枕に抜け毛が10本は多い?少ない?本数では安心できない理由

枕につく抜け毛が10本なら多いのか少ないのか、ハゲである見分け方はあるのか、また抜け毛を増やさない対策などを解説しています。

枕に抜け毛が10本あるのは多い?ハゲかの見分け方

朝起きて枕につく抜け毛の本数が10本程度なら、薄毛の可能性は低いと言えます。

髪の毛は1日約100本抜けるとされています。

1日の抜け毛のうちシャンプー時に60~80本抜けています。さらにドライヤー時にも10本~20本抜けます。

シャンプーが原因で抜け毛が増えるのではなく、単純に外部からの刺激が強いため、本来抜け落ちる毛がシャンプー時に集中しているにすぎません。

就寝中も頭皮と枕の刺激によって毛は抜けますので、5~10本程度なら自然の抜け毛の本数と言えます。

本数だけではハゲとは判断できない

10本程度の抜け毛なら薄毛の心配は低いですが、就寝時に抜けも安心な本数は人によって違います。

1日に100本の抜け毛があるのは、あくまでも日本人の平均での本数です。

日本人の髪の総本数の平均が10万本あるとされており、その0.1%が毎日抜け毛として抜けています。

ですから、髪の毛が50万本の人が1日に100本抜け毛があると抜けすぎな状態といえます。

正確に自分の髪が何本あるかは判断できませんので、枕に付く抜け毛が何本だから大丈夫とは厳密には言えません。

本数が多いと感じたのなら、他の点からもハゲかどうかの確認をしていきましょう。

枕に残った抜け毛の状態で判断

枕に付く抜け毛が細いくて短い毛であれば、ハゲの傾向があるといえます。

細くて短い毛はハゲの症状により、髪が成長しきれずに抜けている可能性があります。

本来なら太く長く育つはずの髪が、ハゲの症状により太く成長できず細いまま抜けていると考えられます。

毛根の形をチェック

枕に残った抜け毛の毛根の形が丸みがなく細い状態、いびつな形である場合、毛根自体が栄養不足になっている可能性があります。

さらに、毛根の色が白っぽい色でない場合も、毛根に栄養が行き渡っていない状態と言えます。

毛根が栄養不足な状態だと、髪に栄養を行き渡らすことができずに抜け毛の原因になります。

枕に抜け毛が付く原因と対策

  • 寝ているときの枕との摩擦
  • 髪が半乾きのまま寝ている
  • 不衛生な枕カバー
  • 加齢によって抜け毛は増える
  • AGAを発症している

寝ているときの枕との摩擦

寝ているときの頭皮と枕の摩擦により髪の毛が抜け、朝起きたときに枕に抜け毛が付きます。

枕の素材や頭の形にあっていない枕を使用すると、摩擦力が上がり抜け毛が増える場合もあります。

枕の素材によっては静電気を発生しやすく、静電気が刺激となりますます抜け毛が増加します。

シルク製の枕カバーだと摩擦が起きにくく、タオル生地などの枕カバーでは摩擦も大きくなります。

枕との摩擦を軽減するために、使われている素材や、頭の形にあう枕に変更していきましょう。

髪が半乾きのまま寝ている

シャンプー後に髪をしっかりと乾かさずに半乾きに状態で寝てしまうと抜け毛が増える傾向にあります。

髪が濡れていると、キューティクルが開いている状態ですので、髪が切れやすくなるためです。

切れやすい状態の髪のまま寝てしまい、枕との摩擦が起こると簡単に髪が切れて抜け毛となります。

また、髪が濡れた状態だと頭皮に雑菌が繁殖しやすく頭皮トラブルの原因ともなります。

頭皮環境が悪くなると、髪に栄養を十分に運べなくなるため薄毛の原因となります。

寝る前にシャンプーをしたときは、しっかりと髪を乾かしてから寝るようにしましょう。

不衛生な枕カバー

枕カバーをずっと洗わずに不衛生なまま使い続けていると、抜け毛の原因となります。

人は寝ているときにでも汗をかいています。個人差はありますが、コップ1杯分の汗を寝ているときにかいているとされています。

当然頭にも汗をかき、枕カバーに汗が染み込んでいます。

毎日に汗が染み込んだ枕カバーを洗濯をせずに使い続けると、雑菌が増殖しやすくなります。

雑菌が増殖した枕カバーで寝続けることで、頭皮トラブルの原因となり抜け毛の原因となっていきます。

こまめに枕カバーを洗濯する・枕を天日干しにするなど、枕を清潔な状態に保っていきましょう。

加齢によって抜け毛は増える

歳を重ねるごとに髪は細くなっていきます。

細い髪は簡単刺激でも抜けやすくなるため、年齢が上がるにつれ枕に付く抜け毛も増える傾向があります。

「歳を取ったらから仕方がない」と何も対策をしないのではなく、薄毛対策を行って抜け毛を予防していきましょう。

AGAを発症している

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、髪は細くなり抜け毛が増えハゲが進行していきます。

以前は枕の抜け毛が気にならなかったのに、最近になる抜け毛が付き始めたのならAGAの発症も疑われます。

AGAであった場合はセルフケアでの改善は難しく、症状の改善のためにはクリックなどで治療を行なわないといけません。

まずは自分がAGAなのかの確認が大事

  • 枕につく抜け毛が増えてきた
  • つむじや生え際にハゲの傾向がある
  • 抜け毛の状態が細くて短い

という男性の方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分の症状に合わせた治療ができる

などがあります。

ですので、あなたが

  • 枕につく抜け毛が増えてハゲそうで不安
  • お風呂での抜け毛も増えている
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、ハゲを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

AGAであるかどうかに明確な基準はなく、自分で判断すると間違ってしまう可能性も高いです。

間違った判断で対策をしないでいると気が付いたときにはハゲの症状が進んでいたということも考えられます。

正確に判断するためにも最終判断は薄毛専門の医師から判断してもらいましょう。

今ではオンラインからでも診察が可能なクリニックもありますので、まずは気楽に自分の髪の状態を相談することから始めていきましょう。

AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

※ハゲの傾向がない人は確認する必要はありません

 

枕に抜け毛が10本なら基本は大丈夫

枕につく抜け毛が10本程度なら、ハゲの心配はそこまでしなくても大丈夫です。

枕との摩擦を防ぐためにも素材をシルクに変える、清潔な枕カバーにする、髪を乾かしてから寝るなどで対策をしていきましょう。

以前は全く枕に残る抜け毛がなかったのに、最近になり抜け毛が増えたのであればAGAの発症も疑われます。

AGAは進行性の脱毛症ですので、放置しておくと枕につく抜け毛も増えていき、ハゲの症状が進んでいきます。

まずは自分がAGAを発症していないのかを冷静に判断し、早期に薄毛対策に動き出していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました