髪の毛を触るだけで抜けるのはハゲの前兆?本数での判断は危険

髪を触るだけで毛が抜けるとしても、1~5本程度なら気にする必要はありません。本来、抜ける予定の毛が触ったことで抜けただけと考えられるからです。

一方、

  • 触って抜けた髪が細くて短い
  • 髪質が細く柔らかく変化してきた
  • シャンプー時での抜け毛の量が気になる

という男性の方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性があるため、ハゲを進行させないためにも薄毛専門のクリニックで、一度髪の状態を相談していきましょう。

なぜなら、髪を触る軽度の刺激で毛が抜け落ちる時点でハゲが進行している可能性が高く、放置しているとハゲが広がり治療も困難になるためです。

AGA対策を早期に行うメリットとして

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 髪を抜けにくする医学的根拠のある治療ができる
  • 自分の症状に合わせた自分だけのAGA治療が受けられる

などがあります。

ですので、あなたが

  • 髪を触る度に毛が抜けるのでハゲないか不安
  • 髪のボリュームもなくなってきた
  • でも、ハゲたくない

というのであれば、早期のうちにAGA対策に動きだし、ハゲを進めない適切な対策を行っていきましょう。

\すでにハゲの傾向を感じている人へ/

※本気でハゲたくない人はチェックしてください

 

髪の毛を触るだけで抜けるとヤバイ本数

髪を触って、1~5本程度の抜け毛ならば、そこまで気にする必要はありません。

なぜなら、髪の毛は、1日に100本抜けるとされており、そのほとんどが洗髪時に抜けています。

つまり、抜ける予定の髪は外部の刺激が加わったときに抜け落ちるのですが、髪を触ることでも刺激となり本来抜ける予定の髪が抜けていると考えられるからです。

ただし、髪を触ると毛が抜けることが気になるからと言って、不必要に髪を触りすぎたり、強く引っ張ったりしてはいけません。

まだ抜ける予定ではない髪まで、自分で抜くことにつながります。

髪を触りすぎで抜ける原因の一つは髪の乾燥

髪が乾燥していると、指通りが悪くなり手に引っかかるため髪が抜けてしまいます。

1回で抜ける本数は少なくとも、毎日繰り返し触ることで抜け毛の本数も増えてしまい薄毛に繋がる恐れがあります。

触ることが癖になるとハゲが加速する

  • 抜け毛が気になり常に髪を触って更に毛が抜けてしまう
  • 薄毛と癖と両方が原因となり抜け毛の量が増えてしまう
  • 触ることで頭皮に刺激が加わり頭皮環境が悪くなり、さらに抜け毛の原因を増やす

抜け毛が気になって毛を触ることが癖になると、本来ならまだ抜けない毛まで自分で抜いてしまいます。

自分では軽く触っているつもりでも、案外強く引っ張ったりしているものです。

また、髪を触って毛が抜けることが気になって、更に髪を触わるとまた毛が抜けるため「自分は異常に髪が抜けている」と思いがちです。

過度な刺激が頭皮に続くと頭皮環境が悪くなり、髪に栄養を十分に運べず薄毛や抜け毛の原因になります。

髪を触る癖は、自分で薄毛の原因を作ることになるため、薄毛になるスピートは早くなってしまいます。

髪を触ることを意識的に止めるだけでなく、髪を抜けないように薄毛対策で予防していきましょう。

髪を触っても抜けないことが当たり前になると、髪を触ることもなくなっていくはずです。

AGAを発症していると弱い刺激でも髪が抜ける

髪を触るだけの軽度の刺激でも髪が抜ける状態は、AGAが進行し本来ならば耐えられる刺激であっても、耐えきれずに抜けているとも考えられます。

AGAには髪が細くなる症状があり、細くなった髪は外部の刺激に弱くなるため簡単に抜けていきます。

さらに、髪の成長サイクルにも乱れが生じ、髪が生えている期間が短くなる傾向があります。

AGAを発症しているのであれば、AGAクリニックでの治療も検討していきましょう。

AGAクリニックでの薄毛対策の詳細については後述する【AGAならば治療しないとハゲは進む】をご参考になさってください。

ハゲになっているかの確認方法は3つ

  1. 抜け毛の状態
  2. 以前との抜け毛の量
  3. AGAクリニックで医師から診断

1.抜けた本数ではなく抜け毛の状態から確認

髪を触るだけで抜け毛があることが「ハゲになりかけている?」と気になるのなら、触って抜けた本数ではなく抜けた髪の毛の本状態から判断しなくてはいけません。

抜け毛の状態が細くて短い場合は、薄毛の傾向があるので要注意です。

髪が太く長く成長する前の段階で抜けている髪の毛である可能性があります。本来ならば、まだ抜けるはずのない髪の毛が抜けていますから、薄毛が進行しているとも考えられます。

