PR

チャップアップの育毛剤とプロペシアの併用は問題ないと確認済み

本記事では、チャップアップとプロペシアの併用が問題ない理由と、どのような使い方が有効かについて説明しています。

チャップアップとプロペシアの併用は問題ない

プロペシアと育毛剤を併用することは問題ありません。

併用が問題ないことは、チャップアップの会社にも問い合わせ済みです。

プロペシアには併用禁止薬はありませんし、チャップアップは薬ではなく、頭皮に塗布する育毛剤です。

注意が必要なのは、チャップアップとの併用ではなく他の内服薬との併用です。

併用禁止薬がないとはいえ、事前に医師に相談することをおすすめします。

併用することでの効果

チャップアップとプロペシアを併用することで相乗効果が期待できます。

チャップアップは頭皮環境を改善して、抜け毛の予防や、髪を生えやすい土台作りをしてくれます。

プロペシアはAGAの治療薬として使われます。

髪が育つ環境(頭皮)が改善されている方がプロペシアの効果も発揮されやすいと考えられます。

チャップアップと併用NGなこと

チャップアップとプロペシアの併用は問題ありませんが、チャップアップと他の育毛剤との併用には注意が必要です。

各育毛剤の構成成分や効果などが重複するためです。

チャップアップと違うメーカーの育毛剤であっても、育毛剤には同じ成分が含まれている場合が多く、成分を過剰摂取することで副作用の増加や効果の低下などが生じる可能性があります。

ですので、チャップアップと他の育毛剤を併用はしないでおきましょう。

併用が心配な人の対策

チャップアップとプロペシアの併用は問題ありませんが、他の内服薬を飲んでいる場合やアレルギー等の問題がある人は、必ず医師に相談してから併用してください。

また、チャップアップの使用上の注意を良く読んで適切な用法・用量を守ることも忘れずにいましょう。

使用上の注意点を守らないと、併用以外での悪影響がでることも考えられます。

どっちを使う?チャップアップとプロペシアの違い

プロペシアを使うべき人

AGAをすでに発症している人はプロペシアを使用して薄毛の進行を抑えていきましょう。

プロペシアは、5αリダクターゼという酵素を阻害し、AGAの原因となるDHTの生成を抑える働きがあります。

AGAを発症していると、チャップアップのような育毛剤では、AGAの症状そのものを改善することはできません。

ですので、AGAをすでに発症している人は医師の指示の下、プロペシアで治療を開始しましょう。

まだAGAを発症しているのか不明な人は、薄毛専門のクリニックでAGA発症の判断をしてもらってください。

チャップアップを使うべき人

チャップアップのみを使うべき人は、まだAGAを発症しておらず、薄毛の初期状態で悩んでいる人と言えます。

育毛剤であるチャップアップは、頭皮の状態を改善することに重点を置いています。

頭皮の状態を改善することで、抜け毛を予防・毛が育ちやすい土台ができ、薄毛や抜け毛の原因に対処できます。

将来禿げることを予防するために、チャップアップで健康的な頭皮を維持したい人は、チャップアップを使って薄毛対策を行っていきましょう。

併用すべき人

すでにクリニックなどでプロペシアを処方されている人は、チャップアップを併用してより薄毛対策を行うのもおすすめです。

チャップアップで頭皮環境が改善されることで、プロペシアの効果もより発揮されることが期待できるためです。

併用するときは、プロペシアを処方してもらっているクリニックで育毛剤を併用することを伝えておき、使い方のアドバイスなどをもらっておきましょう。

プロペシアとの併用のまとめ

育毛剤のチャップアップとプロペシアは併用することが可能です。

チャップアップは、頭皮環境を改善することで薄毛対策や予防になりますが、AGAの症状を改善することはできません。

プロペシアはAGAの症状を改善することができますが、内服薬となりますので使用には注意が必要です。

チャップアップとプロペシアを併用すると相乗効果により薄毛対策を行うことが期待できます。

併用することが心配な人は、プロペシアを処方してもらっている医師に相談すると安心です。

まだAGAを発症していない人は、チャップアップで育毛・抜け毛予防を行いましょう。

AGAを発症している場合は、プロペシアで治療を行いつつ、必要であればチャップアップと併用して薄毛対策を行っていきましょう。