着圧ソックスを履くと「かゆい!」原因は1つだけじゃないんです

着圧ソックスを履いたら「足がかゆい!」なんて経験ありませんか?

着圧ソックスを履くことで、かゆみが出ることがあります。でも、原因は一つだけではありません。

かゆくなる原因を知って、しっかりと対処していきましょう。

着圧ソックスで「かゆみ」が出る原因と対処方法

  • 着圧ソックスの素材
  • 不潔な着圧ソックス
  • 締め付けによる血行不良
  • 血行が良くなることでのかゆみ
  • 室温が高い

着圧ソックスによるかゆみの原因は、1つだけではありません。

着圧ソックスの素材

着圧ソックスには、ナイロンやポリウレタンなどの繊維が使用されているものが多いです。

ナイロンやポリウレタンなどの素材は、お肌の水分を奪いやすいです。水分が失われると肌が乾燥します。

肌が乾燥すると「かゆみ」が生じます。つまり、着圧ソックスの繊維が原因で「肌」が乾燥してかゆみが出るということです。

多くの着圧ソックスでは、伸縮性のために化学素材が使用されています。化学素材の割合が高いと、肌の潤いを奪われやすくなります。

また、繊維が肌にあたって「チクチクとかゆい」と感じる人もいます。

繊維が原因で「かゆみ」が出る人は、天然素材の繊維の配合が多い着圧ソックスを物を選ぶようにしましょう。

保湿ケアでかゆみを予防

着圧ソックスの素材上、肌が乾燥しやすくなります。乾燥が原因でかゆみが出ないように、普段から保湿をしっかり行っていきましょう。

特に秋冬は、乾燥しやすい時期でもありますので、肌の潤いが失われがちです。クリームなどで保湿を保湿ケアを行うとかゆみ防止にもなります。

特に入浴後は、肌が急激に乾燥しやすいです。入浴後に、すばやくサッとと保湿ケアを行なうようにしましょう。

不潔な着圧ソックス

清潔な着圧ソックスを使っていないとかゆみが出る場合があります。着圧ソックスを履くと、血行が促進されるため、足に汗をかきやすくなります。

汗をかいたままの着圧ソックスを履き続けることで、肌にかぶれがおき「かゆみ」になります。着圧ソックスは、こまめに履き替えたり、洗濯するようにしましょう。

締め付けによる血行不良

血行不良の場合でも、かゆみを発症します。着圧ソックスは、足に加圧をかけて血行を促進させます。

ですが、足にかかる加圧が強すぎると、逆に血行不良になります。「着圧が強い方が効果がある」と思い、加圧の強い着圧ソックスを選びがちです。

しかし、強すぎる加圧は足に負担もかかります。着圧ソックスを買うときは、必ずサイズ表を確認し自分にあったサイズを選びましょう。

小さいサイズを履くと、血行不良を起こし「かゆみ」がでる可能性もあります。着圧ソックスを履いて、かゆみが出た場合はサイズを見直し、着圧を調整してみましょう。

着圧の調整して、かゆみが引いた場合は加圧が原因だったということになります。

また、着圧ソックスを脱いだ後にかゆみが出る場合も、着圧力が強すぎるためです。血行不良になっていた足が、着圧を脱いだことで開放され、急に血流が良くなるからです。

いつも脱いだ後にかゆみが出る人は、サイズを見直してみましょう。

血行が良くなることでのかゆみ

着圧ソックスを履くと、足がポカポカしてきませんか?着圧ソックスの引き締め効果により、血行が良くなったためです。

いつもよりも血流が良くなり、周りにあるかゆみを感じる神経を刺激することで「かゆみ」としてあらわれています。

特に普段冷え性の人ほど、かゆみを感じやすいです。冷え性が改善されてくると、かゆみも感じにくくなります。

室温が高い

室内で着圧ソックスを履いていて、かゆみが出る場合は室温が高すぎるケースがあります。

高すぎる室温は、新陳代謝を活発にさせます。新陳代謝が活発になることで、かゆみを誘発します。

また、室温が高すぎると、着圧ソックスの中が蒸れてかぶれてしまいます。

部屋の温度を調整するなどの対処方法をとりましょう。

かゆみの出ない着圧ソックスの選び方

かゆみの出にくい着圧ソックスの選び方のポイントは「着圧」と「素材」です。

着圧力を間違えない

足のむくみが酷かったり、足の疲れがなかなか取れない人は、着圧の強いストッキングを選びがちです。

確かに、着圧により足のポンプ機能を補助してくれます。むくみの解消や、疲れ解消に強い効果が期待できます。

ただ、着圧が強すぎると、逆に血行が悪くなってしまいます。

どうしても着圧の強いソックスを履きたい場合は「医療用着圧ソックス」があります。医師の指示を仰ぎ、医療用着圧ソックスを履きましょう。

市販品で選ぶ場合は、サイズ表を確認し自分にあったサイズを選びましょう。履いていて「キツイ」「痛い」と感じるものは選んではいけません。

使用されている素材に注意

使用されている素材を確認して、着圧ソックスを選んでいきましょう。

ただ、着圧ソックスの素材選びは、少し難しいかもしれません。というのも着圧ソックスの性質上、化学繊維を使っている製品がほとんどです。

着圧ソックスの着圧は、化学繊維を使っているからこそ得られるものです。

着圧ソックスに化学繊維と天然繊維の割合を確認してください。天然素材の使用率が高い着圧ソックスを選ぶようにしましょう。

特に、お肌が弱い人はシルク素材の着圧ソックスがおすすめです。シルク素材であれば、化学繊維と混紡されていても高い保湿力が期待できます。

また、コットン素材もお肌に優しい素材です。

着圧ソックスで、かゆみが出た場合は、素材と着圧に注目してみてください。そして、足を保湿してかゆみを防止します。

ガマンできないほどのかゆみが出たのなら、無理して履くのはやめましょう。

タイトルとURLをコピーしました