ドライヤーで髪が抜ける理由と薄毛かの確認方法と対策

ドライヤーで髪が抜ける理由と、薄毛になっているのかの確認方法・対策などを解説しています。

ドライヤーで髪が抜ける理由

ドライヤーで髪が抜ける理由は、1日に抜ける本数の多くがドライヤー時に抜けること・髪が濡れているため毛が絡みやすくなっていること・ドライヤーのかけ方・熱などのダメージなどがあります。

通常の抜け毛である場合ほとんど

ドライヤーのときに抜ける本数が10~20本ならば、薄毛の可能性は低く通常の抜け毛の本数と言えます。

髪の毛は1日約100本抜けるとされており、その内シャンプー時に60~80本抜けています。

さらにドライヤー時にも10本~20本抜けていますので、10~20本程度なら薄毛の心配はないでしょう。

髪が絡まって一緒に抜ける

髪が濡れるとキューティクルが開いてしまいます。キューティクルが開くと、他の毛と絡みやすくなります。

絡まった毛がドライヤーの風の刺激で、一緒に抜け落ちやすくなるため、抜け毛の量も増えてしまいます。

ドライヤーをかける前に、絡まった毛をブラッシングでとかしていきましょう。

脱毛症を発症し薄毛になっている

AGA(男性型脱毛症)などの脱毛症を発症していると、薄毛の症状により髪が細くなるため、ドライヤーの熱や風の刺激でも簡単に抜ける毛となってしまいます。

脱毛症を発症しているのであれば、ドライヤーのかけ方などでは抜け毛の本数を減らすには限度があります。

脱毛症を発症しているときの対策については、御述する『』をご参考になさってください。

抜け毛を防ぐドライヤーのあて方

  1. タオルドライ
  2. ブラッシング
  3. あてるときは距離を離す
  4. 冷風で熱を取る

ドライヤーでの熱ダメージを最低限にするためにも、タオルドライでしっかりと水分を取っていきましょう。

ただし、頭皮や髪を強くこすらないように注意してください。

ドライヤーをあてる前に、ブラッシングをして絡まった毛をほぐしてください。

髪が濡れているとキューティクルが開くため、毛と毛が絡みやすくなっています。

絡まったままの毛では、本来抜けなくてもよい毛まで一緒に抜けてしまいます。

ドライヤーをあてるときは、髪から30cmほど離し、同じ部分に当て続けないようにしましょう。

毎日のドライヤーの熱のダメージから髪が細くなると、刺激に弱い毛が多く抜け毛が増える原因となってしまいます。

また、乾かすときは髪の根元からしっかりと乾かしていきましょう。

髪の根元や頭皮が乾いていないと、雑菌が増殖しやすくなり、頭皮トラブルの原因となってしまいます。

髪が乾いたら、ドライヤーを冷風に切り替え、頭皮や髪に残った熱を取っていきます。

熱が残ったままだと、汗をかきやすい・頭皮が乾燥する原因となります。

冷風をかけることで、髪のキューティクルも閉じるため毛を守ってくれます。

ドライヤーでの抜け毛がハゲが原因かの確認方法と対策

ドライヤー時に抜ける毛の状態や本数を確認して、薄毛になっているのかどうかを判断していきましょう。

正しいドライヤーのあて方をすれば、ある程度の抜け毛は予防できますが、ドライヤーだけが原因で髪の毛が大量に抜けるとは考えにくいです。

大元の原因は、AGAの発症や、加齢に伴う抜け毛など他の原因からと考えられます。

大元の原因に対して、薄毛対策を行っていかないと抜け毛は減りません。

抜け毛の状態が細い・短い

抜け毛の状態が、細くて短い毛であるのなら薄毛になっている可能性があります。

薄毛の症状により、髪が太く成長できずに短いまま抜けています。

細い髪は外部からの刺激に弱くなるため抜け毛が増え、ヘアサイクル(毛周期)が乱れからも新しい髪が生えづらくなっています。

抜け毛のうち3割を超えて細い・短い毛であれば、薄毛の傾向があると考えていきましょう。

毛根の形が丸くない

抜けた毛の毛根の形が丸くない・毛根の形が先細っている・いびつな形をしている・尻尾のようなものが付いている・毛根が白っぽくない色をしているなどの場合は薄毛になっている可能性があります。

毛根に異常があると、髪にうまく栄養を行き渡らせられず髪が細くなり、抜け毛の原因になります。

生え際とつむじ周辺から確認

ドライヤーでの抜け毛が20本以上ある場合は、生え際とつむじ周辺の髪の状態を確認しましょう。

生え際やつむじの毛が細くて柔らかいのであれば、薄毛になっている可能性があります。

男性の薄毛の人が多く発症しているAGA(男性型脱毛症)は、生え際やつむじ周辺に薄毛の症状がでやすい特徴があります。

ドライヤーの抜け毛に加えて、生え際やつむじ周辺に薄毛の傾向があるのなら、AGAの発症も疑われます。

AGAかどうかの確認が大事

  • ドライヤーで20本以上の抜け毛がある
  • 抜け毛の状態が細くて短い
  • 生え際やつむじから薄毛の傾向がある

という方であれば、すでにAGAを発症している可能性があるため、早期にうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の判断をおこないましょう。

抜け毛の状態が細くて短いのであれば、AGAの症状により髪が成長できずにいる可能性があります。

AGAの発症の有無を早期のうちに行うメリットとしては

  • 薄毛症状は早期に対策をするほど回復が期待できる
  • 症状が進むほどに回復が困難になる
  • 自分の薄毛の症状にあわせた医学的根拠のある治療ができる

などがあります。

育毛剤などのセルフケアではAGAの進行を止めることはできませんが、AGA治療では発毛効果のある治療が可能です。

ですので、あなたが

  • ドライヤーの抜け毛が多くてハゲないか不安
  • 昔よりも髪質が細く柔らかくなっている
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのなら、放置していても薄毛の進行は止められず、むしろ進む可能性が高いですので、早々にAGAの発症の有無を判断していきましょう。

しかしAGAであるかどうかに明確な基準はありませんので、正確に判断するためにも最終判断は薄毛専門の医師から判断してもらってください。

今ではオンラインからでも診察が可能なクリニックもありますので、まずは気楽に自分のおでこの状態を相談することから始めていきましょう。

AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

※ドライヤーでの抜け毛が気にならない人は相談する必要はありません

 

ドライヤーで髪が抜けるのは

ドライヤーで髪の毛が抜ける理由は、1日の抜け毛の本数のうち、大半がシャンプーとドライヤー時に抜けるためです。

10~20本程度の抜け毛であれば、薄毛の心配をする必要はないでしょう。

しかし、抜け毛の状態が細くて短い・毛根の形が丸くないのであれば、抜け毛の本数に関わらず薄毛になっている可能性があります。

AGAを発症しているのであれば、治療を開始しないと、いくら正しいドライヤーのあて方をしても、抜け毛の本数は増えていきます。

まずは、自分がAGAを発症していないのかを調べて、自分の状態にあわせた薄毛対策を行っていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました