ毛の男は薄毛を放置せずにすぐにハゲ対策すべき理由

  • もともと猫っ毛だが最近さらに猫っ毛になった
  • 最近になり猫っ毛に髪質が変わった
  • このままハゲたくない

という方であれば、猫っ毛からハゲに進まないためにもAGA(男性型脱毛症)を発症していないかを薄毛専門のクリニックで確認してもらいましょう。

なぜなら、猫っ毛の人はもともと髪が細く柔らかい分、ハゲが進行しやすく、少しハゲの症状が進んだだけでも
立派なハゲに見られやすいためです。

早期のうちからAGAの確認をしておくメリットとしては

  • AGAであった場合はすぐに治療に移行できる
  • ハゲは早期に治療を開始するほど効果が発揮されやすい
  • 自分の症状に合わせて髪を太くするAGA治療が行える

などがあります。ですから、あなたが

  • 猫っ毛だと思っていたけどハゲなのかもしれない
  • 急に猫っ毛になったのが気になる
  • ハゲないための薄毛対策をしたい

と悩んでいるのなら、まずは自分がAGAを発症しているのかを薄毛専門の医師から正しく判断してもらいましょう。

猫っ毛の人は、ハゲが進行しやすくハゲにも見られやすいですので、自分の髪が気になりだした時点で、早期に薄毛対策に動き出していきましょう。

※猫っ毛でもハゲの心配がない人は相談する必要はありません

まずは自分がAGAであるかを知ることが大事です

 

猫っ毛の男だから薄毛になるわけではない

猫っ毛の男だから薄毛になりやすいということはありません。ですが、猫っ毛はもともと髪が細く柔らかいため、ほんの少しの薄毛になったとしても、立派なハゲに見られやすいです。

猫っ毛=ハゲになるのではなく「少しでもハゲやすい」「ハゲと見られやすい」というのが正しいです。

また、生まれつき猫っ毛である人と、髪質が変わって猫っ毛になった人とでも、薄毛になるかならないかの危険性に違いがあります。

生まれつき猫っ毛の人は今後の変化に注意

生まれつき猫っ毛の人は、猫っ毛であることが原因で薄毛になることはありません。もともとの髪質が猫っ毛ですあるのですから、単なる髪質です。

ですが、今よりも髪が細く柔らかくなっていくようであれば、猫っ毛に加えて薄毛を発症しているとも考えられます。

猫っ毛の人は、ハゲになると目立ちやすいため、早期のうちに薄毛対策を行わないといけません。

急に猫っ毛になった人は薄毛の危険性あり

今までは普通の髪質だったのに急に猫っ毛になった人は、薄毛の症状で髪が細くなり猫っ毛になったと考えられます。

加齢・AGA(男性型脱毛症)の発症・生活習慣・ストレスなどが原因でも髪質は変わります。

昔と髪質が変わって猫っ毛になったのなら、対策をしていかないと薄毛が進行する危険性が高いです。

少し薄くなっただけでハゲが目立ちやすい

猫っ毛が原因でハゲることはありませんが、ハゲにならないわけではありません。猫っ毛の人は普通の髪質の人よりも細く柔らかいため、ハゲると目立ちやすいデメリットがあります。

例え普通の人と同じ本数の抜け毛の量であったとしても、猫っ毛の人の方がハゲているように見えてしまいます。

また、髪が柔らかいとボリューム感も出しづらくなり、髪はぺったんこになりやすく更にハゲに見られやすいです。

猫っ毛の人ほど、早めに薄毛対策を行っていかなくてはいけません。

猫っ毛のせいで薄いと感じた男の3つチェック方法

  1. つむじが薄く見えていないか
  2. 前髪がスカスカになっていないか
  3. 抜け毛の状態が細くて短くないか

1.つむじが薄く見えていないか

つむじの頭皮が透けて見える・つむじの渦の巻き方が弱いなどをチェックしてください。

AGAの特徴の一つとして、頭頂部が薄くなりやすい点があります。以前に比べてつむじ周辺に薄毛の傾向があるのなら、AGAを発症している可能性があります。

2.前髪がスカスカになっていないか

AGAは生え際周辺にも症状が出やすく、髪が細くなると髪と髪に隙間ができスカスカ状態になりやすいです。

また、おでこの面積が広くなっていないかも合わせて確認してください。細い毛だと髪は抜けやすくなり、生え際の髪が通常よりも抜け落ちたため、前髪がスカスカになっているとも考えられます。

