着圧ソックスの寿命はどのくらい?買い替えのタイミングを知っておこう

メディキュットスリムウォークなどの着圧ソックスやレギンスにも寿命はあります。

永遠に着圧の効果が続くわけじゃないんです。ずっと履いていると、どうしても生地は伸びていきます。

いくら丁寧に洗濯をしていても、だんだんと生地は傷んでいきます。伸びたり傷んだ着圧ソックスを履き続けていると、買ったときよりも効果が悪くなります。

つまり着圧力がや弱くなっていくんです。買った当初よりも「むくみが取れにくくなった」「着圧が弱くなってきた」と感じているのなら、着圧ソックスの買い替えのサインかもしれません。

本記事では、着圧ソックスの寿命や替え時の目安などを紹介していきます。

メディキュットなどの着圧ソックスの寿命の目安

メディキュットなどの着圧ソックスの寿命は「3ヶ月」が目安です。

もちろん、どんな風に着圧ソックスを履いていたか、どのくらいの頻度で履いていたのか、メーカーはどこのものかなどで寿命も変わってきます。

多くの人が愛用しているメディキュットの場合でも、毎日履いていたとして寿命の目安は3ヶ月と考えましょう。

毎日着圧ソックスを履いていると気づきにくいものですが、やはり生地も伸びています。新しい着圧ソックスを履くと「こんなに加圧されていたっけ?」と驚くと思いますよ。

気が付かないうちに少しずつ生地は伸びているのに、毎日履いているので自分では気が付かないんです。

さらには、洗濯をすることでも生地は傷み伸びています。気をつかって洗濯しても、やはりダメージは蓄積されています。

生地が傷むと加圧力にも影響しますから、やはり3ヶ月が買え時の目安となります。

また、生地が破れてしまうこともありますよね。破れた場合も加圧力が弱まってしまいます「少しだから」と履き続けずに、新しいものを購入して履くようにしましょう。

効果を実感しづらくなったら替え時のサイン

着圧ソックスを買った当初よりも「効果がでない」と感じてきたら、替え時のサインです。

生地が伸びると加圧力も弱まっています。着圧ソックスを履いていても「足のむくみが取れにくくなった」と感じたら買い替えのサインかもしれません。

大体の目安として使用してから3ヶ月経ったら、着圧ソックスの買い替えを検討しましょう。

新しい着圧ソックスを購入して履いてみると、今まで履いていた着圧ソックスの加圧力がかなり落ちていたことに気が付きます。

寿命を伸ばす方法は2つ!複数枚と洗濯方法がポイント

着圧ソックスには寿命がありますが、伸ばす方法もあります。できるだけ寿命を長くして履き続けたいですよね。

  • 複数枚を用意しておく
  • 正しい洗濯方法で洗う

着圧ソックスは、1枚を使い回すよりも複数枚をローテーションで履くほうが寿命は伸びます。

同じ着圧ソックスのみを履いていると、生地が伸びるスピードも早くなりますよね。また、洗濯でのダメージも負いやすいです。

洗い替え用として数枚を用意してローテーションで履くことで、1枚当たりの寿命を伸ばせます。

最低でも3枚は同時に購入するのがおすすめです。

また、着圧ソックスを正しい洗濯方法で洗うと寿命の長くなります。同じ回数を洗濯しても、丁寧に洗うのと雑に洗うのとでは傷み具合も変わってくるんですよ。

なお洗濯の仕方については【着圧ソックスの洗濯方法。頻度や洗い方で長持ち具合が変わる!】の記事を読んでくださいね。

寿命が長い着圧ソックスが欲しいなら繊維に注目

比較的長持ちする着圧ソックスは、だいたいが「ポリウレタン」という繊維を使用して作られています。

ポリウレタンは聞いたことがあるのではないでしょうか?お肌には「綿やシルクが良い」と思われがちですが、傷みに強いのはポリウレタンです。

少しでも寿命が長い着圧ソックスを選びたいのなら、購入前に商品の繊維が何が使われているのかを確認しましょう。

ちなみに、着圧ソックスの加圧力の元になっている繊維は「ポリウレタン」です。ポリウレタンの使用率で、加圧力も変わってくるんですよ。

着圧ソックスは、正しい方法で洗濯をするだけでも長持ちします。また、複数枚購入してローテーションで履くことでも、1枚あたりの寿命を長くなります。

できるだけ長持ちさせる使い方をしながらも、加圧力が弱くなってきたら着圧ソックスを買い替えていきましょう。

タイトルとURLをコピーしました