PR

つむじをふさふさにする方法、まずは薄くなる原因を知っておこう

つむじをふさふさにする方法や、つむじは薄くなる原因・対策などを解説しています。

つむじをふさふさにするには原因を知る必要あり

  • 生活習慣の乱れ(食事・睡眠・ストレスなど)
  • 加齢によるもの
  • AGA(男性型脱毛症)の発症

つむじをふさふさにしたいのであれば、まずは原因を知って正しい対策を選択できるようにしましょう。

生活習慣の乱れ(食事・睡眠・ストレスなど)

食生活の乱れ・睡眠不足・ストレスなどの生活面の乱れがあると、つむじはげの原因ともなります。

脂っこい食事が多い・外食が多いと皮脂が過剰に分泌されやすく、毛穴詰まりの原因となります。

髪の成長ホルモンは就寝中に分泌されますので、睡眠不足が続くと髪の成長に悪影響がでます。

ストレスに晒されると自律神経が乱れ頭皮の血行が悪くなり、髪にも栄養が十分に行き渡らなくなります。

以上のように、髪には直接影響はないと思われがちな生活環境ですが、実は薄毛の原因となっています。

加齢で髪が細くなる

人は歳を重ねるごとに髪は細くなっていきますので、年齢が上がるにつれ、つむじはげになりやすくなると言えます。

細い髪は簡単刺激でも抜けやすくなるため、対策をしないとつむじはげは進んでしまいます。

男性であれば20代になると徐々に髪が細くなり、女性であれば30代後半から髪が細くなっていきます。

男性の方が髪が細くなる年齢が早いため、薄毛対策も若いうちから開始していきましょう。

AGA(男性型脱毛症)はつむじから禿げやすい

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、髪は細くなり抜け毛が増えハゲが進行していきます。

AGAの場合、前髪部分・つむじ周辺に症状が出やすい特徴ありますので、つむじが広くなってきたと感じているのならAGAの発症も疑われます。

AGAであった場合は、セルフケアでの改善は難しく、症状の改善のためにはクリックなどで治療を行なわないといけません。

つむじをふさふさにする5つの方法

  1. 生活習慣の見直さないと意味がない
  2. 頭皮マッサージで血行をよくする
  3. シャンプーの変更で頭皮環境を改善
  4. 育毛剤の使用して髪を育てる
  5. AGAならば治療を開始

1.生活習慣の見直さないと意味がない

生活面の改善ができていないと薄毛の原因が残ったままとなるため、つむじはげも改善されません。

食生活では脂質を控えよう

揚げ物やファーストフード、ジャンクフードなどの脂質の多い食事が多いと皮脂の分泌が増加し、頭皮の毛穴詰まりや汚れの原因となります。

頭皮が皮脂で詰まると、髪に栄養をうまく運べず髪が栄養不足となり細くなり長く成長できなくなります。

脂質の多い食事を控え、亜鉛やミネラル、ビタミンを多く含んだ食事を心がけていきましょう。

睡眠不足だと髪も育たない

髪の成長ホルモンは就寝中に分泌されますので、睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌が減少し髪が育ちにくくなります。

成長ホルモンは就寝後、約6時間は分泌され続けますので、最低でも6時間は睡眠時間を取るようにしましょう。

ストレスは慢性的にある

ストレスを感じると自律神経が乱れがちとなり頭皮の血行が悪くなることで、髪の成長にも悪影響を及ぼします。

また、ストレスから不眠に陥ったり、精神的な病気にもなると新たな薄毛の原因を作り出すことになります。

全てのストレスをなくすのは難しいですが、気分がリフレッシュできることを見つけてストレス発散につなげていきましょう。

2.頭皮マッサージで血行をよくする

頭皮マッサージをするとことで、頭皮の血流が良くなり薄毛予防になります。

頭皮から髪に栄養が運ばれるため、血行をよくすると髪に栄養が行き渡りやすくなります。

ただし、ゴシゴシと強くマッサージする・爪を立ててマッサージをすると、逆に頭皮を傷めてしまうので、マッサージをするときは優しく指の腹で行うようにしてください。

頭皮マッサージをしたからといって、すぐに薄毛に効果があるのではないので、継続的に頭皮マッサージを行っていきましょう。

3.シャンプーの変更で頭皮環境を改善

使っているシャンプーをアミノ酸系の育毛シャンプーに変更し、髪を育てる土台作りをしていきましょう。

洗浄力の高すぎるシャンプーだと頭皮は乾燥し、洗浄力が弱いと汚れを落としきれず、どちらの場合も薄毛の原因に繋がります。

頭皮を乾燥から守りつつも、しっかりと汚れを落とせるシャンプーに変更し頭皮環境が整えていきましょう。

シャンプーの変更で頭皮の環境を改善し、髪が育つ土台作りをすることで他の薄毛対策の効果も高まっていきます。

4.育毛剤の使用して髪を育てる

育毛剤には、髪を育てることで抜け毛の予防・発毛促進、さらには血行促進の効果がありますので、薄毛対策としては最適なアイテムとなります。

薄毛対策として使うのであれば、育毛や発毛促進に特化した育毛剤を選んでください。

5.AGAならば治療を開始

  • つむじ周辺の髪が薄くなっている
  • つむじの渦の巻き方が弱い
  • 薄くなったつむじをふさふさにしたい

という方であれば、すでにAGAを発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断してもらいましょう。

AGAはつむじ周辺の薄毛症状がでやすい特徴があるためです。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • AGAであってもつむじはげの症状を抑える薬がある
  • AGAであれば医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分のつむじの状態に合わせた自分だけの治療ができる

などがあります。

また、AGAは進行性の脱毛症ですから、放置していると治療効果も見込めなくなるほどハゲの症状が進行する最悪のパターンも考えられます。

ですので、あなたが

  • つむじはげになりかけている
  • 頭のてっぺんのボリュームがない
  • 絶対にハゲたくない

と悩んでいるのであれば、つむじはげを進させないためにも、まずは自分がAGAであるかどうかの判断をしていきましょう。

AGAであるかどうかに明確な基準はありませんので、正確に判断するためにも最終判断は薄毛専門の医師の診断を受けて行ってもらいましょう。

今ではオンラインからでも診察が可能なクリニックもありますので、まずは気楽に自分の髪の状態を相談することから始めていきましょう。

\つむじが気になりだし実際にハゲの傾向がある人へ/

※まずは自分がAGAを発症しているのかの確認が大事です

 

まとめ

つむじをふさふさにする方法としては、

  1. 生活習慣の見直さないと意味がない
  2. 頭皮マッサージで血行をよくする
  3. シャンプーの変更で頭皮環境を改善
  4. 育毛剤の使用して髪を育てる
  5. AGAならば治療を開始

などがあります。

まずは自分がつむじはげになっている原因を特定し、原因にあった薄毛対策を取っていきましょう。