薄毛の気にしすぎに要注意!男性だとますますハゲる危険性あり

薄毛を気にしすぎるとストレスが要因となって薄毛が加速していきます。男性であれば気になるのはわかるのですが、気にしすぎると、ますます悩みが深くなっていく結果にもなりかねません。

どうしても薄毛が気になるのなら、自分がハゲであるのかどうかをハッキリさせてしまいましょう。

ハゲであるのなら治療を開始し、ハゲていないのであればセルフケアでの対策を行えばいいんです。

ハゲであるかどうかで行うべき薄毛対策も違ってきます。自分がハゲ、すなわちAGA(男性型脱毛症)であるかは、薄毛専門の医師から判断してもらいましょう。

早期のうちからAGAであるかの判断を行うメリットとしては、

  • 自分にあった適切な薄毛対策を選ぶことができる
  • 早期のうちに対策を開始した方が効果も発揮されやすい
  • 原因がわかると薄毛を気にしなくなる

などがあります。ですから、あなたが

  • 自分がどんどんハゲていきそうで不安
  • 薄毛にならない方法を知りたい
  • できればコスパよく薄毛対策を行いたい

と思っているのなら、まずはAGAであるかの判断を行い、自分にあった適切な薄毛対策を選択できるようにしていきましょう。

気にしすぎて悩み続けていても薄毛は進行していきます。将来ハゲたくないのなら、今から対策を行ってください。

\自分の薄毛が気になり実際にハゲかけている人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知るのが大事です

 

薄毛ではないのに気にしすぎている男性は多い

男性であれば自分が薄毛になっているのか気にするのは当然です。

ですが、自分が薄毛ではないのに「自分はハゲだ」と思い込むあまり過剰なセルフケアを行い、髪に悪影響を及ぼしている人もいます。

間違ったセルフケアとAGA(男性型脱毛症)が重なり、ますます薄毛が進行するパターンもあります。セルフケアで薄毛対策を行う選択をするのは、AGAの診断を受けてからがベストです。

