生え際に産毛が多いと「ハゲ」と言われる理由。成長しないままならマズイ

生え際に産毛が多いのはハゲの傾向である可能性と、ハゲが改善されている傾向の両方のパターンが考えられます。

すでに薄毛対策の結果、産毛が多くなったのなら良い傾向であるといえ、逆に何の対策もケアもしていないのに、生え際に産毛が増えた、いつまでも産毛のままならば薄毛の傾向があると言えます。

いつまでも産毛のまま成長しないと感じているのなら、早期に薄毛対策を開始していきましょう。

まだ産毛として育つ要素が残っている毛があるうちにケアを開始しないと、いずれは産毛も生えてこなくなり、できるケアも限られてしまいます。

早期に薄毛対策を行うメリットとしては、

  • 髪を強く育てることができる
  • 早期に対策を行うほど効果も発揮されやすい
  • 将来的にハゲることの予防ができる

などのメリットがあります。ですから、あなたが

  • 生え際の産毛が育たずハゲなのかと不安になる
  • 抜け毛の量が増えたと感じている
  • ハゲだけにはなりたくない

と悩んでいるのなら早期に薄毛対策を開始していきましょう。

産毛から薄毛の傾向を感じているのに、何の対策をしないでいるとハゲが進行していきます。まだ育てる毛が残っている現時点から薄毛対策を開始してください。

\生え際に産毛が増えたと感じている人へ/

※産毛を育てていかないとハゲになるだけです

 

生え際に産毛が多いとハゲのサインの可能性

薄毛の治療や対策をしていて生え際に産毛が多いのは、薄毛対策の効果が出ているためと考えられるので良い傾向と言えます。

薄毛対策などをしていない人が生え際に産毛が多くなったのなら、ハゲの傾向である可能性があります。

昔よりも生え際に産毛が増えたときはハゲのサイン

昔は生え際の産毛が気にならなかったのに、最近になって産毛が増えたと感じているのならハゲの傾向であると言えます。

産毛は本来なら太く長く成長していくものですが、いつまでも産毛のまま成長せずに産毛だけが増えているのは、ハゲの症状により髪が成長できていないためです。

成長しきれずに産毛のまま抜けてしまい、また産毛が生えてくるので、産毛だけが増えていると考えられます。

産毛からハゲの兆候を感じたのなら薄毛対策を行わないと、いつまでも産毛が成長せず、薄毛が進行してしまいます。

産毛だけが増え続け、いずれ生え際が後退していく

産毛の状態をそのままにしておくと・・・

  • 産毛だけが増えていき生え際が後退していく
  • 生え際がどんどん後退し抜け毛の量が増加する
  • 周りからの視線が気になり仕事に集中できず評価が下がる

ハゲの症状のため産毛が増えたのなら、いつまで産毛の状態から成長せずに抜け続け、いずれは生え際も後退していきます。

生え際からどんどんとハゲが進み、気がついたら誰がどうみてもハゲの状態になっていることもあります。

生え際の産毛の状態からハゲの傾向を感じているのに、薄毛対策をしないで放置していても事態が改善されることはありません。

産毛を育てていかないとハゲになるだけ

産毛を太く長く育てていかないと、いつまでも産毛の状態のままとなり、いずれハゲに進んでしまいますので薄毛対策を行っていきましょう。

すでにハゲの状態になっているのであれば、最も効果がある対策はAGAクリニックでの治療になります。保険適用外、定期的な通院、薬の副作用の心配などはありますが、ハゲになっている場合は有効な方法です。

まだ、産毛が気になりだした段階であれば、セルフケアでの対策方法も試していきましょう。

生活面の改善から抜け毛を予防

食生活や睡眠時間、喫煙、ストレスなどの生活面の影響も薄毛には大きく関わっています。脂質の多い食事を避け、髪の成長に良いとされる亜鉛やミネラルなどを含む食事に見直していきましょう。

髪の成長ホルモンは寝ているときに分泌されますので、質の良い睡眠を取れるように心がけ、6時間は寝るようにしましょう。

さらに、ストレスを感じているのなら、気分をリフレッシュできる方法も見つけていきましょう。

生活面の全てを改善することは難しいのですが、自分ができる範囲から改善をしていってください。

シャンプーを変えて髪を生やす準備する

髪を生やして強く育てていくには、土台である頭皮の環境を整っていないといけません。

日々の汚れや皮脂などをシャンプーで落としていくのですが、洗浄力の高いシャンプーだと必要な皮脂まで落としてしまいます。

逆にきちんと洗えていないと汚れが溜まったままになり、毛穴詰まりの原因となり髪に栄養を十分に運べません。

頭皮を守りつつも、きちんと汚れを落とせるシャンプーに変更して、頭皮環境の改善を図り毛を生やす準備を整えていきましょう。

変更するシャンプーは、アミノ酸系や育毛系がおすすめです。

育毛剤で髪を育てていく

育毛剤には、髪を強く丈夫にする育毛効果がありますので、産毛にも効果が期待できます。まだ育てる髪が残っている初期の段階では、育毛剤の効果も発揮されやすいです。

また、生え際の産毛だけでなく、頭皮全体に効果が見込めますので、総合的な薄毛対策が育毛剤で可能です。

誰にでも効果がある育毛剤はないが使うタイプを正しく選ぼう

育毛剤にもデメリットはあります

  • 即効性がないので効果がわかりにくい
  • どんな状態の薄毛にも効果があるわけではない

すぐに産毛が育つ?

育毛剤を使ったらからといって、すぐに産毛が太く長く成長するわけではありません。最低でも3~6ヶ月は継続して使用しないと自分では効果は実感しにくいものです。

3ヶ月は長いと感じるかも知れませんが、育毛剤でのケアが習慣になれば長いとは感じないはずです。

絶対に産毛に効果がある?

育毛剤を使っても必ずしも産毛に効果があるとは言えません。効果の出方には個人差がありますので、万人に効く育毛剤は存在しませんが、育毛剤には多くの種類があります。

抜け毛の予防に特化したタイプや、頭皮の環境を改善することに特化したタイプなどがありますので、産毛が気になっているのなら育毛タイプの育毛剤を選んでいきましょう。

まだ産毛が生えているのなら育毛剤でケアができる

育毛剤を利用することのメリット

  • 薄毛がまだ進行していない人に最適なケア
  • 頭皮環境が良くなり髪が育ちやすくなる
  • 誰にもバレずに自宅で手軽に始めることができる

育毛剤は、育てる毛や守る毛が残っていないと効果もありませんので、まだ産毛がある時点では育毛剤でのケアが最適です。

頭皮環境を整えて産毛が育つ環境作りを育毛剤でしていきましょう。

薄毛の症状がなくても生え際に産毛が増えてきたら要注意

生え際に産毛が多いと感じ始めたのなら、薄毛になっている可能性があります。特に薄毛対策をしていないのに、産毛が増えたのなら、ハゲの症状により産毛が太く育たずにいるためと考えられます。

薄毛の症状を他で感じていなくても、いつまでも産毛のまま、産毛が増えてきたのなら、ハゲの傾向があると言えますので薄毛対策を開始していきましょう。

生活面の改善やシャンプーの変更をして、頭皮の環境を整えつつ、育毛剤で髪を育てていきましょう。

産毛からハゲの傾向を感じているのに、何も対策しないでいても事態は改善されません。気がついたときには生え際も後退しハゲになっていたと後悔しないためにも早期に対策を開始していってください。

\生え際に産毛が増えたと感じている人へ/

※産毛を育てていかないとハゲになるだけです

 

タイトルとURLをコピーしました