生え際に産毛が多いと「ハゲ」と言われる理由。成長しないままならマズイ

セルフケアやクリニックでの薄毛対策を行った結果、生え際に産毛が多いのであれば、ハゲが改善していると考えられるので問題ありません。

一方、

  • 薄毛対策をしていないのに生え際に産毛が多い
  • いつまでも産毛のままで成長しない
  • 昔に比べて生え際が後退してきた

という方であれば、すでにハゲ、すなわちAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性があるため、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGAの判断を行ってください。

なぜなら、AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアでの対策では症状は改善されず、放置していると生え際が後退していき、いずれは産毛すら生えてこなくなるほどハゲてしまうからです。

AGAクリニックで治療を開始するメリットとしては

  • 早期に対策を開始するほと効果も発揮されやすい
  • 医学的に根拠のある治療が受けられる
  • 自分の生え際の症状に合わせた自分だけのAGA治療が行える

などがあります。

ですので、あなたが

  • 生え際の産毛が多いけど伸びてこない
  • 前髪がスカスカになってきてハゲそうで不安
  • ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、早々にAGAの確認をし、症状を止めるための薄毛対策に動きだしていきましょう。

産毛から薄毛の傾向を感じているのに、何の対策をしないでいるとハゲが進行していきます。まだ育てる毛が残っている現時点から薄毛対策を開始しましょう。

\生え際の産毛が伸びなくてハゲそうな人へ/

※まずは自分がAGAであるかどうかの判断が大事です

 

生え際に産毛が多くなる原因

産毛は、ヘアサイクルの成長期に生えてくる新しい毛です。本来なら成長期に沿って太く長く髪は育っていきます。

しかし、ヘアサイクルの期間に乱れが生じると成長期の期間が短くなり、髪が産毛のまま、退行期・休止期へ移行してしまいます。

生え際の毛が成長できずに抜け落ち、また産毛が生えてくることを繰り返すため「産毛が多くなった」と感じやすいです。

ヘアサイクルの乱れは、生活習慣の乱れ・不眠・AGA(男性型脱毛症)、びまん性脱毛症など多くの原因が考えられます。

産毛が増えたときはハゲのサインの可能性

昔は生え際の産毛が気にならなかったのに、最近になって産毛が増えたと感じているのならハゲの傾向であると言えます。

産毛は本来なら太く長く成長していくものですが、いつまでも産毛のまま成長せずに産毛だけが増えているのは、ハゲの症状により髪が成長できていないためです。

成長しきれずに産毛のまま抜けてしまい、また産毛が生えてくるので、産毛だけが増えていると考えられます。

産毛からハゲの兆候を感じたのなら薄毛対策を行わないと、いつまでも産毛が成長せずに薄毛が進行してしまいます。

ハゲの心配はないパターン

薄毛の治療やセルフケアでの薄毛対策をしていて、生え際に産毛が多くなったのであれば心配する必要はありません。

薄毛対策の効果として産毛が生えてきたと考えられるため良い傾向である言えます。

生えてきた産毛が抜けずに太く成長するのかを見ていきましょう。

産毛を育てて太くする方法

  • 生活面の改善から抜け毛を予防
  • シャンプーを変えて髪を生やす準備する
  • 育毛剤で髪を育てていく
  • AGA(男性型脱毛症)なら治療を開始

産毛を太く長く育てていかないと、いつまでも産毛の状態のままとなり、いずれハゲに進んでしまいますので薄毛対策を行っていきましょう。

生活面の改善から抜け毛を予防

食生活や睡眠時間、喫煙、ストレスなどの生活面の影響も薄毛には大きく関わっています。脂質の多い食事を避け、髪の成長に良いとされる亜鉛やミネラルなどを含む食事に見直していきましょう。

髪の成長ホルモンは寝ているときに分泌されますので、質の良い睡眠を取れるように心がけ、最低でも6時間は寝るようにしましょう。

さらに、ストレスを感じているのなら、気分をリフレッシュできる方法も見つけていきましょう。

生活面の全てを改善することは難しいのですが、自分ができる範囲から改善をしていってください。

シャンプーを変えて髪を生やす準備する

髪を生やして強く育てていくには、土台である頭皮の環境を整っていないといけません。

日々の汚れや皮脂などをシャンプーで落としていくのですが、洗浄力の高いシャンプーだと必要な皮脂まで落としてしまいます。

逆にきちんと洗えていないと汚れが溜まったままになり、毛穴詰まりの原因となり髪に栄養を十分に運べません。

頭皮を守りつつも、きちんと汚れを落とせるアミノ酸系シャンプーなどに変更して、頭皮環境の改善を図り毛を生やす準備を整えていきましょう。

育毛剤で髪を育てていく

育毛剤には、髪を強く丈夫にする育毛効果がありますので、産毛にも効果が期待できます。まだ育てる髪が残っている初期の段階では、育毛剤の効果も発揮されやすいです。

また、生え際の産毛だけでなく頭皮全体に効果が見込めますので、総合的な薄毛対策が育毛剤で可能です。

育毛剤を使っても必ずしも産毛に効果があるとは言えません。効果の出方には個人差がありますので、万人に効く育毛剤は存在しませんが、育毛剤には多くの種類があります。

抜け毛の予防に特化したタイプや、頭皮の環境を改善することに特化したタイプなどがありますので、産毛が気になっているのなら育毛タイプの育毛剤を選んでいきましょう。

AGAならば治療を開始

  • 生え際の産毛が多いが伸びてこない
  • 生え際の髪質が細くて柔らかい
  • 以前より生え際が後退してきた

という男性の方であれば、AGAを発症している可能性があるため、早期にうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の確認を行ってください。

なぜなら、AGAは進行性の病気ですので、育毛剤などのセルフケアでは症状の改善は見込めず、最悪の場合は産毛すら生えてこない状態となり、治療効果も発揮されなくなるためです。

AGAの治療を行うメリットとしては

  • 早期に対策を開始するほと効果も発揮されやすい
  • 医学的に根拠のある治療が受けられる
  • 自分の生え際の症状に合わせた自分だけのAGA治療が行える

などがあります。また、AGAは生え際にハゲ症状がでやすい特徴があるため、前髪に薄毛の傾向を感じている時点で、ハゲの確率は高いと言えます。

ですので、あなたが

  • 生え際の産毛が多いけど伸びてこないまま
  • 前髪がスカスカになって後退してきた
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、まずは自分がAGAを発症していないのかを確認していきましょう。

AGA発症には明確な基準はないため、間違った判断を行わないためにも最終判断は薄毛専門のクリニックで診断を受けてください。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の生え際の状態を確認することから始めていきましょう。

生え際からハゲの傾向を感じていない人は相談する必要はありません

※AGAなら自分でハゲを改善することはできません

 

急に生え際に産毛が増えてきたら要注意

生え際に産毛が多いと感じ始めたのなら、薄毛になっている可能性があります。

特に薄毛対策をしていないのに、産毛が増えたのならハゲの症状により産毛が太く育たずにいるためと考えられます。

生活面の改善やシャンプーの変更をして頭皮の環境を整えつつ、育毛剤で髪を育てていきましょう。

すでに生え際からハゲてきているのなら、一度AGAを発症しているのかを薄毛専門のクリニックで確認してください。

産毛からハゲの傾向を感じているのに、何も対策しないでいても事態は改善されません。気がついたときには生え際も後退しハゲになっていたと後悔しないためにも早期に対策を開始していきましょう。

タイトルとURLをコピーしました