髪が細すぎる場合でも改善できる?このままハゲるのは絶対阻止したい

髪が細すぎるとハゲになるのではと不安にもなりますが、髪の太さだけではハゲであるかの正確な判断はできません。

まずは抜け毛の状態が細く短くないかを確認しましょう。抜け毛から薄毛の傾向を感じたのなら、自分がAGA(男性型脱毛症)を発症していないかを確認していきましょう。

AGAの発症の判断を行うメリットとしては、

  • 自分が今後行うべき適切な薄毛対策がわかる
  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮される
  • 今以上に髪が細くなることを予防できる

などがあります。ですから、あなたが

  • 髪が細すぎてハゲになりそうで不安
  • 髪のボリュームもなくなってきた
  • 誰にもバレずに薄毛対策をしたい

と悩んでいるのなら、今からAGAの発症の確認をしておきましょう。髪が細い分、他の人よりも早め早めに対策を開始しないと、薄毛は改善されません。

\髪が細すぎてハゲてきている人へ/

※髪が細い分、早めに対策を開始しないとマズイです

 

髪が細すぎると不安になったときのチェックポイント

髪の太さが0.07ミリ以下

日本人の髪の太さの平均は0.07~0.1ミリです。ですので、0.07ミリ以下であれば、髪が細すぎると判断できます。

ですが、自分の髪が何ミリあるのかを正確には図れません。また、生まれつきの髪の太さもあるので、0.07ミリ以下だからといってハゲであるとは言えません。

髪が細い人でも、髪がしっかりと強ければ問題のない髪ですので、ハゲの心配はしなくてもよいでしょう。

髪の細さで判断するのであれば、以前の自分の髪の太さよりも細くなったかどうかで判断しないといけません。

抜け毛の状態からチェック

髪の細さから判断するのではなく、抜け毛の状態が細くて短くないのかで薄毛の傾向を見ていきましょう。

細くて短い抜け毛が多いのであれば、髪が育ちきる前に抜けていると判断でき、薄毛になっている可能性が高いです。

抜け毛の状態から薄毛の傾向を感じたのなら、早期に薄毛対策を行っていきましょう。

ヘアセットの崩れやすくないか

以前よりもヘアセットに時間がかかるようになった・ヘアスタイルが崩れやすくなったなどの変化がないかをチェックしましょう。

髪が細くともコシがある人はヘアセットも崩れませんが、髪が細すぎてコシがなくなるとヘアセットがしづらくなり、簡単に崩れやすくなる特徴があります。

頭皮が透けて見えている

髪が細いと、毛の奥まで光が届き頭皮が透けて見えます。もともと髪が細いため、以前から頭皮が見えていたのなら問題はありません。

ですが、以前は地肌が見えていなかったのに、最近になり頭皮が透けて見えるようになったのなら、薄毛の症状により髪が細くなったためと考えられます。

髪が細い人は普通の人よりもハゲになりやすい

AGA(男性型脱毛症)などの薄毛には、髪が細くなる症状があります。髪が細くなると、外部からの刺激にも弱くなり、髪は抜けやすくなり、抜け毛が増えることとで、ますますハゲが進行していきます。

もともと細い髪が、ますます細くなってしまい抜け毛が増える原因となってしまいます。

髪が細いとハゲにも見られやすい

もともと髪が細い人は、普通の人と同じ量の抜け毛があったとしても、髪が細い分、普通の人よりもハゲに見られやすいです。

髪が細いと頭皮が透けて見えやすいこと、髪がふんわりと立たなくなりボリューム感がなくなることなどが理由です。

普通の人よりもハゲの印象がつきやすくなりますので、早期に薄毛対策を開始しましょう。

髪を太くする対策は3つ

  1. 生活習慣の見直し
  2. セルフケアで髪を育てる
  3. AGA(男性型脱毛症)の場合は治療

1.生活習慣の見直し

髪が細くなるのは、髪に栄養が行き渡らず成長できていないためです。髪に栄養が行き渡らなくなるのは、食生活や睡眠時間、喫煙、ストレスなども原因となります。

食生活の見直し、睡眠時間の確保、適度なストレス発散など、髪をますます細くしないためにも、生活面で改善できる点は改善していきましょう。

2.セルフケアで髪を育てる

シャンプーの変更や頭皮マッサージ、育毛剤などのセルフケアで髪を育てていきましょう。

使っているシャンプーをアミノ酸系の育毛のシャンプーに変更すると、髪を育てる力のある頭皮に整えることができます。

ただし、育毛系シャンプーだけで髪を太くするのは難しいので、シャンプー変更にプラスで育毛剤などの他の薄毛対策をしていきましょう。

育毛剤には、髪を強く育てる働きがありますので、細い髪も強く育ててくれます。

さらに、抜け毛の予防・発毛促進の効果がありますので、髪が細い人が行う薄毛対策としては最適のヘアケア用品となります。

3.AGA(男性型脱毛症)の場合は治療

髪が細くなっている原因がAGA(男性型脱毛症)であるのなら、治療を開始しないと薄毛の症状は進行していきます。

育毛剤などのセルフケアでは症状を抑えることはできても改善はできません。ですが、AGAの治療には個人の症状に合わせた薬を用いますので、薄毛対策としての効果は高いです。

まずはAGAの発症を判断する

AGAの治療を開始する前に、自分がAGAを発症しているのかを判断していきましょう。

ただし、AGAの発症には明確な基準がないため自己判断は難しいのが現状です。正確に判断するには、薄毛専門の医師から診断を受けることが最も確実であり正確です。

AGAでなければセルフケアで薄毛対策を行い、AGAであれば治療を開始していきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の髪の状態を相談してみてください。

\髪が細すぎてハゲかけている人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知るのが大事です

 

髪が細すぎる人は早め早めの対策が大事

髪が細すぎると感じているだけでは、ハゲであるかどうかの判断はできません。正確に判断するのなら、髪の細さに加えて抜け毛の状態が細くて短くないのかを確認しましょう。

もともと髪が細い人であっても、抜け毛などから薄毛の傾向を感じたのなら、早めに対策に動き出さないと、普通の人と同じ抜け毛の量だとしてもハゲに見られやすいです。

ですが、髪が細すぎると自分で感じて始めている時点で薄毛になっている可能性は高いです。

正確にハゲであるかどうかの判断は難しいですので、何かしらの薄毛の傾向を感じたのなら早々にハゲ対策を開始してください。

薄毛だった場合は放置していると、どんどんハゲは進行してしまいますので、早期の薄毛対策に努めてください。

より詳しく髪を太くする方法については下記の記事でも解説していますので、ぜひご参考になさってください。

一度細くなった髪が太くなるのかは対策の方法で決まる
一度細くなった髪を太く戻す方法について解説しています。細くなった原因を知らないと適切な対策は取れません。
タイトルとURLをコピーしました