禿げない人の生え際の共通点。禿げる人との違い。あなたはどっち?

禿げない人の生え際の共通点や特徴について解説しています。

禿げない人の生え際の共通点

  • おでこの広さ(7センチ以下)
  • 産毛がないorある
  • 生え際の髪が太くて長い

おでこの広さ(7センチ以下)

眉毛の上から生え際まで7センチ以下であるのなら、日本人の平均よりも小さいおでこです。

ですので、おでこの広さが7センチ以上ある人はハゲやすいと言えます。ただし、生まれつきのおでこが広い人もいますので、絶対にハゲるとは言えません。

昔よりも生え際が後退したため、おでこの広さが7センチ以上になった人は薄毛になっている可能性が高いです。

おでこの広さとハゲの関係については、下記の記事もご参考になさってください。

おでこが広い。指4本も入るのはさすがにハゲの証拠?!
おでこに指4本入るとハゲなのかについて解説しています。おでこが広くてハゲの兆候があったときの対策も知っておきましょう。

産毛がないorある

生え際に長く伸びていく産毛がある人、逆に生え際の毛が太くコシがあり産毛の存在を感じないという人はハゲる心配は少ないです。

しっかりと育っていく可能性のある産毛であるため問題はないでしょう。

逆にハゲる人の特徴としては、いつまでも産毛のまま育たない・以前は産毛がなかったのに急に産毛ばかりが目立ってきたなどがあります。

以前よりも産毛が多くなっているのなら、産毛から太い毛に成長しきれずに細いままの髪が増えている証拠です。

また昔は産毛があったのに、おでこに産毛がなくなった人も要チェック。ハゲが進行し、生え際に産毛すら生えてこなくなったとも考えられます。

生え際の産毛とハゲの関係については、下記の記事もご参考になさってください。

生え際に産毛が多いと「ハゲ」と言われる理由。成長しないままならマズイ
生え際に産毛が多いのは、薄毛のサインである場合と心配がない場合にわかれます。自分が産毛が多い原因を知って適切な対策を行っていきましょう。