抜け毛に薄毛の兆候が見られるのなら、早期に薄毛対策を開始しなくては、どんどん抜ける毛が増えていく恐れがあります。

2.以前よりも髪を触ると抜ける本数が増えた

以前は髪を触っても抜けなかった、または以前よりも髪を触って抜ける本数があきらかに増えた場合も要注意です。

薄毛が原因となり抜け毛の量が増えている可能性があります。抜け毛の量が増えたと感じているのに、対策をせず放置しておくと症状が進行するだけです。

3.AGAクリニックで医師から判断してもらう

セルフチェックから薄毛の疑いがあるのなら、AGAクリニックでAGAを発症していないかを医師から判断してもらいましょう。

抜け毛の状態が細い場合でも、生まれつきに髪の細さなどから、AGAではないこともあります。

AGAであるかどうかの判断は自己確認だけでは難しいため、最終的には薄毛専門の医師に判断してもらうのが正確です。

まずは自分の髪の状態を薄毛専門の医師に相談することから始めてみましょう。

薄毛にならないための対策方法

始めは生活面の見直しからスタート

まずはご自身の生活面の見直しをしてみてください。食生活や睡眠時間、ストレス、運動、喫煙なども、間接的に薄毛の原因となっています。

偏った食事内容ならば、バランスの取れた食事を心がけましょう。

質のよい睡眠を最低6時間は取るようにし、適度な運動もし、ストレスとも上手く付き合っていきましょう。

全てを改善するのは難しいかもしれませんが、まずはできる範囲のことから意識的に改善してください。

シャンプーや育毛剤を使って対策

髪を育てるためには、土台である頭皮の環境を整えなくてはいけません。

まずは頭皮の汚れを、皮膚に負担なく洗浄できるシャンプーに変更していきましょう。

アミノ酸系や育毛シャンプーならば、頭皮の乾燥を防ぎつつ頭皮環境を整えてくれます。

シャンプーの変更で髪が育ちやすくなったところに、育毛剤でのケアを加えて行えば、さらなる薄毛対策の効果が期待できます。

ただし、シャンプーの変更と育毛剤でのケアには発毛効果はありませんので、あくまでも薄毛予防と今ある髪の育毛と考えてください。

AGAならば治療しないとハゲは進む

  • 軽く髪の毛を触るだけで毛が抜ける
  • 髪質が細く柔らかく変わってきた
  • 頭皮が透けてハゲに見える

という男性の方であれば、すでにAGAを発症している可能性があるため、早期にうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を調べてもらいましょう。

AGAは進行性の脱毛症ですので、育毛剤などのセルフケアでは症状の改善はできず、放置しているとハゲ症状は進み、最悪の場合はクリニックでも改善できないほどハゲていきます。

早期のうちからAGA対策を行うメリットとして

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 髪を抜けにくする医学的根拠のある治療ができる
  • 自分の症状に合わせた自分だけのAGA治療が受けられる

などがあります。

ですから、あなたが

  • 髪を触る度に毛が抜けるのでハゲないか不安
  • 髪のボリュームもなくなってきた
  • でも、ハゲたくない

というのであれば、治療でも改善できないほど症状が進むことを防ぐためでも、まずは自分がAGAを発症していないのか判断し、早急にハゲ対策に動き出していきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪の状態を相談してみてください。

\AGAはセルフケアでは改善不可能です/

※髪を触って毛が抜けてもハゲの心配がないのなら相談する必要はありません

 

髪を触って抜ける本数だけで判断しない

髪を触って抜けた本数だけで、ハゲるハゲないは判断できません。本数よりも抜けた毛の状態で判断しなければいけないためです。

抜け毛の状態が細くて短ければ、本来ならまだ抜けないはずの髪の毛が育ちきれずに抜けていると考えられ、AGAである可能性もあります。

抜け毛の状態からAGAの傾向があるのなら、早期に薄毛対策を開始しないと、どんどんと抜け毛は増えていきます。

ましてや、髪を触る程度の軽い刺激で毛が抜けているのなら、外部からの刺激に弱くなっていると考えられ、すでにハゲになっている可能性は高いです。

まだ薄毛の初期段階である現時点で、薄毛対策をするのかしないのかで今後の進行具合にも影響してきます。

ですので、まずは自分がAGAであるかどうかを薄毛専門の医師に判断してもらいましょう。

AGAでなければ薄毛のセルフケアを、AGAであればクリニックでの治療を開始してください。

タイトルとURLをコピーしました