おでこが広いとはげるわけではない。広さだけで判断するのは危険

おでこが広いとはげる関係性について解説しています。

おでこが広いとはげる?広いだけとハゲの違い

  • 生え際の髪が太い
  • 髪にコシがある
  • 以前のおでこの広さと変化がない

という方であれば、ただ単におでこは広いだけでハゲの心配はする必要がありません。

おでこが広いからといって、必ずしもはげるのではありません。

大事なことは、以前と比べておでこの広さや髪質に変化があったのかどうかです。

平均のおでこの広さ

日本人の平均のおでこの広さは、眉毛の上から6センチとされています。

6センチは、おおよそ眉毛の上から指が4本の広さでもあります。

つまり、おでこが6センチ以上、もしくは指4本以上あれば、日本人の平均よりも広いおでこと言えます。

目安としてのハゲ確認方法

  • 髪質の変化
  • 頭皮の透け具合

生え際の髪の状態が、以前と比べて細くて柔らかいとハゲになっている可能性があります。

ハゲの症状により髪質が変化していると考えられるためです。

髪が細くなってくると、毛と毛の間に隙間ができるため頭皮が透けやすくなることも特徴の一つです。

最終的な判断方法

おでこの広さとハゲには因果関係がないため、おでこの広さだけではハゲになっているかの判断はできません。

生え際や頭皮の透け具合から薄毛の傾向を感じているのであれば、最終的な判断は薄毛専門のクリニックでしていきましょう。

ハゲの発症には明確な基準がないため、自己判断を行うと間違った判断をする危険性もあり、対策が遅れてハゲが進行することも考えられます。

おでこが広くなる原因

生活習慣の乱れ

食生活の乱れ・睡眠不足・ストレスなどがで生活環境が乱れていると、薄毛の原因にもなります。

特に睡眠不足が続くと、髪の成長ホルモンの分泌にも悪影響が出て、髪が十分に成長できなくなります。

ストレスが加わると、さらに睡眠不足に陥り、ますます薄毛の危険性もましてしまいます。

髪には直接影響はないと思われがちな生活環境ですが、実は薄毛の原因となっています。

慢性的なストレス

ストレスを感じると自律神経が乱れがちとなり、頭皮の血行が悪くなります。血行が悪くなると、髪に十分に栄養を運べなくなり、薄毛の原因となります。

また、ストレスから不眠に陥ったり、精神的な病気にもなると新たな薄毛の原因を作り出すことになります。

AGA(男性型脱毛症)の発症

AGA(男性型脱毛症)を発症すると、髪は細くなり抜け毛が増えハゲが進行していきます。

AGAの場合、前髪部分・つむじ周辺に症状が出やすい特徴ありますので、おでこが広くなったと感じているのならAGAの発症も疑われます。

AGAであった場合は、セルフケアでの改善は難しく、症状の改善のためにはクリックなどで治療を行なわないといけません。

おでこからハゲないための対策

生活面の改善をしないとハゲの原因が残る

生活習慣を見直し改善させることでも薄毛対策なります。食生活や睡眠時間、ストレスなどを見直して改善していきましょう。

育毛剤などで薄毛対策をしたとしても、生活面の改善ができていないと原因部分が残ったままとなるため、薄毛も改善されません。

全ての生活面を改善させることは難しいですが、できる点からでも始めていきましょう。

セルフケアで抜け毛を防止する

例え、生活面の改善ができても、髪が育つ土台がないと髪は十分に育ちませんので、頭皮環境の改善をセルフケアで行っていきましょう。

頭皮マッサージをして頭皮の血行を改善する、シャンプーを変更して髪が育ちやすい環境作りをする、育毛剤を使用してハゲ予防を行うなどのセルフケアを行っていきましょう。

AGAならば治療するしかハゲを食い止められない

  • おでこが昔より広くなった
  • 生え際の毛が細くて柔らかい
  • 生え際が後退してきている

という方であれば、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性がありますので、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 太く・抜けない髪にする治療ができる

などがあります。

ですので、あなたが

  • おでこが広くでハゲそうで不安
  • 前髪がスカスカで頭皮が目立つ
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、ハゲを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に自分のおでこの状態を相談することから始めていきましょう。

\おでこが広いだけなくハゲの傾向もある人へ/

※AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

 

おでこが広いとはげるのではなく広くなった時が要注意

おでこが広いだけで必ずしもはげるわけではありません。

もともと、おでこが広く、生え際の髪も太い・コシがあるのであれば、ハゲの心配はする必要はありません。

ただし、以前と比べておでこが広くなった人・髪質が細く柔らかくなった人は、ハゲになっている可能性があります。

特に生え際にハゲの傾向がでるのは、AGAの特徴でもありますので、早期のうちにAGAを発症しているのかを判断していきましょう。

AGAであればセルフケアではハゲの症状の改善は難しく、治療を開始しないとハゲは進行していきます。

しかし、AGAには明確な発症の基準はないため、最終的には薄毛専門のクリニックで判断してもらってください。

AGAであればセルフケアでおでこのはげ対策を行い、AGAであれば治療を開始しましょう。

おでこに広さが気になっているのに何も対策を行わないでいても、自然とおでこが狭くなることはありません。

ハゲたくないのであれば、早期に薄毛対策に動きだしてください。

タイトルとURLをコピーしました