契約書の数え方は「部」「枚」「通」を使い分けるべし!

契約書の数え方

「部」の他に契約書の数え方でよく使われる単位としては「枚」「通」があります。

「部」と「枚」「通」の違い

一般的には契約書には「部」が使われますが「枚」を使うときもあります。「部」と「枚」の違いは、契約書の枚数にあります。

契約書が複数ページにわたっている場合は「部」を使用します。契約書が1枚のみであれば「枚」を使っても間違いではありません。

しかし、契約書は複数枚で構成される場合がほとんどですから「部」を使うのが一般的です。

さらに「通」は、手紙や届書などの単位です。「契約書が一通届きました」のように使います。

「部」と「枚」さらに「通」を正しく使い分けていきましょう。

電子契約書の数え方

電子契約書の数え方も「部」で変わりありません。

ただの「契約」の場合の数え方

契約書ではなく、「契約」のみを数えるときは、「件」「口」と数えます。

タイトルとURLをコピーしました