3.抜け毛の状態が細くて短くないか

抜け毛の多くが細くて短いのであれば薄毛の傾向があります。本来なら、太く長く成長するはずの毛がAGAの症状のため成長できずにいると考えられます。

AGAは進行性の脱毛症ですので、何の対策もせずに放置していると症状は進行していきます。AGAの対策については後述する【猫っ毛がAGAになったら即対応開始】をご参考になさってください。

一時的な対策と長期的な対策を行っていこう

猫っ毛の対策としては、ヘアスタイルなどで一時的な対策と、長期的に根本的な薄毛対策を行う方法があります。

正直に言うと、生まれつきの猫っ毛の髪の太さ以上に髪を太くすることは難しいです。

ですが、猫っ毛の人でも加齢に伴い髪質は細くなっていきます。もともとの髪質以上に髪を太くはならないかもしれませんが、今以上に細くなることは防げます。

猫っ毛の人はハゲに見られやすいですから、普通の髪質の人よりも薄毛対策を早めに行っていきましょう。

つむじや前髪はヘアスタイルでカバー

猫っ毛が原因で、つむじや前髪などがハゲて見えるのであれば髪型を工夫して目立たなくしていきましょう。

猫っ毛の人は、髪が柔らかいためヘアスタイルをキープしにくい特徴があります。せっかくボリューム感を出しても、すぐにペタンコになりやすくワックスなどを利用しても、1日中髪型をキープするのは難しいですよね。

ですが、猫っ毛の人はパーマをあてると、髪にボリューム感がだせ全体的にふんわりと髪を立てさせられます。どんなパーマが良いかは、自分の髪質で変わりますから美容師さんに相談されると良いですよ。

いずれは髪型では誤魔化せなくなる

猫っ毛であるのに加えて薄毛になると、さらに髪が細く柔らかくなっていきます。今は髪型でごまかせているつむじや前髪のスカスカ状態も、いずれは髪型ではごまかせなくなってしまいます。

ハゲた状態ではヘアスタイルだけではボリューム感も出せず、いつもペタンコの状態になってしまいますので、髪型でカバーしつつも薄毛対策も行っていきましょう。

セルフケアで髪を太くする

髪が細くなる原因は、十分に栄養を行き渡らせられず髪を育てきれていないためです。頭皮に何かしらの問題が起きて髪に栄養を補給できていない状態ですから、生活習慣の見直しなどからも改善していなかないといけません。

食生活・睡眠時間・ストレスなどの生活習慣を見直していきましょう。

生活習慣の改善には時間がかかるものですから、シャンプーや育毛剤などのアイテムなどでセルフケアも開始してください。

髪を育てるシャンプーに変更する

シャンプーを髪を育てる育毛系のシャンプーに変更し、髪が育ちやすい頭皮に改善していきましょう。

洗浄力の高いシャンプーだと頭皮が乾燥しがちになります。また、洗浄力が弱いと汚れを落としきれずに毛穴汚れの原因ともなります。

どちらの場合も薄毛の原因に繋がりますので、頭皮を乾燥から守りつつも、しっかりと汚れを落とせるアミノ酸系の育毛シャンプーに変更するのがおすすめです。

頭皮環境を整うと、育毛剤などの浸透率も上がり効果も発揮されやすくなります。

育毛剤で猫っ毛の髪を太く育てていく

育毛剤には、髪を育てることで抜け毛の予防・発毛促進、さらには血行促進の効果がありますので、猫っ毛の薄毛対策としては最適です。

猫っ毛はもともと髪が細くて柔らかいのが特徴ですから、今以上に髪が細くならないように育毛剤で毛を育てていきましょう。毛が抜けなければ髪が細くてもボリューム感はキープできます。

