抜け毛の季節は人間にもある?髪が抜けやすい時期を知っておこう

抜け毛の季節は人間にもあるのかについて解説しています。

抜け毛の季節は人間にもあるのでしょうか

動物には抜け毛の季節(換毛期)がありますが、人間の場合は何月と何月に抜け毛が増えるという明確な時期はありません。

ですが、人間にも抜け毛の季節はあるともされていて、春と秋に抜けやすいです。

犬や猫の動物と違い「寒くなってきたらか」「暑くなってきたから」との理由で毛が抜け落ちるのでないと考えれらています。

秋に抜け毛が増える理由

「髪の毛は秋に増える」ということは有名な話ですが、確かに秋以降に抜け毛が増える人は多いです。中には普段の3倍も抜ける人もいます。

秋に抜け毛が増加する理由は、夏に受けた紫外線ダメージが秋に抜け毛としてあらわれるためと考えられています。

夏の疲れやストレスの蓄積が秋になると自立神経の乱れなどの症状として出現し、抜け毛を引き起こしているともされています。

春にも抜け毛は増えやすい

抜け毛の季節のイメージは秋が強いですが、実は春にも抜け毛の量は増えやすいです。春は、花粉の影響を頭皮に受けやすく、また新生活が始まる時期もありストレスを感じやすいです。

さらに冬の乾燥の影響が春になって抜け毛となってあらわれやすくもなります。

季節の抜け毛の対策方法

夏の時期には髪と頭皮の紫外線対策を怠らないようにしましょう。頭皮を紫外線から守るため、帽子や日傘を利用していきます。

髪に良い食事や質の良い睡眠を心がけ、頭皮マッサージなどをして頭皮の血行を良くし、乾燥から守っていきましょう。

頭皮ローションや育毛剤を使って、頭皮を保湿することもおすすめです。

いずれにせよ、季節の抜け毛が始まる時期の前から、髪や頭皮を守る対策が必要になります。大事なのは特定の時期だけケアをするのではなく、1年を通してケアをしてくことです。

育毛剤を使って生えてくる髪をサポート

季節が原因で抜け毛が増えたのなら、次に生えてくる髪をサポートすることも大事です。普段より大量に抜けているのですから、髪を生やすことも、残っている毛を守ることにも力が必要です。

季節でのダメージを受けているのですから、手助けをしてあげないと、元気な髪も生えてこず、今残っている毛も弱っていきます。

生活面の見直しをしつつ育毛剤を使って、毛を育てる環境作りをしていきましょう。

季節の抜け毛と思いこむのも危険

季節の影響による抜け毛は1~2ヶ月もすれば治まってきます。危険なのは、抜け毛の季節が過ぎても抜ける毛の量がいつまで経っても少なくならないときです。

抜け毛の量が増えたのは季節のせいではなく、他の原因である可能性もあります。

例えばAGAの発症や加齢による薄毛などがあります。

「季節による抜け毛だろう」と安心していては、いつまで経っても抜け毛の量は減らず、むしろ増えていくこともありえます。

気がついたときはハゲになっていることもありますから、抜け毛の量が減らないと感じているのなら、早々に育毛剤などで対策を開始していきましょう。

季節が過ぎても抜け毛の量が減らないときは要注意

人間の抜け毛の季節は明確にはあるとはされていませんが、「春」と「秋」の2回は抜け毛の量も増えやすいです。

秋は夏の紫外線や疲れのダメージ、春は花粉や冬の乾燥、新生活のストレスなどが理由で抜け毛が増加するとされています。

秋や春になる前の季節のうちから、頭皮や髪への対策を行うことが、季節の抜け毛対策としては大事です。

季節による抜け毛は、普通であれば1~2ヶ月もすれば量も減っていきます。ですが、いつまで経っても抜け毛の量が減らないときは、季節の影響ではなく他の原因でハゲてきていると考えられます。

他が原因となっていれば、放置しているとますます抜け毛の量は増え、気がついたらハゲになっていた、ということもありえます。

抜け毛の量がいつまで減らないと感じているのなら、薄毛対策として簡単に始められる育毛剤などで薄毛対策を開始しましょう。

\季節が過ぎても抜け毛の量が減らない人へ/

※対策をしないと抜け毛が減ることはありません

 

タイトルとURLをコピーしました