ストレス性の薄毛に発展する人もいる

薄毛を気にしすぎると、睡眠不足や食欲不振などストレス性の症状がでる可能性もあります。

ストレスを感じると血行が悪くなり、頭皮にも十分な栄養が行き渡りません。髪に栄養が行き渡らず、髪が抜けやすくなる・髪が育たなくなるなどの症状がでます。

ストレス性の薄毛では、頭全体から薄くなる傾向がありますから髪全体にボリュームがなくなってしまいます。

悩むくらいならハッキリさせる

薄毛を気にしすぎて悩み続けるくらいならば、自分がハゲであるのかどうかをハッキリし気持ちをスッキリさせていきましょう。

まずはセルフチェックから確認し、ハゲの傾向にあてはまったのなら薄毛専門の医師の診断を受けることを検討してください。

セルフチェックで薄毛チェック

髪の状態

髪が薄くなっていると感じている部分の髪質が細く柔らかくなっていないのかを確認してください。

髪が細くなるのは薄毛の典型的な症状の一つです。以前よりも髪質が細く柔らかく変化しているのであれば、ハゲになっている可能性があります。

どこの部分の毛を確認したらいいのか迷ったら、薄毛の症状がでやすい部分である、おでこの生え際、剃り込み部分、つむじ周辺をチェックしましょう。

抜け毛の状態

ドライヤー時やシャンプー時にでる抜け毛の多くで、毛が細くて短いものであれば薄毛になっている可能性があります。

ハゲの症状により髪が太く成長できずに、細く短いまま抜け毛落ちていると考えられます。

ハゲになるとヘアサイクルが乱れ、髪が成長できないまま抜けてしまいます。

毛根の状態

抜け毛の毛根の形が丸くない・白っぽい色をしていないのかを確認しましょう。

正常な毛根は、マッチ棒のように膨らみがあり、色も白っぽい色をしています。毛根の形が細い、形がいびつ、色が赤っぽいなどの状態であれば、薄毛の傾向があります。

毛根が正常でないと髪にうまく栄養を運べないため、髪が栄養不足となり薄毛の原因となります。

AGA(男性型脱毛症)の発症を判断

セルフチェックで薄毛の傾向を感じたのなら、AGA(男性型脱毛症)を発症している可能性があります。

AGAは進行性の脱毛症ですので、治療を開始しないと薄毛の症状は進行していきます。セルフケアなど対策では症状を抑えることはできても改善はできません。

AGAの治療には個人の症状に合わせた薬を用いますので、薄毛対策としての効果も高いです。

まずはAGAの発症を判断する

AGAの治療を開始する前に、自分がAGAを発症しているのかを判断していきましょう。

ただし、AGAの発症には明確な基準がないため自己判断は難しいのが現状です。正確に判断するには、薄毛専門の医師から診断を受けることが最も確実であり正確です。

AGAでなければセルフケアで薄毛対策を行い、AGAであれば治療を開始していきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、医師に自分の髪の状態を相談してみてください。

\自分の薄毛が気になる人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知るのが大事です

 

薄毛が気になるのなら対策を開始

薄毛対策の前提として、AGAをすでに発症しているのかいないのかで取るべきケアも違います。

共通しての対策は生活面の改善、AGAでなければセルフケアでの対策、AGAならば治療を開始することにわかれます。

生活面が改善できないとハゲていくだけ

生活習慣を見直し改善させることでも薄毛対策なります。食生活や睡眠時間、喫煙、ストレスなどを見直して改善していきましょう。

育毛剤などで薄毛対策をしたとしても、生活面の改善ができていないと原因部分が残ったままとなるため、薄毛も改善されません。

全ての生活面を改善させることは難しいですが、できる点からでも始めていきましょう。

セルフケアでハゲを予防していく

髪を育てるには、頭皮環境を改善しないといけません。生活面の改善ができても、髪が育つ土台がないと髪は十分に育たたないからです。

頭皮マッサージをして頭皮の血行を改善する、シャンプーを変更して髪が育ちやすい環境作りをする、育毛剤を使用してハゲ予防を行うなどのセルフケアを行っていきましょう。

AGAならば治療を開始しないとハゲは加速する

AGAを発症しているのであれば、治療を開始しないと症状は少しずつ進んでいきます。

AGAは、主に内服薬・外用薬を使っての治療が行なわれます。クリニックでの治療では専門の医師の診断のもと、自分の状態にあった薬が処方されますので薄毛対策の効果としても高いです。

薬を使うから必ず髪が生えるわけではなく、毛根の細胞が死滅してしまった部分からは髪を生やすことはできません。

ですので、クリニックでの治療であっても早期のうちから治療を開始することがハゲないためには重要です。

気にしすぎるのも気にしなさすぎるのも危険

薄毛を気にしすぎでも、気にしなさすぎでも自己判断でいるのは危険です。

気にしすぎているとストレス性の薄毛に発展したり、間違ったセルフケアを行うと薄毛に拍車をかけてしまうこともあります。

逆に気にしなさすぎて放置した場合、気がついたら薄毛が進行していることもありえます。

あなたが自分の髪を「薄毛になってきたかも」と気になったのなら、まずは自分が本当にハゲであるのかを確認していきましょう。

気にしすぎて悩み続けるよりもハッキリさせた方が、正しい薄毛対策も行えます。

ハゲ(AGA)であるかどうかは、薄毛専門の医師から正確に判断してもらいましょう。

AGAでなければセルフケアでの対策を開始して将来ハゲないための予防を行い、AGAであれば治療を開始し今以上にハゲないようにしていきましょう。

将来「あの時から薄毛対策を行えばよかった」と後悔しないためにも早め早めに動きだしていってください。

\将来ハゲたくない人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知るのが大事です

 

タイトルとURLをコピーしました