生え際の髪が太くて長い

生え際の髪が他の毛と比べても問題なく太くコシがある毛であるのならハゲの心配がありません。

生え際の毛が細くコシもない場合は、太く丈夫な髪に成長しきれていないと考えられます。細い髪は抜けやすいため、生え際の毛が細いと後退していくこともあります。

禿げない人の生え際とは違う人は要注意

生え際の髪が細い・以前より産毛が増えた・逆に産毛がなくなったのなら、生え際が後退している可能性が高いです。

今以上に生え際が後退することがないように、生活面の見直し(食事、睡眠、喫煙など)などを行いつつ、シャンプーの変更や育毛剤などで薄毛対策を始めていきましょう。

生え際が禿げる人の3つの共通点

  1. 生活習慣が乱れている
  2. 慢性的なストレスがある
  3. AGA(男性型脱毛症)を発症している

1.生活習慣が乱れている

好き嫌いが多い・外食が多いなどの偏った食生活、睡眠不足、喫煙など生活習慣が乱れていると、薄毛の原因となります。

若い頃は不摂生をしていてみ薄毛への影響は感じなかった場合でも、年齢を重ねるごとに髪にも影響が見られやすくなります。

生活習慣を改善させないと、生え際のハゲの原因を自ら作り出してしまいます。

2.慢性的なストレスがある

ストレスに晒されていると自律神経が乱れ、頭皮の血行が悪くなってしまいます。血行不足になると、髪に十分に影響を運べず、薄毛の原因となります。

また、ストレスから睡眠不足に陥ると、髪の成長ホルモンの分泌が減少し、毛も育ちにくくなります。ストレスが慢性化するほど、髪への影響もでやすくなります。

3.AGA(男性型脱毛症)を発症している

AGA(男性型脱毛症)をは生え際に症状が出やすいため、生え際に薄毛の傾向が見られるのなら、すでにAGAを発症している可能性があります。

AGAは進行性の脱毛症であるためセルフケアでの改善は難しく、治療をせずに放置しているとハゲは進行していきます。

なおAGAへの対策については、後述する【AGAならば治療を開始】をご参考になさってください。

禿げない人の生え際になる方法

生活習慣を改善する

生活習慣を見直し改善させることでも薄毛対策なります。食生活や睡眠時間、喫煙、ストレスなどを見直して改善していきましょう。

育毛剤などで薄毛対策をしたとしても、生活面の改善ができていないと原因部分が残ったままとなるため、薄毛も改善されません。

全ての生活面を改善させることは難しいですが、できる点からでも始めていきましょう。

ストレスを溜めない

ストレスを感じると自律神経が乱れがちとなり頭皮の血行が悪くなることで、髪の成長にも悪影響を及ぼします。

また、ストレスから不眠に陥ったり、精神的な病気にもなると新たな薄毛の原因を作り出すことになります。

全てのストレスをなくすのは難しいですが、気分がリフレッシュできることを見つけてストレス発散につなげていきましょう。

シャンプーを変更する

使っているシャンプーをアミノ酸系の育毛のシャンプーに変更し、髪を育てる土台作りをしていきましょう。

洗浄力の高すぎるシャンプーだと頭皮は乾燥し、洗浄力が弱いと汚れを落としきれず、どちらの場合も薄毛の原因に繋がります。

頭皮を乾燥から守りつつも、しっかりと汚れを落とせるシャンプーに変更し頭皮環境が整えていきましょう。

シャンプーの変更で頭皮の環境を改善し、髪が育つ土台作りをすることで他の薄毛対策の効果も高まっていきます。

AGAならば治療を開始

おでこの広さがずっと同じ、生え際の髪が太くてコシがあるのであれば、ハゲの心配をする必要はありません。

一方、

  • 以前よりおでこが広くなっている
  • 生え際の髪質が細くて柔らかくなった
  • 前髪がスカスカで頭皮が目立つ

という方であれば、AGAは生え際にハゲの症状がでやすい特徴がありますので、すでにAGA(男性型脱毛症)を発症している可能性があります

生え際からハゲの傾向を感じているのなら、早期のうちに薄毛専門のクリニックでAGA発症の有無を判断していきましょう。

早期のうちにAGAの確認をしておくメリットとしては、

  • 早期に対策を開始するほど効果も発揮されやすい
  • 医学的根拠のある治療を受けられる
  • 自分の症状に合わせたAGA治療ができる

などがあります。

AGAは進行性の脱毛症のため、セルフケアなどの対策ではハゲの症状は改善できず、最悪の場合は治療の効果も見込めなくなるほどハゲてしまいます。

ですので、あなたが

  • 生え際からハゲそうで不安
  • おでこがどんどん広くなっている
  • でも、ハゲたくない

と悩んでいるのであれば、ハゲを進行させないためにも早々に薄毛対策に動きだしていきましょう。

まずは薄毛専門のクリニックの医師に、自分の生え際の状態を相談することから始めていきましょう。

\生え際からすでにハゲかけている人へ/

※AGAが原因ならばセルフケアでは改善はできません

 

禿げる人のおでこになっているのなら放置はだめ

禿げない人の生え際の特徴としては、おでこの広さが7センチ以内・生え際の髪が太くコシがあるなどがあります。

ただし、おでこの状態には個人差がありますので、あくまでも目安として考えて下さい。

あなたの生え際の髪が、以前よりも細くなった・おでこが広くなったと感じているのなら、すでにAGAを発症している可能性もあります。

生え際にハゲの症状がでやすい特徴がAGAにはあるためです。ですので、生え際からハゲの傾向を感じているのなら、早期のうちに自分がAGAを発症しているかどうかを判断していきましょう。

AGA発症には明確な基準はないため、最終的には薄毛専門のクリニックから判断してもらってください。

AGAでなければ育毛剤などのセルフケアで対策を行い、AGAであれば治療を開始していきましょう。

放置して生え際がどんどん後退していかないように、今から薄毛対策に動き出してください。

タイトルとURLをコピーしました