AGA(男性型脱毛症)ならば治療を開始

AGAは進行性の脱毛症ですので、シャンプーの変更などのセルフケアでは症状は改善できず、放置しているとハゲの症状は進んでいきます。

猫っ毛の人は、少し薄毛になっただけでもハゲに見られやすい・ハゲが進行しやすいため、早期のうちから適切な薄毛対策を取らなければいけません。

AGAの治療では、クリニックで専門の医師の診断から自分の症状にあった薬が処方されますので効果も高いのが特徴です。

AGAの治療を開始する前に、まずは自分がAGAを発症しているのかを判断していきましょう。

しかし、AGAの発症には明確な基準はないため、正確に判断するのであれば専門の医師からの診断が最も正確です。

猫っ毛がAGAになったら即対応開始

  • もともと猫っ毛だったのがますます猫っ毛になった
  • 髪質が最近になり猫っ毛になった
  • すでにハゲかけている

という方であれば、早々に自分がAGAを発症していないかの確認をし薄毛対策をスタートさせましょう。

なぜなら、猫っ毛の人はもとも髪が細くて柔らかい分、ハゲの症状でさらに髪が細くなると髪の抜けやすくハゲが進行しやすいためです。

早期にAGAの確認をすると

  • 早期に対策を開始するほど薄毛への効果も発揮されやすい
  • 自分だけにあった髪を太くするAGA治療ができる<
  • 医学的根拠のある治療<を受けられる

などがあり、猫っ毛の人がすでに薄毛の傾向を感じているのであれば、早々にAGAを確認するメリットが猫っ毛の人にはあります。

ですので、あなたが

  • 猫っ毛だからハゲになりそうで不安
  • 最近さらに猫っ毛になってきてボリュームもなくなった
  • 頭皮も透けて見えている

などと悩んでいるのなら、まずは自分がAGAを発症していないのかを薄毛専門の医師に判断してもらいましょう。

猫っ毛だから仕方がないと放置せずに、早期に薄毛対策に動き出していってください。

\猫っ毛ですでにハゲの傾向を感じている人へ/

※オンラインでAGA治療を開始できます

 

猫っ毛=薄毛ではなく「ハゲに見られやすい」が正しい

猫っ毛が原因でハゲになることはありませんが、ハゲにならないわけでもありません。

ただ猫っ毛の人が薄毛になると、普通の人よりも髪が細い分「ハゲ」に見えやすいです。たとえ普通の髪質の人と同じ本数の抜け毛があったとしても、見た目では猫っ毛の人の方がハゲに見られやすいです。

猫っ毛の人が「ハゲやすい」のではなく「ハゲに見られやすい」という方が正確です。

ですので、猫っ毛の人は普通の髪質の人よりも早めに薄毛対策を行わないといけません。

AGAを発症していないのであれば、まずはシャンプーの変更・育毛剤でセルフケアを開始しましょう。AGAを発症しているのであれば、クリニックで治療を開始していきましょう。

AGAを発症していると、セルフケアでは症状は改善されません。つまりAGAであるかどうかで取るべき対策は違ってきます。

自分にあった適切な対策を行うためにも、まずは自分がAGAを発症してないかを正しく判断してください。

少しでも薄毛の傾向を感じたのなら、AGAであるかのかの確認は猫っ毛の人は必須です。

「猫っ毛だから仕方がない」と放置していると、少し抜け毛が増えただけでハゲに見られてしまいます。後から後悔するよりも今から対策を行っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました