PR

はげたくないビジネスマンの対策。薄毛が仕事に影響する前に髪型を変えよう

はげたくないビジネスマンの対策をまとめて解説しています。

はげたくないビジネスマンが対策すべき理由

ハゲであることがビジネスマンにとってマイナスになるのかは、本人の仕事での実績や実力、性格などで変わりますので、必ずしもマイナスになるわけではありません。

しかし、第一印象では、マイナスのイメージを持たれやすいです。

特に営業職や接客業に従事しているビジネスマンほど、身だしなみが気になるはずです。

営業職や接客業は、スーツや制服である場合が多いため、髪型に印象が残りやすいです。

薄毛であれば、「〇〇さんはハゲている」「あの会社の営業の人はハゲ」という印象を持たれてしまいます。

悲しいことですが、薄毛はマイナスイメージからの出発になることが多いのも事実です。

見た目を変更する対策

  • ヘアスタイルで薄毛をカバー
  • 増毛パウダーで一時的に隠す

ヘアスタイルで薄毛をカバー

薄毛への根本的な解決にはなりませんが、髪型で薄くなった前髪をカバーする方法があります。

前髪が薄くなっている人は、前髪を下ろすヘアスタイルすると逆に頭皮が透けて目立ってしまうこともあります。

かき上げショートやブラックショートなど髪に流れを作って、薄い前髪をカバーするヘアスタイルがおすすめです。

どんな髪型をしたら前髪のスカスカが目立たなくなるかは、自分の薄毛具合や髪質によりますので、美容師さんに相談するのが良いでしょう。

髪のプロですから、あなたに薄毛にあった髪型を提案してくれます。

美容院から選ぶときは、若者の利用が多い美容院よりもメンズヘアサロンの方が薄毛の人には慣れている美容師さんが多いです。

増毛パウダーで一時的に隠す

薄毛が進行して髪がスカスカになってきている人、ヘアスタイルで誤魔化しきれない人は、増毛パウダーで薄毛部分を隠していきましょう。

最近の増毛パウダーは髪色を選べるものや、より自然な仕上がりに見えるタイプが多く、使用していてもパッと見はバレる可能性も低いです。

使用しているときのみの効果となりますが「今この瞬間に隠したい」という人にはピッタリの方法です。

根本的に薄毛を改善する対策

  • 食生活を見直す
  • 睡眠をしっかり取る
  • ストレスを発散する
  • シャンプーの変更する
  • 頭皮マッサージで血行促進
  • 育毛剤で毛を育てる
  • AGAならば治療の一択

食生活を見直す

揚げ物やファーストフード、ジャンクフードなどの脂質の多い食事が多いと皮脂の分泌が増加し、頭皮の毛穴詰まりや汚れの原因となります。

頭皮が皮脂で詰まると、髪に栄養をうまく運べず髪が栄養不足となり細くなり長く成長できなくなります。

脂質の多い食事を控え、亜鉛やミネラル、ビタミンを多く含んだ食事を心がけていきましょう。

睡眠をしっかり取る

髪の成長ホルモンは就寝中に分泌されますので、睡眠不足が続くと成長ホルモンの分泌が減少し髪が育ちにくくなります。

成長ホルモンは就寝後、約6時間は分泌され続けますので、最低でも6時間は睡眠時間を取るようにしましょう。

ストレスを発散する

ストレスを感じると自律神経が乱れがちとなり頭皮の血行が悪くなることで、髪の成長にも悪影響を及ぼします。

また、ストレスから不眠に陥ったり、精神的な病気にもなると新たな薄毛の原因を作り出すことになります。

全てのストレスをなくすのは難しいですが、気分がリフレッシュできることを見つけてストレス発散につなげていきましょう。

シャンプーの変更する

使っているシャンプーをアミノ酸系や育毛系のシャンプーに変更し、髪を育てる土台作りをしていきましょう。

洗浄力の高すぎるシャンプーだと頭皮は乾燥し、洗浄力が弱いと汚れを落としきれず、どちらの場合も薄毛の原因に繋がります。

頭皮を乾燥から守りつつも、しっかりと汚れを落とせるシャンプーに変更し頭皮環境が整えていきましょう。

アミノ酸系の育毛シャンプーであれば、皮脂や汚れをしっかりと除去しつつ、育毛に最適な頭皮環境に導いてくれます。

シャンプーの変更で頭皮の環境を改善し、髪が育つ土台作りをすることで他の薄毛対策の効果も高まっていきます。

頭皮マッサージで血行促進

頭皮マッサージをするとことで、頭皮の血流が良くなり薄毛予防になります。

頭皮から髪に栄養が運ばれるため、血行をよくすると髪に栄養が行き渡りやすくなります。

ただし、ゴシゴシと強くマッサージする・爪を立ててマッサージをすると、逆に頭皮を傷めてしまうので、マッサージをするときは優しく指の腹で行うようにしてください。

頭皮マッサージをしたからといって、すぐに薄毛に効果があるのではないので、継続的に頭皮マッサージを行っていきましょう。

育毛剤で毛を育てる

育毛剤には、髪を育てることで抜け毛の予防・発毛促進、さらには血行促進の効果がありますので、薄毛対策としては最適なアイテムとなります。

薄毛対策として使うのであれば、育毛や発毛促進に特化した育毛剤を選んでください。

AGAならば治療の一択

AGAは進行性の脱毛症ですので、治療を開始しないと薄毛の症状は進行していきます。セルフケアなど対策では症状を抑えることはできても改善はできません。

AGAの治療には個人の症状に合わせた薬を用いますので、薄毛対策としての効果も高いです。

まずはAGAの発症を判断する

AGAの治療を開始する前に、自分がAGAを発症しているのかを判断していきましょう。

ただし、AGAの発症には明確な基準がないため自己判断は難しいのが現状です。正確に判断するには、薄毛専門の医師から診断を受けることが最も確実であり正確です。

AGAでなければセルフケアで薄毛対策を行い、AGAであれば治療を開始していきましょう。

今ではオンラインからでもAGAの相談ができるクリニックもありますので、まずは気楽に医師に自分の髪の状態を相談してみてください。

\仕事での薄毛の影響が気になる人へ/

※まずは自分がAGAであるかを知るのが大事です

 

はげたくないビジネスマンの対策のまとめ

人は見た目の印象からスタートしますので、ハゲであることが仕事に影響することもあります。

ビジネスマンとしてハゲたくないのであれば、できる薄毛対策から行っていきましょう。